ピクシブ百科事典

コンビニ

こんびに

「コンビニエンスストア」の略称。 日本の経済産業省の商業統計での業態分類としての「コンビニエンスストア」の定義は、飲食料品を扱い、売り場面積30平方メートル以上250平方メートル未満、営業時間が1日で14時間以上のセルフサービス販売店を指す。
目次[非表示]

略史

世界で最初のコンビニエンスストアが生まれたのは1920年代後半のテキサス州であるとされる。

製氷会社サウスランド・アイス社の小売店舗を運営していたジョン・ジェファーソン・グリーンは日照の長い夏期は休みなしで連日16時間営業を行っていた。1927年の夏、彼は顧客の要望に応えて、さらに食料品その他の身の回り品を販売したいと会社に提案し、受け入れられた。

1928年5月1日、彼は約束に基づいて、会社(現在の用語で言うところのチェーン本部)へ売り上げの取り分として1000ドルを支払った。これをもって、コンビニエンスストア・ビジネスが誕生した。

日本におけるコンビニ

米国と比べると日本の小売業の組織化は遅れていたが、1960年代の後半にボランタリーチェーンの形で中小業者が連帯する形態が見られるようになった。それらのひとつに尼崎市に本拠を置く「マイショップチェーン」があり、これが1969年に豊中市に出店した「マミイ」が日本におけるコンビニ第1号であるとされる。

1973年11月、スーパー大手のイトーヨーカ堂は米サウスランド社(先述のサウスランド・アイスの改称)とライセンス契約を結び、翌1974年にフランチャイズ方式で1号店ヨークセブン豊洲店を開店させた。この時すでに複数のコンビニチェーンが出現していたが、後発のヨークセブン(現セブンイレブン)はフランチャイズチェーンの特性を引き出し、短期間でトップランナーの座を獲得して現在に至っている。
コンビニの一日の売り上げは場所や気象条件等にもよるが 全体の平均で40万円から60万円と言われている。ただしここから人件費や商品代金、本部へのロイヤリティ料などが引かれる。

コンビニチェーン本部では、売り上げ促進の一策として、季節や時節のイベントに応じた特別企画を投入したり、数百円から数千円の価格設定の季節商品の予約販売などを実施している。
具体的には節分恵方巻バレンタインデーチョコレート菓子、クリスマスクリスマスケーキなどが代表的なものであり、デリカ製造会社や大手食品メーカーなどとタイアップして、毎年の恒例行事として企画を作り上げ、店頭でのPOPや店員による宣伝・勧誘を強化することで予約を集め、大量生産・大量販売を行っている。
但しフランチャイズ店との契約更新と合わせ、上記季節商品の売り上げ目標を自主的に設定させるような空気を作る行為があるとされ、これがオーナーやアルバイトの自爆営業、それに起因したコンビニ全体への人手不足を招いている。
フランチャイズ店が7割近くを占める某大手チェーンにこの傾向が強いとされる。

近年は人気マンガ・アニメ作品とのコラボレーションキャンペーンを行う事も多い。
2020年のオリンピックに対応し、成人雑誌などの販売中止が発表された。

コンビニの問題点

冷蔵庫や照明など24時間稼動し続ける業態が、近年の節電志向、温暖化対策、エコブームと相容れない。
但し、観光地の環境条例等で夜間営業を行っていないコンビニもある。
(例として長野県軽井沢町では夜間営業規制条例により23:00~6:00の間は町内全てのコンビニが閉店する)

不良のたまり場になる恐れがある。
夜間営業時の強盗被害リスクが高い、生鮮食料品の売れ残り商品を大量に廃棄するなど、無駄な点がある。
スーパーマーケットの様に大量販売できないことから、価格競争力が弱いとされている。

以下、代表的な問題点を挙げておく
※なお、ここから先は現役店員による記述のため主観的なことが含まれていますのでご容赦願います

若者のたむろ

かつて、若者が店舗の前をたむろすること(不良のたまり場)が問題視されていた
短時間ならまだしも長時間たむろされると店舗側はもちろん他のお客様や近隣の住民にも迷惑がかかり
住民同士の反発も出ていた
しかし、現在では他にも深夜営業をするところが多くなったため
そのようなことはあまり見かけなくなった(あるにしても、迷惑行為さえしなければ大丈夫)

本の立ち読み

似たようなことに夜中に立ち読み目的で来るお客さんもいるが
これはむしろ店員側にとってはそこまで気にしないレベルである
というのも、夜中は清掃作業や、品出し作業、発注作業などがあり
そちらのほうに集中が出来やすくなる(もちろん、常に動向を確認はするが)
なお、近年は本自体に特殊なシールを貼ったもので対処する店も出てきている。

生鮮食料品の大量廃棄

どうしても避けては通れぬ課題である
コンビニでは見切り販売(スーパーでよく見かける半額引きなど)が禁止されており
そのことも相まってか価格競争力が弱いと指摘されるのも無理は無い
(現に、見切り販売をめぐって裁判や公取委からの指摘も相次いでおり非常に問題視されている)

家庭ごみの持込やポイ捨て

当然、やってはいけない事であるのだが、持ち込みに関してはやむを得ない事情で持ち込まれる場合でも分別さえしていただければ問題はございません
問題はポイ捨てで店員の負担が大きくなるばかりか処理業者からの苦情も出てしまう
ごみは分別して缶やペットボトルは中身があれば中身をちゃんと捨ててからゴミ箱へ・・・
(編集者の私見ではあるがポイ捨てに関してはどうも、中高生などの若者に多いらしい・・・)

以上の問題点は、近年、そこまで言われることはない。

喫煙者のたむろ

最近問題になっているのがこれ。
禁煙の誘導や屋内の全席禁煙化で最近は非喫煙者や禁煙者が増えていき、行き場を無くした喫煙者が目をつけたのが大半の店舗の入り口にポイ捨て防止用の灰皿が設置されたコンビニである。
以降は24時間営業によりはけていった若者に変わって喫煙者が四六時中各地コンビニ前にたむろするようになり、一気にコンビニの喫煙所化が進行した。
客は決まって入り口付近の喫煙者の煙(受動喫煙)を受けなければならず、(特に喘息などの持病がある客は)店舗に入りづらいという問題を抱えている。コンビニ自体が絶対数が多く、種類も多い事から結果的に喫煙者が各地に分散する事となり「全席禁煙の意味がない」と批判が多い。
東京都港区など一部地区では灰皿の撤去が進行しているが、あくまでごく一部に過ぎない。

店員側として困ること

店員側が非常に困ることは、

迷惑行為
悪く申し上げると馬鹿な行為をすること
当然、店舗や近隣の住民に迷惑がかかるほか悪い評判が伝わるいわば風評被害になりかねない
ちょっとした余談だが、youtubeに嘆願目的でそのような動画を投稿された方がいたそうだ
2013年はバカ発見器によって、多数のアイスケースに入るバカが発見された。
またおでんツンツン男も記憶に新しいところである。

店員にからかう行為
はた迷惑どころか一歩間違えると店舗に対する営業妨害になる
言うなれば犯罪行為にもなるので絶対にしないでいただきたい

日本のコンビニエンスストアチェーン



関連タグ

会社 小売業 商店 お店
ローソン名誉店長

pixiv Spotlight

関連記事

親記事

商店 しょうてん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コンビニ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8930895

コメント