ピクシブ百科事典

影山瞬

かげやましゅん

影山瞬とは、『仮面ライダーカブト』の登場人物であり地獄兄弟次男である。

「いいなぁ…あの犬、褒められてる。」

概要

弟×3+α


ZECTのエリート戦闘部隊・シャドウの隊員。仮面ライダーザビー3代目の資格者を経て、後にZECTが内密で開発した仮面ライダーパンチホッパーの資格者となる。

生真面目な体育会系青年で、当初は矢車を尊敬していた。しかし本質は主体性が希薄な、自分を周囲に認めさせることや地位を失わないために汲々とするタイプで、そのためなら手段も選ばず、嫌いな相手にすら泣きすがる卑屈さを併せ持つ。
ザビー資格者復帰を目指す矢車を「組織を乱す不協和音」として切り捨て、ザビーゼクターに選ばれシャドウ隊長に就任するが、これといった成功も無く任務失敗を重ね続け、更には天道にザビーゼクターを奪われてしまったことから、自らもZECTを追われる。
その器の小さい性格は部下達からも嫌われていたらしく、シャドウからも追放され、完全に孤立してしまった影山は、その後ザビーに復帰したい一心で蓮華と共に天道の雑用を自ら志願したり、天道にザビーゼクターを返して貰う様に加賀美に頼み込むなど、恥も外聞もない行動の連続で、迷走を極めてゆく。

最終的にワームとまで手を組み、間宮麗奈の指示で立川を襲うも、彼の護衛を任されていたシャドウのゼクトルーパーらに阻止され、その際に顔に切り傷を負った挙句、結局ワームからも見捨てられ、どん底まで堕ちたところを矢車に助けられる。
ホッパーゼクターを受け取ってパンチホッパーの資格者となった彼は、以後は矢車を「兄貴」と慕い、2人で気ままな行動をとり続ける。

しかし彼自身は矢車曰く“燃えカスのような”正義感と過去の栄光を求めており、誘いを受け再びザビーに復帰。
しかしガタックと連携をとろうとせず、あっさりカッシスワームに惨敗した無様さから、遂にザビーの資格を完全に失ってしまい、再び矢車の元へと戻る。このことから、矢車には度々「光を求めるな」と叱責される。

最終話直前、人類全ネイティブ化計画のためのZECTが配布していたネックレスを複数装着していたため、その影響から早くもネイティブになりかけた事で絶望し、矢車に自身を倒すように懇願。ライダーキックで倒される道を選ぶが、生死の明確な描写はされなかった。

関連タグ

仮面ライダーカブト 地獄兄弟 矢車想
仮面ライダーパンチホッパー 仮面ライダーザビー

千樹憐:演者繋がり。まるで影山が光をつかんだようにも見える。

pixivに投稿された作品 pixivで「影山瞬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88994

コメント