ピクシブ百科事典

ゴ集団

ごしゅうだん

仮面ライダークウガの敵・グロンギにおける集団の1つ。
目次[非表示]

詳細


ゲゲルを行うグロンギの3集団では頂点に位置する集団。劇中では未確認生命体第37-46号がこの集団に該当する。

メンバーは10人と3集団では極めて少ない人数だが、その実力は3集団で1番高くクウガもライジングフォームなどの強化形態に変身せざるを得ない程の強さを誇る(一部例外あり)。戦闘時には身体の装飾品を変化させた手持ちの武器を使用する個体が多い。
メ集団のグロンギが後述するゲリザギバスゲゲルと同様のルールでゲゲルを行う事でゴ集団として扱われ、成功する事で正式に昇格となる(普通にゲゲルを行って成功しても昇格は可能な模様)。

武器を使用して一定の法則に従い多数の人間を殺害するゲリザギバスゲゲルを行い、成功する事でダグバと戦うザギバスゲゲルに挑戦し、ダグバに勝利してベルトを受け継ぎ、その力を手に入れる事を最終的な目的としている。
なお、ゲリザギバスゲゲルの勝利者にはザギバスゲゲルを辞退してラ集団となる道もある。

ゲドルード内のゲブロンの力が強大であるため、クウガに倒されると大爆発(特にライジングマイティキックで止めを刺すと周囲半径数kmに渡る)を起こす。ゴ・ブウロ・グゴ・ベミウ・ギを倒した際は、それぞれ都市上空と沖合で爆発したため被害は無かったが、市街地でゴ・ガメゴ・レを倒した結果周囲に及ぼす被害規模が広く認知され、警察が緊急会議を開きビートチェイサーの譲渡を躊躇する事態が発生した。このためクウガはとどめを刺す際にトライゴウラムビートゴウラムを用いて人口密集地から引き離すか、閉鎖された地下施設等に移動しなければならなくなった。この一事によってクウガと警察の協力が促進された。

外見

名前の由来は「ールド」と思われるが、他の2集団と異なりベルトやプロテクターに金の意図は見られない。身体には武器として使用する装飾品を着けている。
人間態は現代人から見ても全く違和感の無い服装をした個体が多い。

メンバー

ゴ・ブウロ・グ(未確認生命体第37号)

最初にゲリザギバスゲゲルを開始したフクロウ種のグロンギ。人間態はサングラスをかけた知的な青年で、外国文学などの読書を趣味としている。
背の翼で空中を高速かつ無音で飛行し、吹き矢を連射して標的を1人も逃がさず撃ち殺す。再生力もかなり高い。

ゴ・ベミウ・ギ(未確認生命体第38号)

水関連の場所を中心に活動したウミヘビ種のグロンギ。人間態は妖艶な雰囲気の女性で、高いピアノの演奏力を持つ。
鞭で冷気を操り、熱を奪って相手を心臓麻痺で殺害したり武器を凍らせて砕いたりする。

ゴ・ガメゴ・レ(未確認生命体第39号)

かなり甚大な被害をもたらしたリクガメ種のグロンギ。人間態は松田優作のような服装をしたギャンブラー風の男性。
無数の鎖分銅を雨のように降らせて多数の犠牲を出した。身体の甲羅はライジングタイタンの必殺技にも耐える防御力を誇る。

ゴ・ジイノ・ダ(未確認生命体第40号)

ビデオ版に登場したイノシシ種のグロンギ。人間態は未登場。
先が2つに分かれた槍を武器に持つ。ゴ集団では珍しく、それ程の強敵ではなかった。

ゴ・バダー・バ(未確認生命体第41号)

ズ・バヅー・バの双子の兄であるバッタ種のグロンギ。人間態はマフラーをしたアフロヘアーの青年で、よくコイントスをしている。
専用バイク・バギブソンを乗り回す。他のメンバーからも一目置かれる実力者。

ゴ・ジャラジ・ダ(未確認生命体第42号)

陰湿かつ狡猾なヤマアラシ種のグロンギ。人間態は子供じみた仕草の多い青年。
針を標的の脳天に刺し、数日後に脳内で変化させて殺害する。敢えて殺害に時間をかける事で相手が死の恐怖に怯えるのを見て楽しむ卑劣漢。

ゴ・ザザル・バ(未確認生命体第43号)

短気で好戦的なサソリ種のグロンギ。人間態は気だるそうな雰囲気の派手な女性。
手に装備した鉄の爪から強酸性の液体を飛ばして相手を溶かす。かなりの毒舌家。

最強3人衆

ゴ集団で最も上位に君臨する3人。クウガのフォームチェンジと同様により高い戦闘力に特化した形態に変身する事が出来、その実力は他のメンバーを凌駕する。

ゴ・ジャーザ・ギ(未確認生命体第44号)

頭が良く知恵の回るシュモクザメ種のグロンギ。人間態は眼鏡をかけたOL風の女性で、ノートパソコンを使用する。インターネットをゲリザギバスゲゲルの予告に使用する自信家。
水中を高速で移動し、銛を投げて攻撃する俊敏体と剣を武器にする剛力体の2つの形態を持つ。

ゴ・バベル・ダ(未確認生命体第45号)

屈強なバッファロー種のグロンギ。人間態はバンダナを頭に巻いた厳つい男性。
メリケンサックを装備した格闘体と、鉄鎚を振り回す剛力体の2つの形態に変身できる。どちらも攻撃力は高く、防御力に優れたタイタンフォームにも傷を負わせた。

ゴ・ガドル・バ(未確認生命体第46号)

ゴ集団及び3人衆のリーダー格に当たるカブトムシ種のグロンギ。人間態は軍服を着た威厳のある男性。
グロンギではトップクラスの強さを誇る。クウガと同様に4つの形態を持ち、同じ技や武器を使用する。後にライジングフォームに当たる5つ目の形態・電撃体への変身能力も身に付けた。

結末(ネタバレ注意)

ガドルがアメイジングマイティに敗れ去った事で壊滅。
これによって全てのゲゲルは終了し、ダグバによる「究極の闇」が開始された。

なお、公式外伝にて彼ら10人よりも前にクウガのプロトタイプにより封印されていた存在が判明している。

ゴ・ライオ・ダ(未確認生命体49号)

小説に登場した残党組の最強最後のプレイヤーで唯一階級が判明しているグロンギ怪人で、バルバ曰く金の黒のクウガでも勝てるかどうかという程の実力者。
知略に長けた戦略家で、長きに渡り人間社会に溶け込み確固たる社会的地位に上り詰め、着々とゲゲルの下準備を推し進めていた。
ガドルよりも実力者とされているだけあり、クウガの封印エネルギーを無効化出来る特殊な能力を持っている(でも実力はダグバよりもおそらく若干劣る)。

関連タグ

仮面ライダークウガ グロンギ ズ集団 メ集団 ベ集団

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴ集団」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13792

コメント