ピクシブ百科事典

大和鉄騎

やまとてっき

映画『仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE』に登場する仮面ライダーケタロスへと変身するZECTきっての鬼。

演:虎牙光輝

我が概要はァァァァ……ZECTと共にありぃぃぃィィィーーーー!!!

映画『仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE 』に登場。
地球に衝突した巨大隕石とその隕石内部に巣食っていた地球外生命体ワーム)の侵攻により滅亡の危機に瀕した地球の実質的な支配者であるZECTの行動隊長矢車想と共に務める渋い壮年の。29歳。

非常にまじめで組織に対する忠誠心が異常な程に熱くプライドも高く、また戦闘部隊を率いる隊長としてのカリスマを兼ね備えており、決してぶれない姿勢から部下からは絶大なる信頼を寄せられており、三島正人からは「ZECTきっての」と評価されている。

組織には狂信的なまでに忠誠を誓っている為、基本的には組織に歯向かう者や裏切り者は決して許さないが、自身が高く評価しているかつての仲間であり、今は組織を裏切って自分たちに反旗を翻したNEO ZECTのリーダーである織田秀成を説得する為にZECTへの復帰を土下座で頼むなど、組織に利益に繋がると判断すれば自らの信念を曲げる時もある柔軟も思考も持ち合わせている。

劇中、加賀美と共に組織が推し進める“天空の梯子計画”を実行する為に軌道エレベーターを使って宇宙ステーションへと向かう途中にそれを阻止せんと立ちはだかる天道と対峙。
宇宙ステーションの外壁において像絶な無重力空間での戦いを繰り広げるが、徐々に追い詰められて行き、最後は戦いの真っただ中に隕石との衝突で爆発した彗星の衝撃波でカブトと共に地球の大気圏へと投げ出されてしまい、カブトはカブトエクステンダーによって地球の大気圏内で燃え尽きるのを回避するも、自身は空気摩擦に包まれながら
「我が魂はァァァァ……ZECTと共にありぃぃぃィィィーーーー!!!」
と一度聴いたら忘れられないインパクト大な大絶叫を上げながら、本物の隕石宜しく、そのまま地上に激突して大爆発と共に戦死するという壮絶な最期を遂げた(なお、この印象深い最期を遂げたことによって当時一部のファンの間下は仮面ライダーメテオと呼ばれたとかなんとか…※後に登場するとは全く関係ありません)。

ちなみに彼が“天空の梯子計画”の真の目的を知らされていたかどうかは不明(どっちにしても組織の為ならば疑問に思っても遂行しそうではあるが…)。

なお、ZECTに対する高すぎる忠義の為からこのようなネタにされそうな像絶な最期を遂げた彼ではあるが、デレクターズカット版で判明するカットシーンではカブトがカブトエクステンダーによって地球の大気圏内で燃え尽きるのを回避した後にケタロスにも助けの手を伸ばすが、ケタロス=鉄騎はこれを拒否するシーンがあり、その為、実際にギャグでも何でもないシリアスなシーンだったということが分かる。
その為、何故このシーンをカットしたのか?と疑問に思っているファンもいるようだ。

頼む、ZECTの為に関連タグを教えてくれ‼

仮面ライダーケタロス ZECT GOD_SPEED_LOVE

pixivに投稿された作品 pixivで「大和鉄騎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 92

コメント