ピクシブ百科事典

一条薫

いちじょうかおる

「仮面ライダークウガ」に登場する刑事。
目次[非表示]

演:葛山信吾

概要

1974年4月18日生まれの25歳→26歳。血液型はAB型名古屋市出身(第16話では名古屋弁を話すシーンもある)。
長野県警警備課に所属する刑事で、クウガの正体を知る人物の一人であり、五代雄介の良きパートナー。本作のもう一人の主人公である。

長野県九郎ヶ岳の遺跡発掘現場で起きた事件を追ううちに未確認生命体に遭遇し、広域指定された同種の事件を集中的に扱うために警視庁内に設置された「未確認生命体合同捜査本部」に派遣された。階級は警部補。
作中どころか仮面ライダーシリーズ内でも1,2を争う射撃の名手でもあり、高性能ライフルコルトパイソンなどを使いこなす。ゴ・ガメゴ・レとの戦いでは、クウガに羽交い絞めにされたガメゴの指にはめられた指輪を全て撃ち落とすなどの離れ業も見せつけた。
観察眼・洞察力も鋭く、車やモーターボートを操縦し、グロンギへの囮役も引き受ける。
そして驚異的な耐久性を持つ。当初はズ・ゴオマ・グの攻撃で昏倒、肋骨を三本折って病院送りにされる程度だったが、物語が進むにつれ

  • ゴオマ究極体のパンチを受けても痛がる程度で済む
  •  ゴ・ガドル・バに殴られ階段から落ちている最中に銃で反撃
    • さらに数m下のスケートリンク場まで突き落とされるが痛がる程度
と、常人離れした不死身ぶりを発揮している。
だが携帯をマナーモードにすることは苦手。

飄々とした雄介とは対照的に冷静沈着で堅い性格だが、決して非情ではなく内に秘めるものは熱い。警察官としての「正義」の在り方、理想の為ならば己や私情を犠牲にする事も厭わない。
当初は民間人である雄介を戦いに巻き込むまいと遠ざけようとしていたが、第2話での戦いを経た後、第4話にて、雄介が自身と同じく自分より他者を優先させる性格であることを理解し、「中途半端はしない」という彼の意志を汲んでトライチェイサー2000を提供(後の第6話では「(自分が)止めても(雄介は)止められない」と悟ったからであるとも明かしている)。以降彼と強い友情で結ばれていくことになる。

めったに笑わない性格で、たまに笑みをこぼすと周りから驚かれる。警視庁に派遣後、独り身でありながら周囲からは何故か彼女がいると思われている。
母親は看護師で、名古屋西市民病院に勤務している。時折心配するような言葉を吐くなど親孝行な一面もある。
父親は同じく警察官であったが、薫の10歳の誕生日に殉職している(増水した川に転落した人々を助けるために犠牲となった)。亡き父を尊敬して警察官の道を選んだとのこと。
そのため誕生日には決してプレゼントを受け取らないようにしており、可能な限り母の元に会いに向かうことにしている。

バラのタトゥの女」ことラ・バルバ・デとは不思議な因縁がある。
人類側で直接対話したのは一条だけである。最終的には自らの手で銃弾を打ち込み彼女を倒した(その際生死は不明だったが…)。

守人
#48 空我



ン・ダクバ・ゼダが倒された後は長野県警に戻っていった。

そして、13年後

クウガがダグバを倒してから13年後を描いた『小説仮面ライダークウガ』では、実質的な主人公として登場。
本作ではTV版では描かれなかった亡き父とのエピソード、なぜ警察官を目指したかについてより深く描かれており、一条ファンには必見の内容となっている。

伝説は、



余談

本作本編に登場する仮面ライダーはクウガのみであるため、二次創作における他平成作とのクロスオーバー作品では、2号ライダーポジションに宛がわれることが多い。

関連タグ

仮面ライダークウガ 五代雄介 ラ・バルバ・デ
八代藍

仮面ライダーシリーズの警察官(捜査官)キャラクター

滝和也 氷川誠 須藤雅史 鈴木一哉 照井竜 泉信吾 大門凛子 泊進ノ介
(ポリスライダーズも参照)

関連記事

親記事

仮面ライダークウガ かめんらいだーくうが

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「一条薫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 190681

コメント