ピクシブ百科事典

概要

社畜とは、主に日本で、企業に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷家畜)と化したサラリーマンの状態を揶揄したものである。
「会社+家畜」から来た造語で、会社人間、企業戦士などよりも、皮肉が強く込められている言葉である。
 言葉の考案者は小説家の安土敏(本名・荒井伸也)で、広めたのは評論家の佐高信と言われる。また、佐高は社宅(会社の保有する従業員用住宅)を「家畜小屋」と呼び、その存在を批判している。

近年では、単なる勤め人が自嘲して使われることが多い。
これは、従業員が目的・目標を持てず、働くことが単なる賃金目当てになっていることが理由と思われる。

サービス残業


しかし、働いて給料で糧を得る事で生活は成り立つので、仕事を生活のために割り切って「アフター5や休日に遊ぶため」「家族を養うため」などの価値観が誤っている訳ではない。
また、日本は忠義を美徳とした文化の国だが、それは「どんなにトップや組織が最悪でも滅私奉公で尽くすのが美徳」としているのに対して、上の者が下の者の忠義に相応しい立派なリーダーや先輩になる事そのものには軽視し、無能な上司でいることに責任も恥も希薄で、部下に無茶を強いる体質も一因している。
特に社会問題として語られるブラック企業では、社会経験のない新人や新卒の未経験の無知につけこみ、非常識な無茶を当然の事だと教え、その上で誤りを気付く機会も奪い、「疲れた」「死にたくない」と訴えても一蹴して壊れる死なせるくらいに働かせる悪徳企業は少なくない。そうでなくても発展による飽和状態、人材の先細りなどで社員に過剰な労働を課していく傾向にあり、コストカットで個々への負担の増加、スキルアップだけ求めて給料は据え置き昇給もないなど、時間と労力に見合わない薄給化が生じ、そこから少しでも手取りを増やすべく残業するしかなく、更に過度に働く流れも生じている。結果、時間と体力は消費して労働以外を行う余裕を失っていく。
そのため、時代を経るにつれ、目的のための労働ではなく働くために生きる人々を生み出す土壌と化し、一個人のスタンスではなく社会問題としての側面も小さくない。


かの本多静六は「凡人者の天才者に対する必勝とまではいかなくとも、少なくとも不敗の職業戦術がある。それは「仕事に追われないで、仕事を追う」ことである。」と述べている。
働く目的を持たず、賃金しか求めるものがない従業員の姿勢もまた「会社に飼われた家畜」であると言える。

企業は本来、何らかの目的を成すために創設されたものである以上、その目的に合致しないならば、転職や自らの起業などを考えるべきだろう。
しかし、転職を考えても次の職に就くまでは無給なので、食いつなげるよう一定の貯金を貯めてからとしばらく働き続けるケースもあり、その上で上記のように見合うとは言い難い薄給で体力も時間も失いながら続けている事情はあるので、消耗しながらも働き続ける者を安易な言葉で貶してはならない。


関連タグ

資本主義 サービス残業 残業 ブラック企業
24時間戦えますか 月月火水木金金 ヌヌ葉否
ブラック鎮守府 オリョクル
屋敷しもべ妖精…魔法使いに無償奉仕すること誇りとする社畜種族。

ネバー・レイト・ナイターズ

ロボットアニメなどの世界観で社畜追体験ができるリアル系TRPG

関連記事

親記事

社会人 しゃかいじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「社畜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7433704

コメント