ピクシブ百科事典

神代剣

かみしろつるぎ

神代剣とは、『仮面ライダーカブト』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「俺は全ての分野において頂点に立つ男だ」

「全てのワームは俺が倒す!!」

演:山本裕典

概要

マスクドライダーシステム第4号である仮面ライダーサソードの資格者。第19話より登場。自称「わってを振るう男」。
1985年6月25日生まれの20歳→21歳(なお日付に関しては、劇中で誕生日を迎えた第21話の本放送日である)。
英国の名門貴族ディスカビル家の本家筋である神代家の当主として、執事じいやと共に大邸宅に住む没落貴族。

名は「かみしろつるぎ」と読む。決して「こうじろけん」と読まないこと。

己に対する自信に満ち溢れており、じいやさんからは「ぼっちゃま」と呼ばれている。
ディスカビル家に代々伝わる名剣・ディスカリバーを所持しており、変身せずともディスカリバー1本でワーム数体を倒すほどの高い身体能力を秘め、数ヶ国の外国語を喋る(マルチリンガル)教養もある。
※なお、ディスカリバーはカブト達が変身して使うようなワーム用の特殊兵装でもなんでもないただの古い西洋剣である。それでもワーム数匹を斬り捨てて折れもしないあたり、名剣の名に恥じない業物ではある模様。

だが、現代社会の常識とかけ離れた教育を受けて育ってきたからか、「細切れの肉」を「コマーギュレ」という種類の肉と思い込み、スーパーマーケットを「スーパーな店」と勘違いしたりと、世間一般の事柄に極めて疎い。その世間離れした言動から、中盤以降ではコメディリリーフにもなっている。
庶民を「ショ・ミーン」、ラーメンを「ラ・メーン」と呼んだり等ヨーロッパっぽい言い回しもよくする。
また、「じいやが言っていた…」天道語録ならぬ神代語録を披露することもある。

本編開始の1年前に姉・神代美香を目の前でスコルピオワームに殺され、それを切っ掛けに自分だけで全てのワームを倒すと誓い、ワーム狩りを始めるようになった。人間に擬態したワームに対しても一切躊躇せず刃を突き立てている。
美香の死は彼の中で大きなトラウマとなっており、殺された現場に咲いていた薔薇も彼女の死を想起させるという理由で嫌悪している。

初期はワーム1体を倒すにつき120万円でZECTと契約していたが、ガタックの登場により契約破棄された。
当初はディスカビル家及び神代家が没落貴族であることを知らずにいたため(じいやが悟らせようとしなかった)、金に糸目を付けずにいたが、陰ながら努力してきたじいやが過労で倒れたことで全ての事実を知る。
以降は世間知らずながらもアルバイトに励み続け、(仕事先で食器を割った結果給料76073円が天引きされ73円になったりしつつも)人並みの幸せを理解していくようになる。

自身の過去もあって、自らの行いで天道樹花に怪我を負わせたことを天道総司に咎められた時は普段の高飛車な態度から一転して素直に謝ったり、弟をワームに殺されている加賀美新を「カ・ガーミン」と呼び、一方的に友と認めている。戦闘ではタッグを組むことも多かった。

また、岬祐月に恋心を抱くようになり、彼女に姉の面影を重ねて「ミサキーヌ」と呼びアピールを続けていた。
岬には相手にされないどころか鬱陶しがられており、振られ続けた末ショックで地獄兄弟に加入し「地獄三兄弟」になったこともある。
だが天道の言葉で姉を見ていることを指摘されてからは、岬自身を愛することを決意する。カッシスワームの猛攻から身を挺して彼女を庇ってからは岬の心情にも変化が起こり、デートの誘いを了承されるまでになった。

関連イラスト

地獄においても頂点に立つ男
初恋



関連タグ

仮面ライダーカブト 仮面ライダーサソード

ザンキ(財津原蔵王丸)神代剣バットファンガイア紅音也登太牙

以下ネタバレ



この先は物語の重大なネタバレを含みます。

















正体は姉の敵であるはずのスコルピオワームであり、本来の神代剣は姉が襲われた際に殺されていた。
彼の生年や事件の発生した時期を考えると、本物の享年は19~20歳となる。

擬態した際のアクシデントで自分がワームであることを忘れてしまっており、コピーした神代剣の人格のままで、(同族であるはずの)ワームを憎み戦っている。

闘争本能が昂る、サソードのライダースラッシュを発動すること等でワームとしての姿が表面化するが、その際に剣の人格は一時的に消えるため、ワームになっていた間のことを覚えていない

本記事では構成上ネタバレ扱いとなっているが、作中で「本編の神代剣=スコルピオワーム」と判明するのは初登場回の翌回(第20話)であり、正体発覚自体はかなり早い。
何故こんなに発覚が早かったかというと、天道のより身近な人物の正体もワーム(ネイティブ)であり、発覚を遅らせてしまうとそちらと被ってしまうこととなり視聴者側の驚きが薄れてしまうからと思われる。
しかしその事実はじいやにしか知られておらず、彼もまた執事としての忠節のために本人に真実を隠していた。
変貌を見なかった者からは人間と信じられ全く疑われておらず、剣自身も終盤まで自分の正体を知らなかった。

坊ちゃん


詳細はリンク先を参照。

関連記事

親記事

仮面ライダーカブト かめんらいだーかぶと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「神代剣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42230

コメント