ピクシブ百科事典

ゴ・ジイノ・ダ

ごじいのだ

ゴ・ジイノ・ダとは、『仮面ライダークウガ』に登場する怪人。ゴ集団に所属するイノシシの能力を持ったグロンギ。未確認生命体第40号。
目次[非表示]

データ

身長202.0cm
体重224.0kg
特色/剛力、突進、二股に分かれた長い槍
CV稲田徹
登場話小学館超ひみつビデオ「仮面ライダークウガVS剛力怪人ゴ・ジイノ・ダ」(EPISODE30と31の間)


概要

ハイパーバトルビデオ『仮面ライダークウガVS剛力怪人ゴ・ジイノ・ダ』に登場したイノシシ種のグロンギ。警察からの呼称は未確認生命体40号。

一応ゴ集団に属してはいるがそれ程の強さは感じられず、クウガライジングフォームに変身する事無く戦闘を行っている。
ゲゲルのルールは不明だが、撮影所内のリントのみをターゲットにして殺害するというものらしい…。

最後はマイティキックを受けて爆死した(クウガはキックの着地時までマイティフォーム、立ち上がる際にライジングマイティ変身している)。

能力

先が2つに分かれた武器に使用していたが、ゴ集団では珍しくこれといった能力は見当たらない。強いて言うならイノシシらしくが速いことくらいか。
また、単なる脳筋ではなく五代雄介闇討ちにしようと罠を仕掛けるなど狡猾知能を持つ(イノシシは草食動物の中でもかなり知能が高い動物として知られている)。

余談

ゴ集団で唯一ライジングフォームに変身する事無く倒された怪人。スーツは後にゴ・バベル・ダへ改造され、武器の槍は『仮面ライダーディケイド』におけるバベルの武器に流用された。

HEROS版


「……はい どうぞ 奥です」
「私は店長からこの店を預かっている立場上売上金をキミに渡すわけにはいかない アルバイトと言えど責任がある」

「この子を 抱いてやってくれないだろうか」

月刊ヒーローズに掲載されている漫画版『クウガ』にまさかの登場を果たした。こちらでは未確認生命体15号(余談だが本編の15号はメ・アゴン・ギ)。
人間態はコンビニアルバイトしている「しもむら」という名の凡庸な見た目をした中年男性。
店のトイレに捨てられていた赤ん坊にアカという名を与えて世話をしている(なお赤ん坊の本名は健人)。
 
ゴ集団としての強さとアカを守ろうとする父性を併せ持つ人物として描かれており、アパートを借りて暮らしていたり、スマホを活用して育児について学ぼうとするなどよりゴ集団らしい知能を持った人物として描かれた。
性格自体は温和かつ良識的で「ゴ」に属する実力者でありながら、グロンギの価値観に完全には馴染めておらず、上述の形で人間社会に紛れ込むことで他のグロンギ達と離れて暮らしていた。
その性格ゆえに、他の「ゴ」達からは異端視されていた模様。

活躍

「アカが泣いている間に、片手でアカをあやしながらもう片方の手で人間を殺害する。ただしアカが泣き止んだら殺戮を止める」というゲゲルを行う。規定日数・人数は4日で400人。
 
街で次々と殺戮を行い、警官隊を蹴散らすとアカこと健人を迎えにやってきた無責任な母親を最後のターゲットにしようとするも、アカが「ママ」と呼んで笑ったため彼女に引き渡す。

「そうか…… アカ…… ――母を求めるのか
「女よ… お前は危険を顧みず私の前に進み出た…… この子を頼む いい子に育ててやってくれ」

その直後にラ・バルバ・デに時間切れを言い渡され、母に連れられながらも自分を眺めて笑っているアカに別れを告げ爆死した。

「逃げろ 間も無く私は爆発する」
「……さらばだ アカ お前が幸せでありますよう――」

関連タグ

仮面ライダークウガ 怪人 ライダー怪人 未確認生命体 グロンギ ゴ集団 イノシシ  ハイパーバトルビデオ 

未確認生命体第○号
ゴ・ガメゴ・レ(39号) → ゴ・ジイノ・ダ(40号) → ゴ・バダー・バ(41号)

外部リンク

Web archive「仮面ライダークウガ」公式サイト kuuga dimension GURONGI

ゴ・ジイノ・ダ 仮面ライダー図鑑

関連記事

親記事

ゴ集団 ごしゅうだん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴ・ジイノ・ダ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4600

コメント