ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ライジングドラゴン

らいじんぐどらごん

ライジングドラゴンとは、特撮テレビドラマ『仮面ライダークウガ』に登場するヒーロー、およびその形態の一つ。
目次 [非表示]

.

身長200cm
体重92kg
ジャンプ力ひと跳び50m

概要

物語後半より登場するクウガの強化形態「ライジングフォーム(金の力)」の一つで、「青の金のクウガ」の通称を持つ。

その名の通り、ドラゴンフォームがライジングパワーによって強化されたもので、青い生体装甲には金の縁取りが施されている他、元は黒一色であった両肩の装甲も同様に金に縁取られた青色へと変化しており、ライジングタイタンほどでないにせよ強化前後の印象が異なる出で立ちとなっている。

この他にも、アームドグローブ(拳)の手甲部には「流水」を意味するリント文字が新たに刻まれている。


ドラゴンフォームの強みであった、ジャンプ力と瞬発力がさらに強化されており、前者に至っては強化前の2倍近く、基本形態たるマイティフォームからすれば3倍以上の数値を叩き出す。その特性を活かすことで、相手からの攻撃も軽やかに回避可能となっている。

ライジングパワーにより、武器も両端に金色の刃が備わったライジングドラゴンロッドへと強化され、跳躍から相手の間合いへと飛び込み、矛のようにその刃を突き立て封印エネルギーを注ぎ込む「ライジングスプラッシュドラゴン」がこの形態での必殺技である。


一方で、作中におけるライジングドラゴンの登場回数はわずかに2回、さらに言えば撃破したグロンギも初戦の相手であるゴ・ベミウ・ギのみと、他のライジングフォームに比べて扱いはそこまで良い方ではない。

そもそもドラゴンフォームの「低い腕力を素早さと手数の多さで補う」という基本戦法が、30秒しか変身を維持できないライジングパワーや、高い耐久力・腕力を備えている上位集団のグロンギ達とは致命的に相性が悪いものでもあり、他のフォームでは対応できない高所への移動についても通常のドラゴンフォーム(もしくはゴウラム)で事足りる場合が殆どであるため、ライジングドラゴンの出番が少なめとなるのも必然といえば必然・・・なのかも知れない。


HEROES版

同作では、五代ゴ・ブウロ・グを倒すため警察との共同作戦を行った際に、直前にサチの幻影から彼女の死の真実を聞かされたことにより、もう二度と大切な人を失いたくないと決意を固めたことで、それまでグロンギ相手に用いていなかったドラゴンフォーム、そしてライジングドラゴンへの変身をぶっつけ本番で行う(※)という形で初登場を果たした。

ブウロの再生能力を上回る攻撃速度と、ブウロの飛行能力を超えるジャンプ力で彼を追い詰め、ライジングスプラッシュドラゴンの連撃で体を両断する致命傷を与えたが、ブウロの生命力が並外れていたために完全なとどめには至らなかった。


(※ ドラゴンフォームへの変身自体は、五代がアマゾンに行っていた際に体得していたことが作中で言及されている)


関連タグ

仮面ライダークウガ

ドラゴンフォーム ドラゴンロッド


ライジングフォームライジングマイティ ライジングペガサス ライジングタイタン

関連記事

親記事

ライジングフォーム らいじんぐふぉーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33396

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました