ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「人助けとかそんなんじゃなくて、できることがあったらやるだけなんだ」

演・佐藤健溝口琢矢(小太郎及び「超・電王」)

概要

1988年12月26日生まれ。18歳→19歳。
偶然デンライナーのパスを拾った事でハナと出会う。
その後、イマジンモモタロスに憑依される事で豹変。不良相手に暴れまくったが、自我を保つことができ、モモタロスによる暴走を食い止めたことから”特異点”である事が判明した。
「君なら電王になれる」とハナに頼まれ、仮面ライダー電王として時の運行を守る事となる。

異様なまでの不運体質であり(普通に自転車をこいでいたはずなのに自転車ごと高い木の上に引っ掛かる、銀行強盗事件に巻き込まれる、事故に巻き込まれて入院沙汰になるetc…)、彼の元には(比較的)細々とした不運が毎日無数に降ってくる。その不運ぶりは「ギネス級」とも称される。

気弱で揉めごとが嫌いで、身体能力も高いとは言えず、体力に乏しい上喧嘩も弱い。貧血気味でもあり、本編序盤では予想外の出来事に遭遇すると度々気絶していた。
一見ただの情けない青年に見えるが、その一方で他人の幸せや不幸には人一倍敏感で、自分の不運ぶりを差し置いても「他人を救いたい」という思いが強い。
その胸に秘めた意思は時として頑固と言われるほど強く、アクの強い仲間のイマジン達を一つにまとめ上げるなど、時の運航を守る原動力の一つになっている。
穏やかな気質ではあるものの怒らせると怖い。怒らせてはいけない。

イマジン達に大不評のクライマックスフォームをかっこいいと言ったり、身体が小さくなったハナに「コハナ」、ライナーフォームの必殺技に「電車斬り」と命名したり、デザインやネーミングのセンスはかなり悪い。
そのネーミングセンスにおいては、彼とどっこいどっこいな後輩が後に現れる

両親は物心つく前に他界し、幼い頃は祖母の家で育てられた(劇中未登場だが現在も存命)。高校卒業前の冬、姉・愛理婚約者の失踪で彼に関する記憶を失い、彼女を支えるべく高校を卒業目前に中退。
現在は一人暮らしをしながら、彼女の経営する「ミルクディッパー」(元は両親が経営していた喫茶店)でアルバイト店員として働き、愛理目当ての客達からも弟のような扱いを受けている。また、移動の際は主に自転車を使用する。

なお前述の様に不運やトラブルへは非力だが、それであっても周りに向き合う姿勢を曲げる事はない。
故に他人の良心を動かして助力を得やすいとも解釈可能で、曲者ぞろいのイマジンズが良太郎の元で結束したのもこの姿勢故だと言えよう。
当の良太郎本人はこの長所を自覚していなかったが、物語中盤で仲間達の言葉を切っ掛けとして『自分にも(周りを動かす)力があった』という確信を得た。直後に変身できる様になったライナーフォームは、その確信を象徴する存在と言えるかもしれない。

最終決戦後はデンライナーのパスを返却(=自由に電王へなれる権利を手放す)し、日常へと戻る道を選んだ。
その選択を仲間達に応援されながらデンライナーを降り、去って行く仲間達を良太郎が見送るシーンを持って電王本編は幕を閉じるのだった。

「いつか、未来で……」

精神面

モモタロスと出会う以前からありえない程のアンラッキーに揉まれ続けて育ってきた為多少の事では動じない神経を持っており、また彼自身の意志を曲げない心根から、心のタフさ・折れなさ加減については全仮面ライダー変身者の中でもトップクラスとの呼び声も高い

その精神面でも特筆すべき点の一つが、非力でありながら退行欲求のコントロールが出来ている事であろう。
この退行欲求とは、大雑把に言うと無力な赤ん坊の感覚に退行しながら「何も出来ないから言う事を聞いて」と周りに要求する行動の事で、弱い存在である人間が生まれながらに持つ欲求の一つ。
事に周りの都合へ引っ張られて、成すがままトラブルに揉まれる不幸体質(受難)キャラはこの欲求を頻繁に出す傾向がある。

だが実の所、常人より退行欲求と身近に接する身でありながら、それと上手く付き合うのでは無く否認してしまっている不幸体質キャラも多い。
『周りの人は悪くない、自分が不幸なだけ』と言う優しさを押し出した道徳は“優しい不幸体質キャラ”がよく持ち出す物だが、見方によっては自分の弱点(不幸や無力さ等)に責任を擦り付けて退行欲求を出した自分を悪者とする事でその場のトラブルを凌ぐ為だけの理屈にも取れる。
加えてこの理屈により、トラブルの度に退行欲求へ被害者感情や敵意を乗せて周りに振り撒き、余計に周りから不快を買っている事実も否認、及び解消する事も放棄してしまっている。
そもそもトラブルへ無力ならば、その無力さを認めた上で周りに助けて貰う事でトラブルを解決する力を補い身に着けるのが弱い存在である人間の取れる最良の解決手段だが、これを退行欲求を否認した結果封じてしまい、周りに不快を齎すばかりで晴らせず心理的に孤立、解決する力を得られずまたトラブルに見舞われる悪循環に嵌っていると思われる不幸体質キャラも珍しくないのだ。

翻って良太郎を見てみると、第1話で不良に絡まれて袋叩きにされた後、悔しさ等を堪えている様な表情をして無言でその場より立ち上がっている。これは痩せ我慢であると同時に、心の底から込み上げて来る退行欲求に溺れない様耐えているとも取れ、無駄に被害者意識を振り撒く事で不良以外の第三者(物語の読み手)へ不快を与えない様にもしている。
本当にそれだけの事だが、周りに余計な不快を与えないと言う事はその分スムーズに周りと向き合える事でもあり、その良心を刺激して助けて貰える可能性を上げられると言える。この片鱗はミルクディッパーにおいて、姉目当ての客より煙たがれず弟の様な扱いを受けている事からも見える他、バットイマジンの契約者にされた不良の一人・哲男の心を動かす要因ともなった。
なお、この様に退行欲求に溺れずコントロールする方法を確立するには、周りに散々振り回されてもそれへ正面から向き合うのを諦めない勇気が必要となるが、それを得るには退行欲求のコントロールが必要不可欠となる。…矛盾した話ではあるが、物語開始前からこの矛盾を自力で乗り越えていた良太郎は既に心理面で好循環に乗っていたとも言えるだろう。

ただし第1話時点での良太郎はそれまで受け身の状態で不運に揉まれていた為、上で書いた自分が獲得していた絶大な心理的長所に無自覚、自分への自信が無かった。だがモモタロスに憑依された事をターニングポイントとして、自分の長所を徐々に自覚していき自信を芽生えさせて行った。

小説版

2013年を描いた設定でいまだ無職である事が触れられている(イマジンを始めとした様々な設定が異なっており、本編とはパラレル扱い)。

余談

野上良太郎を演じた佐藤健は当時17歳で、『仮面ライダーゴースト』の主人公・天空寺タケルを演じた西銘駿と共に単独主人公最年少記録タイ保持者である(ただし厳密には放送開始時点で佐藤が17歳と10ヶ月7日、西銘が17歳と7ヶ月12日と西銘の方が約3ヶ月若い。また、「単独主人公」に限定しなければ最年少記録保持者はフィリップを演じた菅田将暉で、放送開始時点で16歳と6ヶ月13日である)。
また、初の演者が平成生まれの主人公である。

作中ではイマジンに憑依されると、憑依されたイマジンの声になるが、当初はイマジン本人の声だったり、良太郎とイマジンの声両方で話すパターン、良太郎の声そのままにイマジンの口調になるパターンの三パターンが存在していた(さらば電王の予告編では三番目のパターンになっている)。


関連タグ

仮面ライダー電王 電王 主人公
M良太郎 U良太郎 K良太郎 R良太郎 W良太郎 D良太郎 A良太郎
野上愛理 ハナ 桜井侑斗 野上幸太郎
モモタロス ウラタロス キンタロス リュウタロス ジーク

関連・類似記事

  • ラッキー:宇宙戦隊キュウレンジャーの主人公。『宇宙一運がいい』を自称しているが、実際は良太郎と同じく不運やトラブルにぶつかりやすい体質。それを強烈な前向き根性で受け止め乗り越えて行くポジティブシンカー。
  • 青山晶:仮面ライダーW最終話のゲスト。『自分は何もできない』と嘯いて自分の弱さから目を逸らしていたが、ライダーと出会った事を切っ掛けとし、上記の言い訳を『人の手を借りて事態を進めることの上手さ』に昇華。続編ライダーの協力者の一員となった。この彼が見出した物を良太郎は物語開始以前から持っていたと言え、それを当人が確信していく過程を描いたのが電王本編だとも解釈可能。また、姉(青山唯)がいる共通点も持つ。
  • 左翔太郎:上の晶に弱さと向き合う力を与えた人物であり、1号ライダーとしての後輩。彼もまた人外になった相棒と一体化して戦った『弱いけど困難に負けじと踏ん張る普通の人間』であり、それ故に復讐者となっていた男のストッパーとなり、只の人間と侮った敵の意表を突いて逆転の突破口を切り開く正に『切札(ジョーカー)』と呼ぶに相応しい軌跡を辿った男。『W』最終話の時点では相棒を失った悲しみに耐えながら戦っていたが、晶の心を動かした直後に相棒が復活・帰還。踏ん張っていた努力が報われる事となった。
  • 漢堂ジャン夢原のぞみ:ニチアサ同期の主人公。


天道総司野上良太郎紅渡









平成ジェネレーションズFOREVER』ネタバレ注意!!

























平成最後の劇場作品『MOVIE大戦』シリーズ「仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER」が2018年12月22日に公開。

アナザー電王の出現やモモタロスを演じる関俊彦氏の出演から、ファンの間では電王が関連してくると前々から考えられていた。

劇中、アナザー電王に本物の電王が立ちはだかる。電王は次々とフォームチェンジしていき、ロッドフォームのデンライダーキックにてアナザー電王は撃破された。
両者の変身が解除され、アナザー電王の変身者だった者に、ウラタロスに憑依されたある男が手を差し伸べる。

その男の顔は……






















「仮面ライダー電王。まぁ、愛と正義のタイムパトロールってとこ。忘れちゃった?」




釣られました


なんと野上良太郎であり、オリジナルキャストの佐藤健氏ご本人である。
完全なサプライズ登場であり、『さらば電王』以来実に10年ぶりとなる佐藤氏の良太郎に、公開初日の劇場ではどよめきが起こり、感動のあまり泣く者まで現れたという。

その後のイベントでプロデューサーの白倉氏は、撮影面でも情報統制を徹底し、電王関係者である関俊彦氏なども含めて、公開当日まで極秘で佐藤氏の出演を隠していたと語っている。
また、電王のパートは当時のメインライターである小林靖子氏にお願いしており、本作のメインライターである下山健人氏でさえ佐藤氏の出演は知らなかったという

今回はU良太郎での登場となったが、これは佐藤氏の「今の歳で良太郎を演じたらみんなの夢を壊してしまう」「10年経って良太郎が成長しているのはいいことだが、一方それは夢を壊すことでもある」という意向からであったことも語られている。
ウラタロス役の遊佐浩二氏も、『電王』当時は良太郎の人格を完全に乗っ取っていたが、今回は良太郎が成長していたため、佐藤氏に寄せて演じた旨を明かした(遊佐氏はこれに関して「溶け合うように」と表現している)。
『電王』本編同様の乗っ取る形で演じたバージョンも先に収録したが、最終的に寄せて演じたバージョンが採用されたとのこと。

今作の良太郎の年齢こそ不明だが、(仮にジオウやFOREVER世界の歴史と合わせれば)幸太郎の存在を考慮するとすでに子供がいるか、が誕生していてもおかしくない年齢であるため、「電王当時の雰囲気の良太郎」と「10年経ち成長した良太郎」のどちらもファンの夢を壊しかねない。そのため、U良太郎を選択したのは英断ともとれる。

なお、今回のイマジン憑依は『電王』初期に見られた「人間とイマジンの声がオーバーラップする」方式がとられている。(そのため遊佐氏の完全吹き替えではない)

『電王』本編中では「仮面ライダー」という単語は登場しない(実際に登場したのは『ディケイド』以降)。そのため、上記のセリフが佐藤氏演じる良太郎が初めて「仮面ライダー」と名乗ったセリフとなった。

『ジオウ』本編の電王編では良太郎は登場しなかったが、EP39では侑斗がモモタロスに対して「野上のイマジン」、EP40ではモモタロスがソウゴを褒めながらも「ま、良太郎ほどじゃねえけどな!」とそれぞれ発言している、他、『プリティ電王とうじょう!』でも、「どっかの誰かさんと同じこと言いやがって…」と、その存在が感じられる描写がなされている。

関連記事

親記事

電王 でんおう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「野上良太郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1076142

コメント