ピクシブ百科事典

凱火

がいか

『仮面ライダー響鬼』に登場する響鬼専用バイク。

概要

 『仮面ライダー響鬼』は、そもそも企画段階では仮面ライダーシリーズに入ってすらいなかったという異色の作品であり、序盤は「もないフンドシ姿のバイクに乗らずに野山を駆け回り、太鼓バチ恐竜のような巨体化物をぶちのめしていく」という、ライダーの要素が欠片も見当たらない作風であった(一応念のために書いておくと、「と同じを持ち合わせておきながら、人々を苦しめるのために自らの肉体犠牲にして戦う異形戦士」という条件は当然ながら満たしている)。なんと、この専用バイク『凱火』が響鬼に与えられたのは25話目であった。
 凱火は特別な改造車ではない。ライダーマンマシンガードチェイサーなどと同じく、持ち主の状態にかかわらず常に同じ形をしている。そのため歴代主役ライダーマシンの中ではかなりシンプルなデザインであり、ストイックな響鬼らしいと言えば響鬼らしいかもしれない。ベースはアメリカホンダ開発のオートバイ「ワルキューレ ルーン」。最高時速は240㎞と控えめ。

関連項目

ライダーマシン 仮面ライダー ヒビキさん

pixivに投稿された作品 pixivで「凱火」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 445

コメント