ピクシブ百科事典

カブトエクステンダー

かぶとえくすてんだー

『仮面ライダーカブト』に登場したライダーマシン(バイク)の一つ。 仮面ライダーカブト専用のマシンで、カブトムシをモチーフとしている。 「ライダーシステム」の技術が流用されており、「キャフトオフ」での変形機能と「クロックアップ」による加速機能を有する。
目次[非表示]

データ

全長2020mm(マスクドモード時)/3090mm(エクスモード時)
全高1170mm
全幅770mm
乗員2名
最高時速410km/h(マスクドフォーム時)/990km/h(エクスモード時)
モデル実機ホンダ・CBR1000RR


解説

仮面ライダーカブトの専用ビークル
カブトと同様にカブトムシをモチーフとした真っ赤な機体で、本来はカブトゼクターの適合者用にZECTが開発したものだが、いつの間にか天道総司が自身のものとしていた。
『マスクドライダーシステム』の技術が流用されており、通常のバイクにはない驚異の性能を有している
ガソリンによる走行も可能だが、緊急時はECR放電におけるプラズマ生成でイオン加速による超スピード走行、自動運転・リモート操作も可能となる。

マスクドモード

俺が正義


いわゆる通常形態。
スポーツタイプのボディにカブトムシの角のようなアンテナを備えている。
ワームからの攻撃にも耐えうる強靭なボディを持ち、これを利用して敵に突進することもできる。
ハンドルの付近にコンソール(操作パネル)が存在し、操作することで「エクスモード」へと変形する。

エクスモード

落書き


機体前方のアーマーをキャストオフすることで変形する戦闘形態。
前輪がファンデルワールス力(分子結合・分離の理論の一つ)に基づいて二分割されて二輪式になり、さらに機体中央部から『エクスアンカー』というヒヒイロカネ製の長大なブレードがせり出してくる。その様はマスクドモード以上に“カブトムシ的”ともいえる。
エクスアンカーは先端にタキオン粒子を集約させることが可能で、これを用いた突進は一撃必殺の破壊力を誇る。さらにカブトゼクターと連動してクロックアップによる超高速移動も可能、おまけに飛行能力もあるなど、ライダーマシンとしては歴代でも破格の性能を発揮する。

仮面ライダーウィザード』でゲスト出演した際にはクロックアップ+エクスアンカーの同時使用で空中を舞う無数のハイドラグーンを蚊トンボの如く叩き落としていった。

関連タグ

仮面ライダーカブト バイク カブト(仮面ライダー)
スーパーヒーロー大戦GPショッカーライダーカブトがサーキットに出走。

pixivに投稿された作品 pixivで「カブトエクステンダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4470

コメント