ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

2006年8月5日東映系で公開された『仮面ライダーカブト』の劇場版作品。
テレビ本編とはリンクしないパラレルで、設定も大幅に異なる。
脚本は米村正二が担当し、『アギト』から続く平成ライダー夏の劇場版井上敏樹以外が脚本を執筆した初の作品となった。
主題歌は、後に『仮面ライダーW』で仮面ライダースカルを演じることになる吉川晃司の「ONE WORLD」。
又、軌道エレベーターが登場する世界初の実写作品であり、ライダー初の宇宙戦である

テレビ本編に登場したライダーはほぼ全員登場したが、影山瞬神代剣は登場しなかった。

ゲスト俳優として、オリンピックのメダルに準えた金・銀・銅の仮面ライダーを、格闘家の武蔵(金・コーカサス)、俳優の小林且弥(銀・ヘラクス)、虎牙光揮(銅・ケタロス)が演じた。
小林と虎牙は後にテレビ本編に(映画と役柄とは別人の)オダとヤマト役で出演した。
また『龍騎』で準レギュラー出演していた森下千里もライダー作品に再出演となった。
前作『7人の戦鬼』から始まった芸人枠には、次長課長が充てられた。

タイトルの「GOD SPEED LOVE」は、「SPEED」に「祝福する」「成功を祈る」と言った意味があることから、「この愛に神の祝福があらんことを」というような意味を持つ。

あらすじ

1999年、地球に落下した巨大隕石に影響で海の水が干上がるという未曽有の大惨事が発生。
さらに、隕石内部から地球外生命体・ワームが現れ、生き残った数少ない人類を襲い始めた。

2006年、生き残った人類は治安組織ZECTを結成し、人類存続のため、徹底した管理体制を敷いていた。
だが、あまりにも厳しい体制に抵抗する人間たちが現れ、NEO ZECTを結成。
ZECT対NEO ZECT対ワームという三つ巴の戦いが勃発する。
そんな中、天道総司と名乗る謎の男が戦いに乱入。
彼は、ZECTとNEO ZECTしか持ちえないライダーシステム・仮面ライダーカブトに変身し、両組織に「俺を雇え。そうすれば勝てる」と持ち掛けるのだった。

劇場版限定

本作の劇場版限定ライダーマスクドフォームが存在せず、ライダーフォームのみ。
仮面ライダーコーカサス
仮面ライダーケタロス
仮面ライダーヘラクス

ネオトルーパーゼクトルーパーの色違い)

主な登場人物

太字は本作限定の登場人物。

天道総司/仮面ライダーカブト
日下部ひより
竹宮弓子

ZECT
加賀美新/仮面ライダーガタック
矢車想/仮面ライダーザビー
黒崎一誠/仮面ライダーコーカサス
大和鉄騎/仮面ライダーケタロス
岬祐月
田所修一
加賀美陸
三島正人

NEO ZECT
織田秀成/仮面ライダーヘラクス
風間大介/仮面ライダードレイク
北斗修羅

関連タグ

仮面ライダーカブト 劇場版 劇場版仮面ライダー
ハイパーフォーム:カブトの最強フォーム。先行登場。
GODSPEEDLOVE:表記揺れ。
最強のプレシャス:同時上映のスーパー戦隊映画

パラダイス・ロスト3年前に制作・公開されたテレビ本編とはリンクしないパラレルライダー映画。こちらも人類がによって壊滅寸前にまで追い込まれており、強大な敵組織に反抗するレジスタンス組織が存在している。

7人の戦鬼→GOD_SPEED_LOVE→俺、誕生!

関連記事

親記事

仮面ライダーカブト かめんらいだーかぶと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「GOD_SPEED_LOVE」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54424

コメント