ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ウツボカズラ(靫葛)とは、ウツボカズラ科ウツボカズラ属の植物の総称。食虫植物としてよく知られる種類の一つである。


170種ほど知られ、マダガスカルからオセアニアまでの熱帯雨林に分布するが、ほとんどが東南アジアに生息する。


名前のウツボは捕食葉を矢入れの一種である空穂(うつぼ)に見立てたもので、カズラはつる植物のこと。


葉柄がに似せた偽葉に変化し、その先からが伸びて、落とし穴に変化した捕食葉の下まで続く。捕食葉は型で、背面の開口部からを分泌してを誘い、頂点の蓋で雨水の侵入を防ぐ。


捕食葉の中には消化液がたまっており、開口部で脚を滑って中に落ちた虫を消化吸収する。種類によっては捕食葉の消化液にも虫を誘導する成分が含まれている。


消化液は即効性こそないが意外と強い酸性であるため、まれに大型ウツボカズラの中に落ちたネズミ等の小動物がまで溶かされるといったこともある。


とはいっても精々がパイナップルの果汁と同程度の酸性値(ph4~5程度)なので、人間には別に害はない。捕食葉の口が開く前であれば中は清潔なので、切り開いて飲んでしまっても問題ないくらいである(実際、緊急時の水分補給源として利用されることもある)。


また、甘い香りで動物を誘き寄せてをさせ、消化するというトイレのような進化をした種類も存在する。


似たような食虫植物としてサラセニアフクロユキノシタが挙げられるが、どれもお互いに他人の空似で収斂進化の結果である。ウツボカズラはカーネーションサボテンなどと共にナデシコ目に属する一方、サラセニアはツツジキーウィフルーツなどと共にツツジ目に、フクロユキノシタはカタバミなどと共にカタバミ目に分類される。


ウツボカズラをモデルとしたキャラクター


関連タグ

植物 食虫植物

  落とし穴

関連記事

親記事

食虫植物 しょくちゅうしょくぶつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 866148

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました