ピクシブ百科事典

ズ集団

ずしゅうだん

ズ集団とは、仮面ライダークウガに登場した敵・グロンギの集団の1つ。
目次[非表示]

詳細

ズ・ザイン・ダをリーダー格とする、グロンギで最も下級に当たる集団。メンバーは全員がズ・○○○・○という名前で統一されている。グムンのように特殊能力を持つ者もいるが、基本は素手で闘う肉弾戦を得意とするメンバーが多い。
最初にゲゲルを開始するも、最初の三馬鹿がいきなりゲゲルの資格を失い、続くメンバーもクウガに倒され続けた果てにザインがゲゲルに参加する前に彼らではゲゲルの達成は無理と判断したバルバの権限でメ集団へゲゲルの権利が移ってしまった。

外見

ベルトバックル色なのがメンバー共通(集団の名前も恐らく「ブロン」が由来か)。
人間態はほぼ全員が不良風の奇抜な服装をしている。時期的に寒くはないのか。

TV本編に登場したメンバー

ズ・ザイン・ダ(未確認生命体第22号)

リーダー格に当たるサイ型のグロンギ。人間態は強面の男性で、怪人態よりも体格が良い。メ集団によってゲゲルへの参加が出来ない事に怒り、勝手にゲゲルを開始する。
怪力自慢で、頭部の鋭いが武器。人間態でも五代雄介を圧倒した。

ズ・グムン・バ(未確認生命体第1号)

クウガが最初に戦ったクモ型のグロンギ。人間態は未登場。
口から粘着性のを吐き、捕まえた相手を両腕の鉤爪で仕留める。ゲゲル開始前に長野で殺戮を行ったため失格となった。

ズ・ゴオマ・グ(未確認生命体第3号)

グムンとほぼ同時期に活動を開始したコウモリ型のグロンギ。人間態は黒いを差し黒づくめの服装をした青白い男性。メからゴ集団にゲゲルの権利が移ってからも多く登場している。
飛行能力を持ち、人間を好むが、強いが苦手。
前述の行動が原因でゲゲルに参加する事は出来ず、他のグロンギからはこき使われ虐げられている。

ズ・メビオ・ダ(未確認生命体第5号)

東京でゲゲル開始前に殺戮を行ったヒョウ型のグロンギ。人間態は不良風の女性
時速270㎞の素早い動きと両腕のが武器。プライドが高く他人に触れられる事を極端に嫌い、怒りに任せてチンピラを殺したためゲゲルの権利を失った。

ズ・バヅー・バ(未確認生命体第6号)

最初にゲゲルを開始したバッタ型のグロンギ。人間態はアフロヘアーの青年。
高いジャンプ力と素早さが自慢。良く似た風貌の兄がいる。

ズ・ガルメ・レ

劇中で唯一ゲゲルを成功させたカメレオン型のグロンギ。人間態はを白く染めた青年。
身体を透明化する能力を持ち、長く伸びる舌で攻撃する。
警察に姿を確認されなかった為、この時はまだ番号を振られていない。

ズ・ジャモル・レ(未確認生命体第13号)

新聞記事が載っていたヤモリ型のグロンギ。人間態・能力共に不明。
ジャモルがクウガに倒された後、メ集団にゲゲルの権利が移った。

TVに登場しなかったメンバー

ズ・グジル・ギ(未確認生命体第7号)

クジラ種グロンギ。マイティキックで倒された。

ズ・ガルガ・ダ(未確認生命体第8号)

カンガルー種グロンギ。マイティキックで倒された。

ズ・ミウジ・ギ(未確認生命体第9号)

ウミウシ種グロンギ。マイティキックで倒された。

ズ・ガズボ・デ(未確認生命体第10号)

ウツボカズラ種グロンギ。マイティキックで倒された。
ちなみに番組の初期段階では登場予定が有ったらしく、“仮面ライダークウガボックス”に収められている『仮面ライダークウガ デザイン画集』に頭部のラフ画(検討用なので2種類)が収録されている。

ズ・ダーゴ・ギ(未確認生命体第11号)

タコ種グロンギ。マイティキックで倒された。
水系やジャンプの得意そうな怪人が多いというのに、さっきからはどうしたんだ。

ズ・ネズマ・ダ(未確認生命体第12号A)

ネズミ種グロンギ。警官に蜂の巣にされて倒された(時間切れで爆死したという説も)。

ズ・ネズモ・ダ(未確認生命体第12号B)

ネズマとの血縁関係は不明。マイティキックで倒された。

余談

クウガと最初に戦う怪人が蜘蛛蝙蝠なのは、もちろん初代ライダーへのオマージュである。


末路


作品のネタバレを含む為、記事の閲覧には注意

ゲゲルの権利が無くなった後、再起を掛けて暴走したザインがクウガに倒された事で完全にゲゲルから脱落。その後、ゴ集団によるゲリザキバスゲゲルの最中、ゴオマがグロンギの王のベルトの破片横領し、自身を強化して反旗を翻すも逆に返り討ちに遭い死亡
他にも多くのズが存在していたが、ゴオマの死後ダグバによって全員ザギバスゲゲルのウォーミングアップを兼ねて粛清された。

関連タグ

仮面ライダークウガ グロンギ

pixivに投稿された作品 pixivで「ズ集団」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11158

コメント