ピクシブ百科事典

ドラゴンロッド

どらごんろっど

ドラゴンロッドとは、特撮テレビドラマ『仮面ライダークウガ』に登場する武器の一つ。
目次[非表示]

「来たれ!海原に眠る水龍の棒よ!」

概要

仮面ライダークウガ ドラゴンフォームが使用する、型の武器。
ドラゴンフォームの短所である腕力の低さを補う、長いリーチと攻撃力を備えており、五代雄介の「2000の」の一つである「中国棒術」と組み合わせる事で敵を翻弄する。また両端は伸縮自在な構造となっており、その長さは最大で2mにも及ぶ。
アークルや他のフォームの武器と同様に、本体には武器の特性を表す超古代文字(リント文字)が刻印されており、ドラゴンロッドの場合は記事冒頭に示した一文がこれに該当する。

使用の際には、クウガに備わっている「モーフィングパワー」を活用し、「長きもの」を手にする事でその形状を変化させ、都度都度ドラゴンロッドを生成する必要がある。戦闘が終了し使用の必要がなくなった場合、ドラゴンロッドも元の形状へと戻るようになっている。
「長きもの」であれば特に材質や形状に制約がある訳ではなく、作中では手すり鉄骨木の枝など、その場に存在するある程度の長さの物体を拾い上げ、ドラゴンロッドへと変化させるというパターンが殆どであった。

必殺技は、ドラゴンロッドの先端から相手の体内に封印エネルギーを流し込む「スプラッシュドラゴン」。ジャンプしてから先端を突き立てるパターンが代表的なものだが、それ以外にも戦闘の流れの中で相手を打ち据えるパターンも存在する。

ライジングドラゴンロッド

ライジングドラゴン 【修正ver】


ライジングドラゴンへのパワーアップに伴い、ドラゴンロッドが変化した姿。
ドラゴンロッドの両端に、ライジングパワーを秘めた金色のが追加され、長刀のような形状へと変化している。
武器自体の打撃力・刺突力もさらに向上しているほか、ライジングフォームへと強化された事による怪力を駆使し、必殺の「ライジングスプラッシュドラゴン」で敵を刺し貫いてから、遠方へと投げ飛ばすといった戦法も用いる事ができる。
その鋭い刃先を活かして相手を斬り付ける事も勿論可能だが、突く方がより多くの封印エネルギーを注ぎ込めるようで、ゴ・ジャーザ・ギを相手にした際には彼女が剛力体へと変化していた事もあり、斬撃によって叩き込んだ封印エネルギーを耐え切られてしまった。

玩具

ボタンを押す事による両端の伸長ギミックと、先端に仕込んだ鈴によるサウンドギミックを搭載。先端の金色の部分は玩具的アレンジなのか、クリアーパーツとして処理されている。
この他に、ドラゴンフォーム用のハンドコントロールリングが付属する。

番組後半に発売された「ライジングパワーセット」(別売)に付属する「ライジングブレード」を分割し、専用のアタッチメントを介して両端に取り付ける事で、ライジングドラゴンロッドを再現する事も可能である。

関連項目

クウガ ドラゴン 鉄棒
ペガサスボウガン タイタンソード

ライダーウェポン
ストームハルバード

関連記事

親記事

ドラゴンフォーム どらごんふぉーむ

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ドラゴンロッド」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ドラゴンロッド」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3436

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました