ピクシブ百科事典

加賀美新

かがみあらた

加賀美新とは、『仮面ライダーカブト』の主要人物の一人。
目次[非表示]

「俺は俺にしかなれない、でもこれが俺なんだ。」

演:佐藤祐基

概要

ZECT・田所チームの見習い隊員の青年。年齢21歳、血液型はA型。
ZECTの隊員として働く一方、表向きの姿として洋食店“Bistro la Salle”のアルバイト店員も務めている。

性格は一本気かつ心優しい熱血漢で、目的のためならばZECTの意に反する行動にも出る強い信念を持つ。
彼の意外なまでの精神的な強さは天道に影響を与えることもある。警視総監でもある父・とは確執があり、彼自身は“父の七光り”を嫌っている。
弟・亮がワームに襲われ行方不明になったことを契機にワームを憎み、全てのワームを倒すことを誓いZECTに入隊する。
当初はカブトゼクターカブトの変身資格を認められなかったが、共に戦う仲間を命を賭けて守ろうとした行為からザビーゼクターに認められ、ザビーの資格者兼シャドウリーダーとなる。
しかし、ワームと戦い自分達に敵意を持っている訳ではない天道(カブト)を倒す事にはどうしても納得がいかず、紆余曲折を経てザビーとシャドウリーダーの資格を自ら返上する。

後に1度ワームの攻撃を受け絶命するが、陸の命令を受けた三島が与えたライダーベルトの力により蘇生し、ガタックの資格者となる。
その後はガタックとして戦う一方、ZECTと“マスクドライダーシステム”の真実を探っており、エリアXの旧ZECT基地に潜入した際には、自身が生まれる以前よりガタックの資格者に選ばれていた事が明らかになる。その後、ザビーの資格者が不在になった際、シャドウはガタックの資格者である新の指揮下に入り、本意ではなかったもののシャドウリーダーに返り咲く。それからはワーム全滅まで、ZECTの戦闘要員全体の行動頭として戦う事になった。

終盤では根岸の甘言を信じて彼と共闘することを誓う。ZECTに反旗を翻すカブト=天道を1度は倒すが、トップの座を奪われた陸を救った際にネイティブ側の目論見と、自身にそれを阻止する使命を与えられていた真実を知る事になった。
最終話には天道と共に三島を倒し、ネイティブの計画を阻むことに成功した。1年後には父親と同じく警察へと入り、警官として生活を送っていた。

仮面ライダージオウ

ありがとう、ジオウ。(TT


EP37~38にゲスト出演。
演者の佐藤氏が同役で出演するのは本編放映後初かつ13年ぶりである(というより、カブトのキャラクターの顔出し客演自体今回が初)。

上記の通り、最終回後は警察官になっていたが、(ある事件をきっかけに)地球に再び多数の隕石が飛来し、それに乗じて新たなワームが出現したことで再びガタックの資格者として活動していた。
なお、『カブト』当時は矢車想影山瞬を「さん」付けと敬語で呼んでいたのだが、地獄へ堕ちた二人に愛想を尽かしたのか『ジオウ』では名字を呼び捨てにしている。

活躍

  • EP37『2006:ネクスト・レベル・カブト』

ワームに襲われていた常磐ソウゴ達と共闘し、彼らにアナザーカブトパンチホッパー変身者について教える。
しかし、彼とソウゴ達の間では渋谷隕石に関しての認識の違いがあるようで…?

後に擬態影山の策に乗ったソウゴの後を付け、矢車が変身したアナザーカブトや擬態影山が変身したパンチホッパーとソウゴ達と共に奮戦するが、いつの間にか拉致されてしまう。

  • EP38『2019:カブトにえらばれしもの』
擬態影山に捕まるなど失敗もあったが、ジオウゲイツに救出される。
その後、ソウゴにかつて自分が一度も勝つことが出来なかった男について語り、今もなおその事が胸に引っ掛かっているからこそアナザーカブト(加賀美曰く、カブトもどき)に勝てないのだと弱音を吐いてしまうが、王になるというソウゴの夢を聞いて、「流石のアイツも王様になる」とは言わなかったと苦笑していた。しかし、その顔はどこか吹っ切れた様子であった。

そしてゲイツと共闘して地獄兄弟を相手に奮戦。
しかし、キックホッパーはともかくアナザーカブト相手では分が悪かったのか終始押され気味であり、総力戦でもキックホッパーには打ち勝ったもののアナザーカブトには一方的に押され、変身解除に追い込まれる。

しかし、

「カブトゼクター……! 俺を認めてくれるのか!?」

「カブトゼクター…!」


それでも諦めず立ち上がったその時、迫る隕石の影からカブトゼクターが飛来。
ガタックとして戦い続け、「俺は俺にしかなれない」と自らの道を歩み続け、そして窮地に於いても屈することのなかった男は、「カブトにえらばれしもの」として仮面ライダーカブトに変身
アナザーカブトを押し返し、最後は天道ばりのカウンターライダーキックで粉砕、決着をつけた。

戦闘後、カブトゼクターはその場でカブトライドウォッチに変化。
このことから、飛来したのは天道の所持するカブトゼクターではなく、カブトライドウォッチから具現化した「カブトの力」だったと考えられる。
そして、ソウゴにカブトライドウォッチを渡したのだった。

ジオウにおける余談

最終的に満を持してカブトに変身したことについては、「13年越しに実現したかつての夢」「加賀美はガタックで通してほしかった」などと賛否両論だが、ある意味それも「カブト」らしいと言えるかもしれない。
メタ的に言うと、あの場ではゲイツリバイブがパンチホッパーで手一杯だった都合上、カブトの存在なしではアナザーカブトを倒せなかったので必然の成り行きではある。

なお、彼の変身したカブトは天道のスタイリッシュなカウンタースタイルと、ガタックの荒っぽくも力強いスタイルを足して二で割ったようなパワータイプな戦闘スタイルを見せた(細かく見ると、本家は攻撃に対しては回避を中心にしていたのに対し、加賀美カブトは腕でのガードを多用している)ほか、クロックアップやライダーキックの時にガタック=加賀美が見せた首を動かす癖が見られ、単なるオリジナルの模倣ではなく、紛れもなく加賀美自身がカブトに変身した、ということを短い時間の中でしっかり描写する戦い方であった。

余談

実は彼はTV本編と劇場版GOD_SPEED_LOVE」で合わせて三回死んでいる。
それぞれの死因

  1.  タランテスワーム・パープラブラキペルマワーム・ビリディスによる攻撃で死亡
  2.  キャマラスワームの攻撃で爆死
  3.  劇場版にて仮面ライダーコーカサス(=黒崎一誠)に宇宙船(?)の窓ガラスを割られて死亡
TV放映版で二度目の死亡は爆死というものだったのだが、その際に加賀美役の佐藤祐基が歌う「LORD OF THE SPEED」が使用された。
その為、この歌はニコニコ動画にて歌いだしの歌詞からウンメイノー爆死用BGMと呼ばれている。

また、猪突猛進気味な性格のためバカと思われがちだが、ZECT解散後1年で警察官になる(=公務員試験に合格している)辺り、決して頭は悪くない(警視総監だが、父の意向だけで決められるわけではない上、本人もコネを嫌っている)。

またジオウでのカブトへの変身を含めると、彼は3つのライダー(ザビー、ガタック、カブト)に変身していることになる。
これは仮面ライダーシリーズ全体においても多い方で、微妙なラインの者(ディケイド強化ライダーライダーとアナザーライダーに変身する者など)を除けば、該当する者はとても少ない。
加賀美の他には城戸真司龍騎リュウガ(劇場版とRT龍騎)、ナイト(TVSP))、草加雅人カイザファイズデルタ)、木場勇治ファイズカイザオーガ(劇場版))ぐらいのものである。

関連タグ

仮面ライダーカブト 仮面ライダーガタック ZECT
天道総司 かがみん 警察官
カ・ガーミンを倒した猛者たち
タランテスワーム・パープラ キャマラスワーム 黒崎一誠
鏡飛彩…「かがみ」繋がり。性格こそ反対だが、青い2号ライダーというところも一致している。

イブキ(和泉伊織) ← 加賀美新 → 桜井侑斗

関連記事

親記事

ZECT ぜくと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「加賀美新」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 210897

コメント