ピクシブ百科事典

ブラキペルマワーム

ぶらきぺるまわーむ

ブラキペルマワームとは、特撮作品、「仮面ライダーカブト」に登場する怪人の一種。 ここではビリディス、オーランタム、共に解説する。 (メイン画像はビリディス)
目次[非表示]

「誰かと思ったら…俺か。」(ビリディス)

概要

両者ともに第23話、第24話に登場。

アラクネアワームタランテスワーム同様、モチーフは蜘蛛である。
(ブラキペルマとはタランチュラの一種を表す属名)

オーランタム

ブラキペルマワーム オーランタム


体色は主に茶色。
ビリディスと共に廃工場に存在するワームを守る役目についていた。

ビリディス、その他大量のサナギ体ワームと共に工場に隠れているマコトという少年を追っており、一度はマコトと共に脱走しようとした加賀美を追い払う。

その後今度は天道が現れ、さらにはスコルピオワームまで現れるも最後にはカブトのライダーキックを受け爆散した。

ビリディス

ブラキペルマワーム ビリティス


体色は主に緑色と黒色。
糸を吐き、体からトゲ状の長い物質を出して獲物を仕留める。

当初は工場の作業員に擬態。(ビリディスがオリジナルの作業員を殺害する場面がマコトの記憶の回想にあったが本当の記憶かどうかは不明。)

その後作業員がワームであることに気づいた加賀美に向けて本性を出し襲いかかり、その後工場から出た加賀美に擬態。
ガタックゼクターの実験で大ケガを負ったオリジナルの加賀美の息の根を止めようとしたが天道に気づかれてしまう。

その際にカブトと戦闘になるがサナギ体ワームを盾にして逃走。

その後にまた工場に現れた加賀美を本性を現したマコト(タランテスワーム・パープラ)と共に加賀美を殺害する。

しかし加賀美は蘇りガタックに変身。
タランテスと2体でガタックに対抗するも、ガタックバルカン砲撃を受け爆散した。

その後の登場

仮面ライダーG』ではシェードの変身する改造人間として登場。テレビ朝日襲撃事件に参加し、記憶を取り戻した吾郎を他の改造人間と共に襲うも、五郎の変身したGに斬り裂かれて全員纏めて爆死した。

仮面ライダーディケイド』ではRXの世界にて、オーランタム共々アポロガイスト召喚された別個体が出現。

関連タグ

ワーム(仮面ライダーカブト)
タランテスワーム・パープラ 加賀美新
仮面ライダーカブト

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラキペルマワーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26

コメント