ピクシブ百科事典

年賀状

ねんがじょう

年賀状のイラストに付けられるタグ。
目次[非表示]

概要

年賀状とは新年に贈るはがきのこと。近年はメールで済ませることも。
去年のはがきでも問題なく届く。私製はがきの場合、切手の下に朱色で「年賀」と必ず記入しよう。
お年玉付き年賀はがき…現金、ふるさと小包、切手などが当たる。当選したかどうかは新聞やネットで調べること。

起源

年始回りの代替。
奈良時代は当時貴族の間の風習だった。平安時代でも手紙を送り合う風習があった。江戸時代は武士の間で取り交わされた。飛脚が発達した江戸時代の末期には、木版刷りの縁起物ととも、にあいさつ文が印刷されている刷り物が販売される。郵便制度が1871年(明治4年)に始まったが当時はそれほど流行っていなかった。しかし徐々に定着していったようである。

賀詞の正しい使い方

相手が目上の場合
 「謹賀新年」、「恭賀新年」など漢字4文字。
相手が目下の場合
 「福」、「賀」、「迎春」、「賀正」など、漢字1~2文字。目上に差し出す場合に、②を採用すると失礼に値する。
だれでもOK
 「あけましておめでとうございます」「新年おめでとうございます」「謹んで新春のお慶びを申し上げます」など。ビジネス関係の相手にも使える。
親しい人が相手なら
 「Happy New Year」「Bonne Annēe」など、外国語は可。

気をつけたいこと

①お世話になった方にはできるだけ出す
②元旦に届くように早めに投函する
③宛名の漢字は正式な表記を…
相手の家族が読むことを想定して
⑤写真入り年賀状は「TPO」を考えて送る
⑥書き損じたら新しいはがきで
⑦忌み言葉は避ける 例:「去年」はNG。「昨年」「旧年」がOK。
⑧賀詞、添え書きには「、」「。」を使わない
⑨出していない方から届いたらすぐに返事を
⑩松の内を過ぎたら「寒中見舞い」に

年始状と寒中見舞い

年始状…賀・慶・祝・寿などのおめでたい文書を避けた新年の挨拶状。
寒中見舞い…一年のなかで最も寒い季節に相手の体調を気づかうとともに、こちらの状況を伝える便り。松の内の翌日から立春(2月4日ごろ)までに出す。
・喪中の人は絶対に年賀状は送らない。
・喪中はがきを受け取った場合、その方に年賀状は送らないのが礼儀とされている。ただし、“励みになる”と喪中はがきに書かれていた場合には、送ってもかまわない。
・知らずに年賀状を喪中の方に送った場合は失礼ではないが、お詫びと寒中見舞いを改めて出すのが望ましい。



関連タグ

年賀状絵 年賀状企画(年賀企画)
謹賀新年 あけましておめでとうございます あけおめ 迎春 賀正
イラスト 正月 葉書 郵便
暑中見舞い 残暑見舞い
寒中見舞い 余寒見舞い


他の記事言語

Greeting Cards

pixivに投稿された作品 pixivで「年賀状」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69965306

コメント