ピクシブ百科事典

ライジングドラゴン

らいじんぐどらごん

ライジングドラゴンとは、仮面ライダークウガの強化形態の1つである。
目次[非表示]

概要

五代雄介グロンギとの戦いで瀕死状態になった時、椿秀一の電気ショックによって体内の霊石アマダムが器質変化、更に五代の「強くなりたい」という意思を受けた事で変身できるようになったドラゴンフォームの強化形態。跳躍力や俊敏性を中心に強化されているが、腕力も通常のドラゴンフォームに比べてかなり向上している。制限時間は30秒。
仮面ライダーディケイドには登場しなかった。

外見

古代文字が刻まれている肩の周囲、首周りのラインが金色に変化している。肩アーマーも青地に金のラインが入ったものになっている。変身ベルト・アークルにも金色のパーツが発生し、モーフィングクリスタルは金色へ変化、「ライジングアークル」となる。アームドグローブ(拳)の手甲部分には「流水」を意味する超古代文字が刻まれる。

ツール

ライジングドラゴンロッド

ドラゴンロッドの強化版。両端は「矛」のような金のブレードに変化している。

必殺技

ライジングスプラッシュドラゴン

スプラッシュドラゴンの強化版。ドラゴンフォーム以上のジャンプ力を活かして空中に舞い上がり、ロッドの先端に備わる矛状のブレードを敵に突き立てる。

劇中での活躍

ゴ・ベミウ・ギの低温鞭に苦戦していたが、一瞬のスキをついてライジングドラゴンに強化変身。ライジングスプラッシュドラゴンで腹部を突き刺し海上の彼方に投げ飛ばし、爆発させた。
ライジングフォームの中では敵を倒した回数が最も少なく、強敵ゴ・ジャーザ・ギ戦では、敵が封印エネルギーに耐えた上に剛力体に超変化して再度襲いかかってきたため、倒すことはできなかった。

関連タグ

仮面ライダークウガ ドラゴンフォーム
ライジングマイティ ライジングペガサス ライジングタイタン

pixivに投稿された作品 pixivで「ライジングドラゴン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8914

コメント