ピクシブ百科事典

ライナーフォーム

らいなーふぉーむ

ライナーフォームとは、仮面ライダー電王の最終フォームである。
目次[非表示]

「必殺技…! えっと、うぅ……電車斬り!」

詳細

野上良太郎本人が変身する、電王の強化フォームの1つにしてTV版『仮面ライダー電王』での最終フォーム

「ある事情」により、モモタロス達が憑依できなくてもその力が使えるように創られたフォーム。
良太郎自身が変身しているが、機動力や身体能力はプラットフォームより高く、通常の4フォームと同等以上。また、デンカメンソードを介して各フォームの動きをトレースできるため、戦闘能力はスペックも手伝って高い。

総合的な戦闘能力ではクライマックスフォームに劣る為、最強フォームであるかについては議論が分かれている上、後に超クライマックスフォームが登場したことで、最強フォームの立場がより危うくなってしまった。
ゲームバトライドウォーシリーズにおいても、ライナーフォームは他フォームと同じく通常のフォームチェンジという扱いである。(クライマックスフォームは一段上の超必殺技扱い)

だが、電王のメイン変身者である良太郎本人が変身した強化フォームということを踏まえれば最強フォームであることは間違いなく、ディケイドのコンプリートフォームで呼び出す電王がライナーフォームであること、ジオウOver_Quartzerの最強フォーム集合シーンや最強フォームライドウォッチシリーズでもこのフォームが選出されていることがそれを裏付けている。
なお、ライドウォッチの歌部分では「集まれイマジン!」とクライマックスフォームっぽい歌詞になっているが、ライナーフォームの誕生経緯と能力的にはこれもあながち間違いではない。
また、ガンバライジングなどのカードゲームで最強フォームが総登場する時もライナーフォームが登場することが多い。

言うなれば、野上良太郎の最強フォームといったところか。

仮面ライダーウィザード』の最終回で登場した際はソードフォームから直接変身したためかモモタロス俺、参上!のポーズをとった。

S.I.C.HERO SAGA』でも最強フォーム扱いとなっており、仮面ライダー1号旧1号)のアシストを得てではあるが岩石大首領の能力を得たネガタロスを倒している。

外見

基本色は赤と白。
アーマーはキングライナー、頭部はデンライナーゴウカに模している。
複眼は翼のような形でそれぞれのイマジンの色を表している。

変身プロセス

ケータロスデンオウベルトに装着してデンカメンソードを呼び出す。
そこからプラットフォーム、または変身前状態でデンカメンソードにライダーパスを挿入し、デンライナーのオーラに纏われてアーマー、電仮面が装備される。
さらば電王ではケータロスを装着したベルトに直接パスを通すことで変身しており、CSMデンオウベルト&ケータロスでは、その変身プロセスを再現できるようになっている。

劇場版ジオウでオーマフォームが召喚した電王が変身した際にはプロセスを間違えており、クライマックスフォームの手順になっていた。

良太郎の『強さ』と自立の証として

前述した様に最強フォームとしては微妙では無いかとの意見もあるライナーフォームだが、変身者である良太郎とタロスズの関係も考慮するとまた別の捉え方が出来てくる。
そもそも、初期の良太郎は不運ゆえトラブルに遭いやすいのにそれへ対抗出来ず流されるままの自分に歯噛みしていた若者だった。そしてそれに憑いたタロスズは、他者のイメージと記憶に寄生・執着する事でしか自らを保てない存在・イマジンであった。
これを見返してみると、当初の両者はお互いの不満が見事に噛み合った関係であり、下手をしたら共依存に陥って共に最悪の状態へ落ちて行ったとしても不思議では無かった。

しかし実際の劇中ではそうならなかった。良太郎が自分に憑いたイマジン達に真っ直ぐ向き合い、その良心を動かす行動をした事で信頼を得たからだった。そしてそれを土台として良太郎と共に戦い続けたイマジン4人はいつしか『タロスズ』となっていた(クライマックスフォームの誕生はそれを証明した物とも取れる)。
そしてこの軌跡を実感したタロスズを通す形で、良太郎本人も『周りの良心を引き出して繋がり、助け合える関係を作れる』と言う自分の『強さ』を自覚。その流れの先でライナーフォームへの変身を遂げ、プラットフォームにしかなれない『弱い自分』のイメージを見事乗り越えて見せた。

その後最終決戦を乗り切り、タロスズが存在を再構築して自分から独立したのを知った良太郎はライダーパスを返却する事を決めたが、これはタロスズの独立とライナーフォームになれた=自分の強さを知った事で「電王にならなくても自分の力で歩いて行ける」との確信を得たからだろう。
TV本編終了以降、良太郎がデンライナーに乗らなくなって以降も『仮面ライダー電王』は独立して外伝作を重ね、人気は未だ衰える事を知らないが、その礎になった物の一つは良太郎がタロスズの良い所を引き出した上で彼らから自立した事だとも考えられる(※仮に良太郎が自分の力を信じられず誰かへ心理的にしがみ付く人物のままだったら、タロスズの癖の強い性格が悪い方向へ誇張される可能性もあった)。

それ故にライナーフォームは『良太郎の凄さと功績を称える象徴』でもあり、単なる最強フォームとしてでは評価し切れない物も持っていると言えるだろう。

装備

デンカメンソード

モモタロスウラタロスキンタロスリュウタロスの4体のイマジンのオーラエネルギーを電仮面に変換し、集結させた大剣。
グリップのターンテーブル上に円陣を組むことで形成されている。
レバーを引いてターンテーブルを回転させることにより、「モモソード」・「ウラロッド」・「キンアックス」・「リュウガン」の4つのモードの選択が可能となっている。
このモード選択により、対応するイマジンとの会話・戦闘スタイル・必殺技の使用が可能。

デンガッシャーの使用も可能なようで、さらば電王で使用している。

必殺技に共通することは、グリップを引いてターンテーブルを一周させるようにして発動、
そしてレール状のオーラの上を走り突撃すること。

モードごとに性能は異なるが、良太郎はこれらを総じて電車斬りと呼んでいる。
更に、ターンテーブルを複数回転させることで「フルスロットルブレイク」を発動。
待機音は番組放送前のジャンクションだと高めの音声になっている。

また、さらば電王ではケータロスの必殺技ボタンを押す事でフルチャージし、デンガッシャーを用いた必殺技も見せている。

モモソード - デンカメンスラッシュ

デンライナーゴウカを模したオーラと共に突撃し、デンカメンソード(モモソード)の刀身から伸びるオーラエネルギーの刃で相手を両断する。

ウラロッド - デンカメンアタック

デンライナーイスルギを模したオーラと共に突撃し、刀身にオーラエネルギーを纏ったデンカメンソード(ウラロッド)で相手を刺し貫く。

キンアックス - デンカメンチョップ

デンライナーレッコウを模したオーラとともに突撃し、オーラエネルギーを纏ったデンカメンソード(キンアックス)の刀身で相手を倒す。劇中未使用。

リュウガン - デンカメンショット

デンライナーイカヅチを模したオーラと共に突撃し、デンカメンソード(リュウガン)に纏ったオーラエネルギーで相手を撃ち抜く。

フルスロットルブレイク

4台のデンライナー全てのオーラと共に突撃し、斬撃とオーラ全てを相手にぶつける。

関連タグ

仮面ライダー電王 野上良太郎 デンライナー
モモタロス ウラタロス キンタロス リュウタロス
電王 ソードフォーム ロッドフォーム アックスフォーム ガンフォーム
クライマックスフォーム 超クライマックスフォーム
最終フォーム 最強フォーム

オーブオリジン:9年後のウルトラマンの真の姿(基本形態)で、回転機構を備えた専用の大剣を武器に持つ。また奇しくも、このウルトラマンの人間態カイ同じ人が演じている。
『“己を信じる勇気”を取り戻す事で変身出来る様になった』『前述の理由でTV本編では一番最後に登場、実質最終フォーム扱いされた』等の共通点もある。

ハイパーフォームライナーフォームエンペラーフォーム

関連記事

親記事

電王 でんおう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ライナーフォーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 87920

コメント