2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

HYPER CAST OFF!!

CHANGE HYPER BEETLE!!

概要

仮面ライダーカブト』に登場するカブトハイパーフォームの別名。
本作におけるカブトの最強形態である。

頭部は「カブトホーン」が大型化、他の部分は銀色に変化している。
ヒヒイロノカネの2倍の強度を持つ未知の金属「ヒヒイロノオオガネ」で出来た装甲「カブテクター」が全身各部を覆う。「ハイパークロックアップ」発動時には胸部・背中・両肩・両前腕・両下腿側のカブテクターが展開した「ハイパークロックアップモード」になり、飛行も可能になる。

スペック

身長198cm
体重102kg
パンチ力10t
キック力15t
ジャンプ力ひと跳び50m
走力100m4.2秒


ツール

ハイパーゼクター
ハイパーフォームへの変身に用いるカブトムシ型のメカ。カブトムシの角に相当するゼクターホーンを押し倒すことで「ハイパーキャストオフ」を発動しハイパーフォームへの変身が行われる。ハイパーフォームに変身時にスラップスイッチを叩くと「ハイパークロックアップ」を発動。
もう一度ゼクターホーンを押し倒すと『Maximum Rider Power』の電子コールと共にマキシマムライダーパワーを開放し、必殺技待機状態に移行する。

パーフェクトゼクター
ハイパーフォームの力を手に入れたカブトの元へ突如飛来した、対ワーム用の究極武器。大剣型のソードモードと銃型のガンモード、2つの形態を使い分ける。また、ザビードレイクサソードのゼクターを呼び出し、合体させてパワーアップさせる事が可能。当然、その間、3人のライダー達は変身不能となる。3つのゼクター全てを合体させると「All Zector Combine」という電子音声を発し、この状態を「パーフェクトモード」と呼ぶ。

必殺技

ハイパーライダーキック
ハイパーゼクターの発動する「マキシマムライダーパワー」を加えた、ライダーキックの強化版。破壊力は30t。通常時の回し蹴りと異なり、こちらは基本的に飛び蹴りで放たれる。
ハイパーゼクターのゼクターホーンを押し倒し、ライダーキックの手順を踏む事で発動する。
天道は毎回「ハイパーキック」と呼んでいるが、ゼクター側の音声は変化なくライダーキックと鳴る。そのためか、技名は両方を組み合わせたものになっている。
初代仮面ライダーにて仮面ライダー1号ベルトのツマミを操作して「ライダーパワー」なる力を発動させ、窮地を脱したシーンがあり、それが「マキシマムライダーパワー」の元ネタとなった可能性がある。

マキシマムハイパータイフーン
「パーフェクトゼクター」(ソードモード時のパーフェクトモード)で発動する技。カブトホーンを模した巨大な光子の刃で敵に斬り付ける。

マキシマムハイパーサイクロン
「パーフェクトゼクター」(ガンモード時のパーフェクトモード)で発動する技。最大100km(※)にも及ぶとされる射程距離無数のワームを一掃する程の範囲を持つ竜巻状の超巨大エネルギー波を放つ。
発射の際にはカブテクターが「ハイパークロックアップモード」へ自動展開し、反動を相殺する(それでも数メートル程下がる程の反動がある)。

(※)ガンバライジングカードG1-026のフレーバーテキストや当時の児童書に記載されていた内容。
現時点では超全集などの公式資料には掲載されていない為、完全な公式設定とは言い難く、話題にする際には注意していただきたい。

余談

ハイパーバトルビデオにて仮面ライダーガタックもハイパーフォーム化したため、区別のために近年ではこちらが使用されることも多い。

また、本編中盤において過去を改変するために何度か登場した、未来の天道を指す場合もある。

関連タグ

仮面ライダーカブト
ハイパーゼクター ハイパーフォーム ハイパークロックアップ カブト(仮面ライダー) パーフェクトゼクター

関連・類似キャラクター


主役ライダー最強フォーム
装甲響鬼ハイパーフォームライナーフォーム

関連記事

親記事

カブト(仮面ライダー) かめんらいだーかぶと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50080

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました