ピクシブ百科事典

スマッシュ(仮面ライダービルド)

すまっしゅ

スマッシュとは、仮面ライダービルドに登場する怪人。
目次[非表示]

概要

仮面ライダービルドに登場する怪人。
名称は例年通り「○○スマッシュ」で統一される(幹部級は除く)。

物語が始まる10年前、火星で発見された謎の物体パンドラボックスが作動させられたことによって出現したスカイウォールで三つに分断された日本列島のうち、東都にしか出現しない謎の未確認生命体。なぜ誕生したのか、何を目的としているのかは謎に包まれている。

その実態は謎の組織の実験で生み出された存在で、その正体はスカイウォールの地下から湧き出る未知の成分ネビュラガスを注入された生身の人間。ようは一種の改造人間のような存在。
スマッシュにされてしまった者は基本的に一切の意思疎通が不可能になり、無差別に人間を襲い、辺りを破壊し尽くす。また、一度スマッシュにされた事のある人間に再びスマッシュの成分ガスを注入すると、より強力な力を発揮する事が出来るようになる。

全体的な姿を見るとメカニカルな意匠を持つのが特徴。
また、倒されると緑色の炎を上げて爆発する。

ビルドに倒されフルボトルに成分を採取されると無事に元の人間の姿へと戻れるが、スマッシュという異形の者へと変貌してしまった間の記憶は残っていない。
また、変貌した人間の身体が虚弱だった場合、スマッシュとしては特に支障はないがガスを注入された時点で人間としては死に、成分を採取されてもそのまま消滅してしまう。また9話の描写から、一度直接ガスを浴びてスマッシュとなった人間がもう一度ガスを浴びると、その者の耐久性によるかは不明だが、同様に粒子化して消滅してしまう。
そして、たとえ十分な肉体的強度を持っていたとしても、ガスの追加投与で許容量を超えてしまうと、スマッシュになる前の記憶まで失ってしまうなど、体に後遺症が残ってしまう。
当初はガスが漏れ出る地点に存在する実験施設にて生み出されていたが、その施設の放棄後、また別の施設が用意されており、更に7話にてブラッドスタークが持つスチームブレードがあれば設備無しでも人間をスマッシュに変えられる事が判明した。

この事は怪人を倒してスマッシュとなる成分を抜かれたとしても必ずしもその人間を助ける事は出来ないという事を示しており、以前の作品に登場した似たような存在たちとは一線を越した存在ともいえる。

なお、被験者のネビュラガスに対する耐久力を段階的に分けたものを劇中ではハザードレベルと呼称しており、ネビュラガスを注入されて間もなく死に至るのがハザードレベル1、異形化してスマッシュに変異するのがハザードレベル2となる。
しかしごく稀に、ハザードレベル2以上の耐久力を持つ人間もおり、そういった人間はネビュラガスを注入されても怪物化せずに人間の姿と記憶を保ったままであるらしく、ファウストにとっても貴重なサンプルとなっている。
また、葛城巧の遺したデータによると、ビルドドライバーはハザードレベル3以上で変身できるようになるらしい。

第1話以前にもスマッシュの姿は確認されているらしく、ビルドによって何体かは撃破されている模様。

スマッシュ一覧

通常スマッシュ

ニードルスマッシュ
ストロングスマッシュ
バーンスマッシュ
フライングスマッシュ
ミラージュスマッシュ
スクエアスマッシュ
プレススマッシュ
アイススマッシュ

強化スマッシュ

ストロングスマッシュハザード
プレススマッシュハザード

また、ビルドが持っているラビット、タンクなど放送以前から所持しているフルボトルに対応する、元になったスマッシュがいたのではないか? と推測できる。これまでのライダーの装備品同様に、戦兎が施設から持って逃げてきた=スマッシュから調達したわけじゃないという可能性もあるが。
そして、戦兎自身がスマッシュなのではないかという疑念も上がってきているがこれは第6話で別の意味で正しかったことが判明する。同じような境遇の龍我からスマッシュ反応が出ていることを考えるとありえない話ではない。

余談

デザインは篠原保が担当。
スマッシュという名称は仮面ライダーの必殺技の名称として極稀に使われており、過去には「クリムゾンスマッシュ」、「ノックアウトクリティカルスマッシュ」などがある。
通常スマッシュのスーツのボディは下半身の足が太めの物、足が細めの物の2種類が用意されており、何度も流用されている。 リペイントや改造も多く、ファンガイアのようにスーツの改造前提で制作されている模様。

関連リンク

仮面ライダービルド ファウスト

バグスタースマッシュ→???

pixivに投稿された作品 pixivで「スマッシュ(仮面ライダービルド)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6469

コメント