ピクシブ百科事典

ライナーフォーム

らいなーふぉーむ

ライナーフォームとは、仮面ライダー電王の強化フォームの一つである。
目次[非表示]

「ひっ必殺技・・!えっと、えっと・・電車斬り~!!」

詳細

野上良太郎本人が変身する、電王の強化フォームの1つにしてTV版『仮面ライダー電王』での最終フォーム。

「ある事情」により、モモタロス達が憑依出来なくてもその力が使えるように創られたフォーム。
良太郎自身が変身しているため戦闘能力はそのままだが、機動力や身体能力がプラットフォームより高くなっている。

総合的な戦闘能力ではクライマックスフォームに劣る為、最強フォームであるかどうかについては議論が分かれている上、後に超クライマックスフォームが登場したことで、最強フォームの立場がより危うくなってしまった。だが、電王のメイン変身者である良太郎本人が変身した強化フォームということを踏まえれば、最強フォームであることは間違いない。

仮面ライダーウィザード』の最終回で登場した際は、モモタロス俺、参上!のポーズをした。モモタロスの人格が表面化している状態のものと思われる。

S.I.C.HERO SAGA』でも最強フォーム扱いとなっており、仮面ライダー1号旧1号)のアシストを得てではあるが、岩石大首領の能力を得たネガタロスを倒している。

外見

基本色は赤と白。
アーマーはキングライナー、頭部はデンライナーゴウカに模している。
複眼は翼のような形でそれぞれのイマジンの色を表している。

変身プロセス

ケータロスをベルトに装着してデンカメンソードを呼び出す。
そこからプラットフォーム、または変身前状態でデンカメンソードにライダーパスを挿入し、
デンライナーのオーラに纏われてアーマー、電仮面が装備される。

装備

デンカメンソード

モモタロスウラタロスキンタロスリュウタロスの4体のイマジンのオーラエネルギーを電仮面に変換し、集結させた大剣。
グリップのターンテーブル上に円陣を組むことで形成されている。
レバーを引いてターンテーブルを回転させることにより、「モモソード」・「ウラロッド」・「キンアックス」・「リュウガン」の4つのモードの選択が可能となっている。
このモード選択により、対応するイマジンとの会話・戦闘スタイル・必殺技の使用が可能。

デンガッシャーの使用も可能なようで、さらば電王で使用している。

必殺技に共通することは、グリップを引いてターンテーブルを一周させるようにして発動、
そしてレール状のオーラの上を走り突撃すること。

モードごとに性能は異なるが、良太郎はこれらを総じて「電車斬り」と呼んでいる。
更に、ターンテーブルを複数回転させることで「フルスロットルブレイク」を発動。

モモソード - デンカメンスラッシュ

デンライナーゴウカを模したオーラと共に突撃し、デンカメンソード(モモソード)の刀身から伸びるオーラエネルギーの刃で相手を両断する。

ウラロッド - デンカメンアタック

デンライナーイスルギを模したオーラと共に突撃し、刀身にオーラエネルギーを纏ったデンカメンソード(ウラロッド)で相手を刺し貫く。

キンアックス - デンカメンチョップ

デンライナーレッコウを模したオーラとともに突撃し、オーラエネルギーを纏ったデンカメンソード(キンアックス)の刀身で相手を倒す。劇中未使用。

リュウガン - デンカメンショット

デンライナーイカヅチを模したオーラと共に突撃し、デンカメンソード(リュウガン)に纏ったオーラエネルギーを相手に打ち抜く。

フルスロットルブレイク

4台のデンライナー全てのオーラと共に突撃し、斬撃とオーラ全てを相手にぶつける。

関連タグ

仮面ライダー電王 野上良太郎 デンライナー
モモタロス ウラタロス キンタロス リュウタロス
電王 ソードフォーム ロッドフォーム アックスフォーム ガンフォーム
クライマックスフォーム 超クライマックスフォーム
最強フォーム

pixivに投稿された作品 pixivで「ライナーフォーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32339

コメント