ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ズ・バヅー・バ「ゴグザ ゴンガゴグギギ(そうだ、その青がいい)」

曖昧さ回避

1.「仮面ライダークウガ」に登場する同名ヒーローの形態のひとつ。→本稿で解説
2.「仮面ライダービルド」に登場する「仮面ライダーエボル」の形態のひとつ。→ドラゴンフォーム(仮面ライダーエボル)

概要

「もっと高く跳びたい」と思った五代雄介が変身したクウガの戦闘形態の1つ。劇中ではのクウガ」と呼ばれている。

アイデンティティワードは「邪悪な者あらば、そのを無に帰し流水の如く邪悪を薙ぎ払う戦士あり」

外見

仮面ライダークウガ


複眼アーマー・モーフィングクリスタルが青くなっている。ただし、肩アーマーは黒い。


スペック・戦闘スタイル

パンチ力1t
キック力3t
ジャンプ力ひと跳び30m
走力100mを2秒


パワーマイティフォームに比べて落ちるが、その分スピードジャンプ力が増している。マイティフォームのような単純な肉弾攻撃では相手に有効打を与えづらいので、ドラゴンロッドに加え、五代の「2000の技」の1つである中国武術の型を応用した戦闘スタイルをとる。
また、仮面ライダードレイク等のように水中での活動に特化している訳ではないが、を象徴する戦士に相応しく水辺での戦いも得意。

ツール

ドラゴンロッド

鉄パイプや流木などの「長き物」を変形させたロッド。伸縮自在。棒術中国武術の棍法と思われる)の技を応用して使用される。

必殺技

スプラッシュドラゴン

スプラッシュドラゴン!!
スプラッシュドラゴン!


封印エネルギーを集中させたドラゴンロッドの先端で、敵に突きを見舞い、エネルギーを送って爆散させる技。空中に跳び上がるパターンとそのまま突きや打撃を与えるパターンがある。

劇中での活躍

ジャンプ力が高く素早いズ・バヅー・バに対して変身したが、攻撃力が低くなっていた事で苦戦を強いられ、初戦は敗退する。再戦でも最初は青の姿での使い方が分からず苦戦したが、古代文の解読に成功した沢渡桜子の言葉を受けてドラゴンロッドを鉄パイプから生成、スプラッシュドラゴンでバヅーを撃破した。
その後もグロンギ攻撃をかわすための様子見で変身する事が多く、高所への移動やビルからビルに飛び移る際にも重宝された。

HEROES版

 なんとドラマ版とは異なり派生フォームでは最後の登場。バヅーはマイティフォームで倒してしまった。メ集団どころかゴ集団まで出てきてライジングマイティも登場した後での登場だった。
 この形態への変身自体はガメゴ戦の後、アマゾンに行っていた際に可能になっており、ブウロ戦で初登場したが、すぐにぶっつけ本番でライジングドラゴンに変身したため、出番は短い。

仮面ライダークウガ


 コントロールクラウン (角) の内、外側の2本が側頭部に回り込む形で伸びており、全体的にのような形状をしている。ショルダーブロッカー (肩当て) は無く、肩や太ももには鋸のようなギザキザがある。

関連タグ

仮面ライダークウガ クウガ ライジングドラゴン
マイティフォーム ペガサスフォーム タイタンフォーム

ブルーヒーロー 水属性

仮面ライダーX:『オールライダー対大ショッカー』で小野寺ユウスケの変身したクウガドラゴンが対戦した相手。ドラゴンと同じく水に強い棒術の達人ライダー。

ガルルフォーム:『仮面ライダーキバ』に登場する主人公ライダー・キバの形態の1つ。ジャンプ力・スピードに優れている、イメージカラーが青主体で共通点がある。ただしこちらの武器は剣である。

仮面ライダークローズ:『仮面ライダービルド』に登場する2号ライダーイメージカラーが青、ドラゴンモチーフという共通点がある。こちらも武器を使用することはあるが、どちらかと言えば格闘術をメインに戦う。

ドラゴンフォーム(仮面ライダーエボル)仮面ライダーエボルが変身する同名の形態。

関連記事

親記事

超変身 ちょうへんしん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ドラゴンフォーム」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ドラゴンフォーム」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 152897

コメント