ピクシブ百科事典

セイコーマート

せいこーまーと

セイコーマートは日本のコンビニエンスストアチェーンのひとつ
目次[非表示]

概要

札幌市に本社があり、北海道を中心に埼玉県茨城県に合わせて1154店舗を展開(2013年2月末現在)している。
道民からは「セイコマ」の愛称で親しまれ、特に北海道内のシェアは高く、店舗数は1049店舗を誇る。
これはセブンイレブンの881店舗、ローソンの550店舗を抜いて断トツである(店舗数はいずれも2013年2月末現在)。
また創業は1971年と日本のコンビニチェーンで古参の部類にあり、これはセブンイレブン(1号店は1974年に誕生した)よりも前である。

特徴

  • 北海道各地に展開

札幌といった大都市をはじめ、末端の小さな町や村などいたるところに出店しているほか、大手チェーンが進出していない利尻島礼文島奥尻島といった離島にも進出している。ちなみに、道内で進出していないのは道内197市町村のうちわずか9市町村(2013年11月現在Wikipediaより)である。

  • 酒類が豊富
もともと地元の酒販組合が結成して立ち上げられた会社で、なおかつ個人経営の酒屋から商売替えした店舗が多いため大手チェーンと比べて酒類を多く取り扱っている(コンビニチェーンで酒類を最初に販売したのもここ)。
  • 少ない24時間営業
本社が24時間営業を重視しない方針のため、24時間営業の店舗は少ない。営業時間は午前6時~深夜12時またはそれに準ずる時間で、札幌市内でも24時間営業の店舗は限られている。これは、個人経営の酒屋が商売替えした店舗が多いうえ、過疎地にも出店しているため深夜の人員確保が困難だからである。ちなみに、札幌の繁華街すすきのにある「たかせ店」の営業時間はコンビニでは異例の午前11時~深夜3時で、これはすすきので働く人をターゲットにしているためである。
  • ポイントカードの先駆け
今でこそセブンイレブンのnanacoやローソンのローソンパスといったコンビニのポイントカードが普及しているが、実は最初に導入したのはセイコーマートである。ただし、貯めたポイントは買い物に使うことは出来ず、景品交換しか利用できない。
  • ホットシェフ
半数の店舗で行われているサービス。訓練を受けた店員が店の厨房で弁当おにぎり、ホットスナックを作り、できたてを提供してくれる。特に「大きいおにぎり」は通常のコンビニで売られているおにぎりの倍以上の大きさを誇る。
  • 折込チラシがある
普通のコンビニなら、精々「おにぎり100円セール」やら「季節モノ予約」と言ったモノぐらいしか入らない新聞の折り込みチラシだが、セイコーマートの場合はスーパーマーケットの様なチラシが良く入る。実際、スーパーのようにチラシに掲載されてる商品が安売りされている

こぼれ話

セイコーマートは北海道では広く展開するものの、それ以外の地域ではほとんど見かけない。ゆえに道外の観光客がたびたび店の写真をカメラに収めてゆくのだが、そのような撮影シーンや写真を見た道民は「なんでただのコンビニの写真なんか喜んで撮るのか」と疑問を抱く。地域間ギャップの一例である。

pixivに投稿された作品 pixivで「セイコーマート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73110

コメント