ピクシブ百科事典

ゴ・ガメゴ・レ

ごがめごれ

『仮面ライダークウガ』に登場するグロンギ(怪人)の一人。
目次[非表示]

「ジョブビダバ ゴセンゲゲルン ランババビ(よく来たな、俺のゲームの真ん中に)」

「ゴセビガダスドパ グンボパスギジャヅザ(オレに当たるとは、運の悪い奴だ)」

「ボンバボグガスビ ボドダンリント(リントの言葉に、こんなのがある)
 ケ・セラ・セラ(なるようになる)」

データ

身長214cm
体重268kg
人間態/CV酒井一圭


解説

EPISODE 25「彷徨」〜EPISODE 30「運命」に登場。

ゴ集団で3番目にゲリザギバスゲゲルを開始したリクガメ種のグロンギで、警察からの呼称は「未確認生命体第39号」
人間態は黒いスーツを着用し中折れ帽子を被った、どことなく松田優作っぽいギャンブラー風の出で立ちの男。

運を意識しているためかリント(人間)の作ったギャンブルを嗜んでいるようで、劇中では項目トップの台詞のように運に関するセリフを頻繁に口にしている他、アジトにてザザルジャラジと一緒に円形トランプで遊ぶ描写があり、後述のように自身のゲゲルにもギャンブル道具を利用している。



外見・能力

胴体の頑丈な甲羅に鎖を巻きつけ、首回りには布を巻いている。身体には球状の装飾品を幾つも付けており、これを巨大化させてスイカ程もある大きさの鎖鉄球にし、投擲したり手に持って振り回して攻撃する。

体が甲羅で覆われているだけに凄まじい頑丈さを持ち、高層ビルの屋上から転落しても殆どダメージを受けず(気絶したフリをしてクウガを騙し討つ余裕すら見せている)、金の紫のクウガの封印エネルギーを乗せた必殺の突きにも耐えた。
鉄球は炸裂後は小さくなる(クウガを絞め殺そうとした際、一条が鎖を狙撃して引き千切った直後にもすぐに小さくなっていた)ため、凶器の特定は困難を極めた。

ゲゲルの移行

アジトとして使用しているカジノのルーレットが示した数字でゲゲルを行う場所を決め、そこへ鎖鉄球を雨の様に降らせる事で人間を圧殺する」という実に乱暴なゲゲルを行い、人間だけでなく周囲の器物や建物にも甚大な被害をもたらした。鉄球の一撃はコンクリートをも砕き、紫のクウガですら倒れて気絶するほどのダメージを与えた(椿の見立てでは、常人なら全治5か月はかかるほどボコボコだったようだが、当の五代アマダムの変質による金の力の発現に伴い、回復力が劇的に向上し約3時間で完治している。しかしこの回復力の上昇は、自然の摂理を完全に反するものである為、体に相当な負荷がかかり、激しい痛みが伴うという)。
恐ろしいことに命中率も高く、1回目は54発の内、37発命中、2回目は54発の内、51発命中していると言えばその恐ろしさがわかるだろう。

初戦では、金の紫のクウガの必殺技(ライジングカラミティタイタン)を凌ぎ、鉄球の連投で彼を昏倒させる。
再戦時は赤のクウガと目見え、鎖で捕縛して締め殺そうとするが、一条の狙撃によって両手の五指に装備していた鉄球の素体を全て撃ち落とされ、自分もビルの屋上から転落させられてトライゴウラムの突進で人気の無い工場跡へと運ばれ、そこで激しい肉弾戦を展開する。

最期は新たに金の赤の力を発現させたクウガの必殺キック(ライジングマイティキック)を受け、その莫大な封印エネルギーに耐えきれず爆死
その際の超巨大爆発で、半径3㎞が炎に呑まれて消し飛んだ。

その後、一条によって撃ち落とされた鉄球は第36話でゴ・ジャラジ・ダの鉤針と共に科学警察研究所に回収され、モーフィングパワーの研究に使われる事となった。

人間関係など

ゴ・バダー・バがゲゲルの進行状況をラ・ドルド・グに尋ねるなど、バダーとは仲が良かった模様。
たまたま通りかかった蝶野潤一にぶつかって彼を気絶させてしまったが、ゲゲルが一段落した為か殺害することなく放置して立ち去った。


余談

演者の酒井氏は、後に百獣戦隊ガオレンジャーガオブラック/牛込草太郎を演じた。

なお、高寺Pのツイートによれば、首の襟巻は亀の首の弛み部分を図案化したものとのこと。

HEROES版

「俺はキングのカードが好きだ。スペードのKのモデルは古代イスラエル伝説の王――ダビデ
「敵国の巨人ゴリアテと戦った時、ダビデは礫を投げゴリアテの額を割ったという」

「――これが俺の、王(ダビデ)の礫だ!」

体格はよりマッシブになっており、生物的になっているが、他のグロンギと比べるとTVとあまりデザインが変わっていない。
人間態はがっちりした体格とギザ歯の男性で、服装自体は白くなったこと以外はTV版に似ていなくもない。
TV版と同じく指輪を変化させた鎖鉄球を武器とする他、体を丸めて突撃する技を持つ
小石を指で弾くだけで自動車を爆砕する圧倒的なパワーや、タイタンソードを通さぬ堅さはもちろん、亀とは思えぬほどのスピードも有し、メとゴの格の違いを端的に表していると言えよう。
TV版同様ギャンブル、特にポーカーを好み、駿河徹也程ではないにしろ凄まじいまでの強運の持ち主。また、リントの歴史を調べそこに登場する英雄に対して敬意を持っている。強者との戦いを望むストイックなところもある。

活躍

違法カジノでのポーカーでチップを稼ぎ、最高額のチップの枚数だけ鉄球を投げるというゲゲルに挑む。
神経断裂弾や片桐章馬が変身したアギトの攻撃も撥ね付け、クウガ(タイタンフォーム)をも打ち負かすが、クウガはもっと強くなるという考えから見逃し、姿を消す。
その後駿河や片桐と「ゲゲルの続行」を賭けてポーカーで勝負するも、駿河の強運の前に敗れたこと等から一旦撤退。片桐が「負けたら殺人をやめる」という駿河との約束を反故にしたことに怒り、圧倒的な力で彼を叩き潰した上霊石を抉り出して変身能力を封じる。ただしゲゲルのルールに反しないよう命は取らなかった。
後日ゲゲルの邪魔となりうる駿河を自宅まで尾行し、彼との決闘に応じる。断裂弾を眼に撃ち込まれても眼ごと抉り出すことによって致命傷を免れ、駿河が英雄かもしれないということで見逃す。
その後しばらくは駿河との約束(ポーカーに負けたらゲゲルをやめる)を守っていたが、津上翔一との勝負で負けを取り戻し、ゲゲルを再開。翔一が変身したアギトを叩き潰す。が、駆けつけた五代雄介が変身した新たな姿……金の赤のクウガのキックに正面から受けて立とうとするも、そのまま体を貫かれて爆散した。

「そ、そうだ……こんな勝負が……したかった……のだ…」
「ただ…俺が…ダビデに倒される巨人(ゴリアテ)役とは……――気にくわぬ……が…な……」

関連タグ

仮面ライダークウガ グロンギ ゴ集団
ライジングマイティ

リクガメヤミー:亀で鉄球なライダー怪人。
左翔太郎:松田優作みたいな見た目の仮面ライダー。

Web archive「仮面ライダークウガ」公式サイト kuuga dimension GURONGI

関連記事

親記事

ゴ集団 ごしゅうだん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴ・ガメゴ・レ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 105436

コメント