ピクシブ百科事典

ぼくらの

ぼくらの

『ぼくらの』とは、鬼頭莫宏によるSF漫画作品。及びそれを原作とした小説、テレビアニメ作品。
目次[非表示]

概要

漫画は全11巻、TVアニメは全24話、ライトノベルは全5巻。

11巻初回限定版には特別ヘン(公式同人誌みたいなもの)が、「鬼頭莫宏 イラスト&バックヤード集『ぼくらの』」には最終話から1年後の後日談が収録されている。

2011年2月1日、第14回文化庁メディア芸術祭で漫画部門優秀賞を受賞。(記事

あらすじ

15人の少年少女達が、一回戦闘をする度にパイロットの命を奪う巨大ロボットジアース」に乗って、地球を守る為に戦って死んでいくハートフルボッコストーリー。ちなみに負けると地球滅亡、戦線放棄する為には死ななければならない。つまり、一度契約すればどう転んでも死ぬ。

企画段階では魔法少女モノ(魔法を使うと死ぬ)だったらしい。
・・・前作を知っている人は「やはり」と思ったかもしれない。

メディアミックス

アニメ化とラノベ化(「ぼくらの~alternative~」全5巻)もされた。
アニメ製作会社はGONZO。しかし当時は原作が未完結であり、監督が「強制的に死なすなんて残酷すぎる」と語ったとおり、内容に関しては途中からかなり異なっている。
アニメ版のop主題歌「アンインストール」はニコニコ動画では有名。また、前期EDテーマの「Little Bird」は原作漫画に、後期テーマの「Vermillion」はラノベ版にそれぞれ引用された。

アニメ版とラノベ版は原作とは異なる平行世界の設定。ラノベ版は原作漫画が下敷きにされており、原作を読んでから読むと一層面白い。

本作の基本設定(ネタバレ有り)

  • 本作での戦闘相手の「敵」は平行世界の地球人達である。本作では多くの分岐した平行世界があり、その「可能性が近い世界同士」が何者かの手によって巨大ロボットを用いて戦わされている。ロボットの形状はそれぞれ異なる。
  • 原作、小説版ではロボットを造りこの戦いをさせている真の黒幕の存在は明かされておらず、コエムシらもそれぞれの推測は語っているものの具体的な情報は把握していない。アニメ版では黒幕らしき集団の存在とその目的は明らかにされるものの、主人公達と黒幕が対面する事はなく、詳しい事は謎のままである。
  • 上記の理由により、ロボットの素材やそれを製造しているテクノロジーも不明であるが、一度の戦闘で破損しても次までには自動修復されている。またロボット同士の戦いでしかダメージを与えられず、地球上のいかなる兵器もロボットには通用しない。
  • ロボットの正式名称は不明で、漫画版及びラノベ版に出ている敵側の機体の名称は便宜上登場人物側の世界によって名付けられたものである。ジアースの名も本作のパイロットが勝手に名付けている。
  • ロボットの内部には球状のコックピットがあり、その戦闘回のパイロットを殺害すれば勝利となる(厳密に言えば「そのパイロットとは異なる地球に属する存在によって殺害する」事。条件さえ満たせば実際に殺害するのはその戦闘回のパイロットやその地球に属する存在である必要はなく、自害や同じ地球に属する存在による殺害では即座に勝利条件を満たす事はできない。後者の場合は一定時間以内に代替パイロットを用意できなかった場合に敗北と判定される)。ただしジアースの動力はパイロットの生命力であるため、勝利したチームの担当パイロットも死亡する。なお、アニメ版では相手が自害するなどして操縦せずに勝利した場合、契約からは外されずそのまま次の戦闘に持ち越される。漫画版ではこれは完全に否定されており、操縦しようがしまいが、勝利した時点で死亡すると明言されている。これはアニメ版では操縦して初めてエネルギーが消費されるという解釈に対して、漫画版では操縦しなくても、戦闘が始まった時点でエンジンがかかってエネルギーは消費されているという解釈になっているものと考えられる。なお、ラノベ版での解釈は不明。
  • 主人公達の地球が生き残る為に必要な戦闘は全15回。回数は地球ごとにまちまちで、運が良ければ少ない戦闘回数で生き残る事ができる地球もある。戦闘終了後、次に操縦する担当パイロットとなる子供は啓示のような形で名を呼ばれる。
  • ロボットのスペックは操縦者の能力や魂の若さに依るため、パイロットは年端のいかない子供が選ばれる場合が多い。ただし、年をとっていても作戦次第では有利に戦えるという例外もある。
  • 一度契約すると基本的に死を逃れる方法はない。ただし必要な戦闘回数分以上の契約者がいた場合に限り、最後までパイロットに選ばれなかった契約者は、全ての戦闘に勝利した後に解放される。逆に人数が不足している場合は、契約者が0人になる前に追加の契約者を用意しなければその世界は消滅する。なお、アニメ版では最後の引き継ぎ戦のパイロットに限り、死亡する事はないという独自の設定になっている。また、アニメ版では死亡したパイロットであっても、その魂をコエムシに移す事で(人ではなくなるとは言え)生き延びさせる事もできたり、ロボットそのものを解体する事でゲーム自体から降りる事ができるなど、他のメディアとは違い、様々な独自設定が存在する。
  • 戦闘の始まる日時は事前には明らかにされず、戦闘時には契約した全員が強制的にロボットのコックピットに転送される。ただし操縦者は一戦闘につき1人だけで、他のメンバーはそれを見守るか言葉で助言する事しか出来ず、通常の方法では交替もできない。
  • 戦闘場所は両チームどちらかの所属する地球(引き継ぎ戦の場合は引き継ぎ先の地球)で行われるが場所は自分で選べず、敗北したチームの所属する宇宙は消滅する。また一回の戦闘には48時間の制限時間があり、これを過ぎると両者の宇宙は共々消滅する。
  • これらのルールは基本的に歴代のコエムシ達が伝言ゲームのように伝えて来たモノなので、本当かどうかは判明していない。またこの為、コエムシごとに理解しているルールが微妙に異なり、コエムシの知らないルールも存在する。各メディアごとの微妙なルールや設定の違いや矛盾については、これによって強引に解釈できない事もない。
  • 原作では一度ゲームを勝ち抜いてそのパイロット達が属する地球が生き残ったとしても、彼らが守り抜いた地球が再度このゲームに強制参加させられる可能性が皆無ではない事がほのめかされている。


登場キャラクター

「ゲーム」の誘い手


15人の子供たち

国防軍

その他の人物

アニメ版にのみ登場する人物

小説版の登場人物

関連イラスト

15人の物語
ZEARTH



アニメ

2007年4月から9月まで全24話が放送された。
原作が連載中であったためアニメ版の後半はオリジナルストーリーとなり、オリジナルキャラクターを含む大人たちの行動が多く描かれ、独自の作品解釈による結末(原作とは平行世界の設定)が付けられた。ゲームのルールやキャラクターの性格などの設定にも大きく変更された所がある。また、性的な描写や残酷なエピソードが割愛されたり和らげられた箇所も多い。各話の順番も一部変更された。

主題歌

オープニングテーマ
アンインストール
作詞・作曲・歌 - 石川智晶 / 編曲 - 西田マサラ

エンディングテーマ
LittleBird」(第1話 - 12話)
作詞・作曲・歌 - 石川智晶 / 編曲 - 西田マサラ
Vermillion」(第13話 - 24話)
作詞・作曲・歌 - 石川智晶 / 編曲 - 西田マサラ

挿入歌
「ロストイノセント」(総集編)
作詞・作曲・歌 - 石川智晶 / 編曲 - 西田マサラ

各話リスト

話数サブタイトル
第1話ゲーム
第2話ジアース
第3話秘密
第4話強さ
第5話弱さ
第6話情欲
第7話
第8話復讐
第9話家族
第10話仲間
第11話
第12話血のつながり
第13話地球
第14話迷い
第15話自滅
第15.5話追想
第16話正体
第17話情愛
第18話現実
第19話
第20話宿命
第21話真相
第22話道程
第23話雪景色
第24話物語


外部リンク

アニメ公式サイト

関連タグ

漫画 鬼頭莫宏 パラレルワールド 平行世界

pixivに投稿された作品 pixivで「ぼくらの」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1393009

コメント