ピクシブ百科事典

始まりはクモ

はじまりはくも

特撮テレビ番組「仮面ライダー」シリーズにおいて、敵のモチーフとなる動植物のチョイスにあたり、高い頻度でみられるパターン。
目次[非表示]

概要

仮面ライダー第1作の第1話に登場したショッカー怪人蜘蛛男は、今日まで続く仮面ライダーシリーズの記念すべき敵キャラ第1号であった。ただ第1作にはクモをモチーフにした怪人が他に2体登場、続く「仮面ライダーV3」「仮面ライダーX」でも、第1話の敵キャラはクモをモチーフとしたものではない(V3ではハサミジャガーカメバズーカ、Xでは神話怪人ネプチューン)。シリーズ開始後しばらくは、「クモ」というモチーフに特別の意味付けはなかったことがうかがえる。
だが原点回帰をはかった「仮面ライダーアマゾン」で、再びクモモチーフの敵が第1話に登場。以後、仮面ライダーシリーズでは、クモモチーフの敵キャラがシリーズ第1話(単発作品中の登場キャラ)を占める例が多く作られ、この傾向は平成ライダーシリーズにも引き継がれ、現在に至っている。
また第1作では蜘蛛男に続いて蝙蝠男さそり男が登場したため、以後のシリーズでも、クモに加えコウモリサソリの3種をモチーフにした敵キャラ(3種全てか、一部・いずれか)が序盤数話に登場する場合が多い。詳細は「クモ、コウモリ、サソリ」の記事を参照。

この法則に当てはまるクモ型怪人


この法則に当てはまらないクモ型怪人

派生

クモをモチーフとした平成ライダー

ついにラスボスも?!

超スーパーヒーロー大戦』ではラスボスであるショッカー首領三世(2世は誰だよ)がショッカー、ヘンシーン!!!」と叫んで大蜘蛛大首領に変身し大暴れしている。

関連イラスト

新番組「仮面ライダー」


怪奇!蜘蛛男!!



関連タグ

仮面ライダーシリーズ 
ライダー怪人
蜘蛛男 原点のショッカー怪人。
クモ、コウモリ、サソリ 同じくライダーシリーズ序盤の定番。
再生怪人 怪人軍団 ライダーシリーズ作品終盤、および節目の回の定番企画。

CYBERブルー この法則を守っている漫画

関連記事

親記事

ライダー怪人 らいだーかいじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「始まりはクモ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 353

コメント