ピクシブ百科事典

京介変身体

きょうすけへんしんたい

ヒビキの元に弟子入りした桐矢京介が鬼の力を使って変身した姿。
目次[非表示]

CV:中村優一

概要

仮面ライダー響鬼』最終回および『仮面ライダージオウ』客演時に登場した、桐矢京介の変身した姿。京介変身“態”とも呼ばれる。

「京介変身体」という呼称はあくまで便宜上の仮称に過ぎず、TV本編ではまだ鬼としての名前はなく、『ジオウ』に登場した際にも師匠の名を襲名できなかったことからやはり名前はなかった。

外見

白銀の鬼


銀色の体色で腕と縁取りが金色が4本生えている。銀色は京介の殉職した消防士の父、紫は師匠であるヒビキのイメージが反映された物らしい。

『響鬼』本編では練習用の音撃棒音撃鼓を装備していたが、『ジオウ』では正式に鬼の1人として認められたこともあり、音撃鼓が響鬼と同じ物に変わっている(ただし、劇中では今のところ音撃鼓を使って敵を倒すシーンは描かれていない)。

能力

響鬼と同じく、打の型を使って戦う鬼であるが、出番が少ないため、詳細については不明な点が多い。

ただし、『ジオウ』では直接の描写はないながらも鬼棒術・烈火弾と思われる技を放って轟鬼の音撃斬・雷電激震を妨害したと思われるシーンがあることから、響鬼が使ったのと同じような技を京介変身体も一通り使用することができる可能性がある。

劇中での活躍

仮面ライダー響鬼

最終回で洋館の男女によって送り込まれたサトリを前に、この姿に変身。しかし、この時の京介はまだ修行の身で鬼としては未熟であったため、読心術を駆使するサトリの前に窮地に追い込まれる。

しかし、間一髪のところで威吹鬼と轟鬼が駆け付けてサトリを倒したことで、辛くも難を逃れた。

仮面ライダージオウ

タイムジャッカーウールによってアナザー響鬼にされてしまった弟子の鼓屋ツトムを守るためにこの姿に変身した。

修行を重ねたことによってかつてより戦闘力は大幅に上がっていたと思われるが、相手が自分の弟子であるために迂闊に手出しができないこともあって、思うように戦うことができず、あまりパッとした活躍はなかった。

また、京介はソウゴ達に対して当初自らを“響鬼”と名乗っていたが、この姿に変身したことで、自らが響鬼でないということをウール・ソウゴ・ゲイツに知られてしまうこととなった(ソウゴとゲイツはかつてディケイドカメンライドしたディケイド響鬼と遭遇しており、響鬼がどのような姿をしているか知っていたためである)。

余談

上記の通りTV本編では鬼としての名前は無かったが、かつてよみうりランドのヒーローショーで登場した際は「強鬼(きょうき)」と名乗っていた(「響鬼」も同じ読みが出来る名前になっている)。

スーツは後に『仮面ライダーディケイド』のアスム変身体に流用された。

『ジオウ』では一時的に「響鬼ライドウォッチ」の力で響鬼の姿に変身した後、事件解決後にウォッチ(=ライダーの力)をソウゴに譲渡しているが、京介が譲渡したのはあくまで仮面ライダー響鬼の力であり、修行を通して体得した鬼の力そのものは失っていないと思われるため、現在も引き続きこの京介変身体の姿になることは可能であると考えられる。

関連項目

仮面ライダー響鬼 仮面ライダージオウ 桐矢京介

関連記事

親記事

桐矢京介 きりやきょうすけ

pixivに投稿された作品 pixivで「京介変身体」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5454

コメント