ピクシブ百科事典

サラセニア

さらせにあ

サラセニアとは、陸戦型ウツボカズラである。
目次[非表示]

概要

北米大陸に分布する食虫植物の一種。
名前は本種の標本ヨーロッパに送ったカナダ人医師、ミシェル・サラザンから来ている。
ちなみに和名の「ヘイシソウ(瓶子草)」は、捕虫器の形状が酒を入れる瓶子(へいし)に似ているところから名付けられた。

「陸戦型ウツボカズラ」と書いたが、実際にウツボカズラ目に属する植物である。

・・・という話だったが、近年の分子系統学による新分類では、サラセニアとウツボカズラは他人の空似(収斂進化)とする説が有力である。こんな妙ちくりんな進化が地球上で何回も起こったのである。

生態

ウツボカズラ目の植物ではあるが、つる性植物のウツボカズラとは違い地面(主に湿地帯)に生える。
ウツボカズラと同様、を発達させた捕虫器の中に液体を蓄え、その中にを誘いこんで溺死させることにより捕虫を行う。
但し積極的に消化液を分泌するウツボカズラと違い、サラセニアの場合は液内に棲息する細菌が消化を行う(一部では消化液を分泌する種もある)。
茎は太く、地面を這う。この茎から葉(つまり捕虫器)やが生える。

観葉植物としてのサラセニア

その独特の姿から観葉植物として人気が高い植物である。
また、アミメヘイシソウは姿形だけでなく美しい模様を持つために、観賞用や交配用としての需要が大きい。

関連イラスト

Sarracenia PurpureaⅡ
Sarracenia Post Group



関連タグ

植物 食虫植物 ウツボカズラ
サラセニアン サラセニア(花騎士)

pixivに投稿された作品 pixivで「サラセニア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7259

コメント