ピクシブ百科事典

加賀美新

かがみあらた

加賀美新とは、『仮面ライダーカブト』の主要人物の一人。
目次[非表示]

「俺は俺にしかなれない、でもこれが俺なんだ。」

演・佐藤祐基

概要

ZECT・田所チームの見習い隊員の青年。年齢は21歳で血液型はA型。
ZECTの隊員として働く一方、普段は洋食店“Bistro la Salle”でアルバイト店員も務める。
性格は一本気かつ心優しい熱血漢で、目的のためならばZECTの意に反する行動にも出る強い信念を持つ。
彼の意外なまでの精神的な強さは天道に影響を与えることもある。警視総監でもある父・とは確執があり、彼自身は“父の七光り”を嫌っている。
弟・亮がワームに襲われ行方不明になったことを契機にワームを憎み、全てのワームを倒すことを誓いZECTに入隊する。
当初はカブトゼクターカブトの変身資格を認められなかったが、共に戦う仲間を命を賭けて守ろうとした行為からザビーゼクターに認められ、ザビーの資格者兼シャドウリーダーとなる。
しかし、ワームと戦い自分達に敵意を持っている訳ではない天道(カブト)を倒す事にはどうしても納得がいかず、紆余曲折を経てザビーとシャドウリーダーの資格を自ら返上する。

後に1度ワームの攻撃を受け絶命するが、陸の命令を受けた三島が与えたライダーベルトの力により蘇生し、ガタックの資格者となる。
その後はガタックとして戦う一方、ZECTと“マスクドライダーシステム”の真実を探っており、エリアXの旧ZECT基地に潜入した際には、自身が生まれる以前よりガタックの資格者に選ばれていた事が明らかになる。その後、ザビーの資格者が不在になった際、シャドウはガタックの資格者である新の指揮下に入り再びシャドウリーダーに返り咲くも、それからワーム全滅までZECTの戦闘要員全体の行動頭として戦う事になる。
終盤では根岸の甘言を信じて彼と共闘することを誓う。ZECTに反旗を翻すカブト=天道を1度は倒すが、トップの座を奪われた陸を救った際にネイティブ側の目論見と、自身にそれを阻止する使命を与えられていた真実を知る事になった。
最終話には天道と共に三島を倒し、ネイティブの計画を阻むことに成功した。1年後には警官として生活を送っていた。

余談

実は彼は仮面ライダーカブトのTV放映版と劇場版GOD_SPEED_LOVE」で合わせて三回死んでいる。
それぞれの死因

  1.  タランテスワーム・パープラブラキペルマワーム ビリディスによる攻撃で死亡
  2.  キャマラスワームの攻撃で爆死
  3.  劇場版にて仮面ライダーコーカサス(=黒崎一誠)に宇宙船(?)の窓ガラスを割られて死亡
TV放映版で二度目の死亡は爆死というものだったのだが、
その際に加賀美役の佐藤祐基が歌う「LORD OF THE SPEED」使用された。
その為、この歌はニコニコ動画にて歌いだしの歌詞からウンメイノー爆死用BGMと呼ばれている。

関連タグ

仮面ライダーカブト 仮面ライダーガタック ZECT
天道総司 かがみん
カ・ガーミンを倒した猛者たち
タランテスワーム・パープラ キャマラスワーム 黒崎一誠

pixivに投稿された作品 pixivで「加賀美新」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 96899

コメント