ピクシブ百科事典

トドロキ

とどろき

特撮番組『仮面ライダー響鬼』の主要人物の一人。
目次[非表示]

概要

轟鬼に変身する青年。年齢26歳。
本名は戸田山 登巳蔵(とだやま とみぞう)だが本編では登場せず、鬼になる前は「戸田山」と苗字だけクレジットされている。
安達明日夢の同級生・持田ひとみのいとこ。
昭和54年(1979年)2月4日生まれ、現住所は東京都江東区木場7-1-1(フィギュア王No.94に掲載された、劇中小道具である彼の鬼登録証より。本編では画面上見切れて視認不可のため、事実上の裏設定である)。

元警察官。(詳しい経緯は不明だが)ある事件を切っ掛けに魔化魍と鬼の存在を知り、ザンキ弟子として二年間師事する。
ザンキの引退決意に伴い正式な鬼となることが決まり、第十六之巻にてヤマアラシを清めることに成功した。鬼のしきたりで本来は斬鬼を襲名する筈だったが、「ザンキさんには斬鬼さんのままでいてほしい」というトドロキの意向で斬鬼はザンキのままとなり、代わりに「轟鬼」の名前を贈られた。由来は本名である戸田山の「と」。
「~っす」口調で喋る。

立花日菜佳に思いを寄せられており、事実上の両想いである。周囲も公認のカップルであるが、非常に鈍感。

劇場版では

TV本編のトドロキと顔がそっくりな先代の轟鬼。性格はTV本編よりもやや落ち着いている。
普段は大工を営んでいる。響鬼とは昔馴染みで、変身音叉音角を預けられていた。
山奥でバケガニの討伐をしていた際にオロチ退治の為に鬼を集めていた歌舞鬼一行と合流し、彼らに協力している。
日菜佳の祖先と思しきひなこといい感じになっている辺り、トドロキの祖先だったりするのだろうか?


仮面ライダーディケイドでは

平成ライダー10周年記念作品『仮面ライダーディケイド』の「響鬼の世界」にて、同名の人物が登場。演者も同じく川口真五で轟鬼に変身するが、あくまで別作品の別人である。

こちらでは音撃道ザンキ流の多数いる弟子の1人であり、対立する流派のアキラ(天鬼)に片思いしている(原典の日菜佳を演じた神戸みゆき女史が、『ディケイド』放送前に鬼籍に入っている事もあるかもしれない)。道場破りに来た海東大樹を軽く捻ろうとするが、逆に軽く捻られた。
アキラ、アスムとの話し合いの末、三つの流派で協力するべくザンキ達に打診。ザンキとイブキが話し合った結果、ザンキ流の師匠の座を引き継ぐこととなった。

仮面ライダージオウ

「鬼の不始末は鬼がつけるっす」

平成ライダー20作品記念作品『仮面ライダージオウ』EP33・34にて登場。
『ディケイド』のトドロキとは異なり、こちらは原典のトドロキと同一人物である。
相変わらず「~っす」口調で喋るが、場合によってはタメ口になることも。
性格もどこか陽気な印象であった本編と比べると、真面目でシリアスなものになっている(年齢や経験の積み重ねなどもあるのかもしれない)。
なお、未だに弟子は取っていない。彼の中では師匠である斬鬼の存在が大き過ぎて、覚悟が定まっていないというのが理由の模様。

活躍

  • EP33『2005:いわえ!ひびけ!とどろけ!』

ジオウゲイツと共に、突如現れたアナザー響鬼の猛威に立ち向かうことになる。
アナザー響鬼と対峙した際に、上述の台詞や「お前のやっていることは、鬼の威信に泥を塗る行為だ!」と述べている事から、その正体がかつて鬼の修行をしていた鼓屋ツトムであることを知っていた様子。

アナザー響鬼との最初の戦闘ではあと一歩のところまで追い詰めるも、何者かが横槍を入れた事で雷電激震が中断され、アナザー響鬼に逃げられてしまう。

自身の元を尋ねて来たツクヨミには、アナザー響鬼の正体が修行中の鬼である事を伝える。この時、ツクヨミの台詞から桐矢京介が“響鬼”と名乗っていた事を知り、「騙されたら駄目っすよ」と彼女に忠告する。

その後は再びアナザー響鬼と戦うも、投げつけた烈雷をウールに跳ね返された事で変身が解けてしまう。
そして京介が変身した姿を見て困惑するソウゴに、京介のある真実を告げるのだった。

「あいつは響鬼でもなんでもない。響鬼を襲名できなかった、ただの鬼だ」

  • EP34『2019:ヘイセイのオニ、レイワのオニ』
京介がとある事情で“響鬼”の名を襲名できなかった事実をソウゴたちに伝えた。
戦いの後、弟子の不始末を師匠がつけるという鬼の掟を守ることのできない京介を叱責し、その甘さが響鬼の名を襲名できない理由ではないかと説くものの、京介は聞く耳を持たず、結局は物別れに終わってしまった。

それから程なくして、ソウゴの誕生日を祝おうとするも、それをツクヨミに批判されたことで落ち込んでいたウォズを(ソウゴの発案によって)1日だけ弟子として迎え入れることとなり、彼と行動を共にする。その過程で自分の存在意義を見失いかけていたウォズの事情を知ることとなり、かつてその命を懸けてまで自分を守ろうとした師匠:ザンキの存在に触れ、「大事な人の傍にただ一緒にいてあげるだけでもすごいこと」という言葉を投げかけ、ウォズの迷いを吹っ切らせた。
その後は、京介やソウゴたちがアナザー響鬼を倒してツトムを助け出し、師弟関係を一からやり直すことを決めるまでの様子を陰から見守っており、自分も弟子を取ろうか考えを巡らせる様子を見せていた。

「弟子っていいもんすねぇ……俺も弟子取ってみるか?
 ハハッ……日菜佳さんに相談しよう」

ジオウにおける余談

  • 日菜佳の名前が出たことにファンからは感動の声が挙がった(詳細はこちらにて)。
  • 『響鬼』本編時と違って、変身解除されても服は無事であったことがちょっと話題になった。


関連タグ

仮面ライダー響鬼 轟鬼
ザンキ 立花日菜佳

相川始トドロキ風間大介

関連記事

親記事

轟鬼 とどろき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「トドロキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36678

コメント