ピクシブ百科事典

トライチェイサー2000

とらいちぇいさーにせん

仮面ライダークウガが使用するバイク。
目次[非表示]

詳細

仮面ライダークウガが第4話から第33話まで使用していたマシン。元々は警察が開発した新型の白バイ「トライチェイサー2000A」の試作品であり、第4話で一条薫からクウガこと五代雄介に託された物である。
グロンギとの初戦では、瞬足を誇るズ・メビオ・ダとの戦いで活躍、それ以降もクウガの移動手段としてだけでなく、五代自身のドライビングテクニックを駆使した敵への突進攻撃・前輪や後輪を浮かせての打撃といった攻撃を行い、「バイクを用いての接近戦」にも多用される(撮影の際には本物のトライアルレーサーがスーツアクターを務めている)。
こうした「意地でもバイクから降りない」戦法はアメトーーク!!でもネタにされている。

その後ゴウラムの登場によって戦闘ではトライゴウラムのベースとして使用される事も多くなった。しかし、次第に金属疲労が蓄積されていき、第33話のゴ・バダー・バ戦において機能を停止した。最終戦では無事に修理され、一条が使用している。のちに量産型も登場した。

仮面ライダーディケイド』に登場する並行世界のクウガ/小野寺ユウスケも同型機を使用している。名称も「トライチェイサー2000」のままの様子。

特徴

クウガの頭部に似たヘッドの色は自在に変える事ができる。初登場時は警察車両の為に白黒だったが、雄介が使用するようになってからは、クウガに変身している時は金色にしている。
警察車両のため無線が内蔵されており、警察からの情報をいち早くキャッチできる。無線受信時の音が印象に残っている視聴者も多いことだろう。
コントロールパネルは当初ダイヤル入力タイプだったが、メ・ガドラ・ダによって破壊されて以降はテンキータイプに改修されている。
片方のハンドルはエンジンキーを兼ねており、引き抜いたハンドルは長く伸ばす事で警棒「トライアクセラー」になる(後継機のビートチェイサー2000にもこの機構は継承される)。ただし劇中では警棒として使用される場面はなく、主にタイタンソードのベースとして使用される(次作仮面ライダーアギトに登場する仮面ライダーG3の活躍にて、アクセラーが警棒として使用される場面がようやく日の目を見た)。

余談

ハンドルがエンジンキーと武器を兼ねるバイクは既に「特警ウインスペクター」で登場しており、後のシリーズでも、前述の仮面ライダーG3や仮面ライダーファイズマシンが該当する。

仮面ライダークウガ
仮面ライダークウガ & トライチェイサー



さらにどうでもいい余談

白井式三国志』ではライダーマニアの姜維愛馬に「トライチェイサー」と名付けていた。

関連タグ

仮面ライダークウガ クウガ 五代雄介 ゴウラム トライゴウラム 一条薫

トライチェイサー:表記揺れ
ビートチェイサー2000(後継機)
オートバジン:引き抜いたハンドルが主役ライダーの剣に変形する点が共通。
トライドロン:同じく警察車両。

pixivに投稿された作品 pixivで「トライチェイサー2000」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24883

コメント