ピクシブ百科事典

自爆営業

じばくえいぎょう

自爆営業とは、企業の営業活動において、従業員が営業成績のノルマ達成のために身銭を切る事。
目次[非表示]

概要

本来、営業活動においては顧客商品を売ることで利益を得るものであるが、過剰なノルマ設定等によって従業員が自らの身銭を切ってノルマを達成せざるを得ない事が多い。

元々は郵政省郵政公社時代から行われていた年賀状暑中お見舞い用くじ付き葉書や各種ゆうパックの販売ノルマ未到達分を職員が身銭を切って購入させていた事をいうもので、小泉純一郎による民営化によって更に露骨に行われるようになった。
日本郵政ではノルマと言わずに期待値と言い換えているが、実際にはノルマそのものであり、正規雇用の社員はおろか非正規雇用の期間雇用社員(アルバイト)にもそれを強要し、問題となっているが、郵政関係の労働組合御用組合と化している影響もあり、改善の可能性は絶望的である。

更に、こうした「社員に身銭を切らせて購入させる」ケースは各種小売業保険会社等でも普通に行われている。
とりわけスーパーマーケットコンビニ業界での自爆営業にあたる「売れ残りの食品を下っ端の正社員やパート、アルバイトに強制的に購入させる」行為は、前述の葉書と併せて毎年毎年特定の時期になると多発してニュースになるのがもはや風物詩と化しており、何年経っても一向に減らないあたり、こちらも改善の見込みは無さそうである。
以下に、特に有名なものを少しだけ紹介する。

関連タグ

ブラック企業 パワーハラスメント
日本郵政 郵政民営化 小泉純一郎
バレンタインデー ホワイトデー 土用丑 ハロウィン (上記以外での自爆営業の有名どころ)

外部リンク

自爆営業 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「自爆営業」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1227

コメント