ピクシブ百科事典

スコルピオワーム

すこるぴおわーむ

特撮番組「仮面ライダーカブト」に登場する怪人。
目次[非表示]

概要

サソリのワームで、本編開始の1年前に神代剣の姉・美香を殺した。それ以来剣はスコルピオワームを仇として狙っており、ワームと戦っていた。

武器は両腕のクローと伸縮自在の辮髪。肉弾戦ではカブトと互角以上に戦う。
辮髪の猛毒には洗脳能力があり、カッシスワームを洗脳させ、屈服させている。

カブトに執着を抱いており、最終決戦では1対1のタイマン勝負を挑んだ。
最期はハイパーカブトのマキシマムハイパータイフーンを受けて敗れる。

ゲームにおいて

放送当時発売されたプレイステーション2用格闘ゲームでは、使用可能キャラの1体として登場している。
本編で死亡する前に開発されたソフトである為、ストーリーモードでは原作と異なる形でカブトに倒されている。

関連タグ

仮面ライダーカブト

神代剣 仮面ライダーサソード






















































以下は、物語のネタバレを含みます。





仮面ライダーサソードこと「本編の神代剣」の正体で、本物の剣は姉と共に殺されている。(スコルピオワームとしての姿は仮面ライダーサソードの実質的な最強フォームでもある)
しかし、殺される寸前に剣がワームに対する激しい憎悪を抱いた為、剣に擬態した際にワームとしての自覚が失われ、自身が剣だと思い込んでしまっていた。

闘争本能が昂ぶったり、サソードのライダースラッシュを発動することで、スコルピオワームに戻るようになったが、剣に戻った時はスコルピオワームとしての記憶は残っていない。
実は初登場回の次回でワーム態に変貌している。
第29話で加賀美新は剣の変貌を目撃し、第31話ではじいやも現在の剣=ワームと知った上で本人に仕えていることが明らかになった。

暫くは変貌しない状態が続いていたが、第46話にて、カッシスワームとの戦い後に闘争本能が高まり変貌。続く第47話で、剣を追って現れた彼の能力で強制的にスコルピオワームに変貌させられ、自分が姉を殺したスコルピオワームである事を知ることになる。
剣は絶望の末、軍門に下るよう誘うカッシスワームに『全てのワームの頂点に立つ男』と称し、ワームとしての能力で配下につける。そして散り散りになっていたワームを一箇所に集め、ライダーとの最終決戦を宣言した。
そして天道と交わしていた「約束」通り、ハイパーカブトのマキシマムハイパータイフーンを受け、ワーム諸共倒される。

どうした天道 思い出せ! オレとの約束を...



剣は、全てのワームを自分が倒す願いを叶えるべく、自分自身も倒される道を選んでいた。
人間の心を捨てたように振る舞っていたのも、自分でワームを率いて最終的に根絶させるためであった。

最期は剣の姿に戻り、神代家にてじいやに看取られながら永遠の眠りにつく。
亡くなった日の彼は、かねてからアタックしていた岬祐月との初デートを控えていた。岬との恋は悲恋に終わってしまった。


「ねえ、じいや…」

「なんで、ございましょう?」

「眠ってもいいかな…?」

「ええ、ええ。何も心配することはございません。じいがずうっと、傍にいますから」

「ありがとう、じいや…」


序盤から中盤にかけて、コミカルなキャラ付がされ、どこか憎めないキャラだった剣の(本人がワームという事で、ある程度予想できた事とは言え)終盤における畳み掛けるかのような悲劇性は、当時の多くの視聴者の涙を誘った


関連項目(ネタバレ)
ソラ(ファントム)…同じく、人間としての人格が怪人側の人格を上回った者繋がり。ただしこちらは、最初から怪人であることを自覚していた。

乾巧…怪人である事を隠して戦っていた仮面ライダー繋がり。こちらも、自分と同じ怪人を人間として余生を生きる事を誓った者を除いて(ただ一人を除き)滅ぼすことを成し遂げている。因みに、555の脚本家は剣の最後を書いたのと同じ井上敏樹である。

関連記事

親記事

神代剣 かみしろつるぎ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スコルピオワーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8818

コメント