ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ロストフルボトル

ろすとふるぼとる

ロストフルボトルとは、特撮ドラマ「仮面ライダービルド」に登場するキーアイテムである。
目次 [非表示]

概要

物語序盤から登場するビルドが使うフルボトルとは別の特殊なフルボトル。

パンドラボックス由来のフルボトルを基に作られた人工のフルボトルであり、フルボトルとは異なり茶色のキャップ部と紫のクリア素材で構成され、成分を表すエングレーブは銀色になっている。ちなみに作中では主に略して「ロストボトル」と呼ばれている。


人工物なので、当然ながらパンドラボックスを開閉する力はなく、作中ではトランスチームシステムを用いたナイトローグブラッドスタークといったファウストの兵器への変身や必殺技発動などに使用されていた他、後に北都三羽ガラスハードスマッシュ、及びその強化系のハザードスマッシュへの変身にも使用している。

通常のフルボトルのように変身に使用できるだけでなく、使用者をより好戦的にするという性質があり、それ故に「悪魔のフルボトル」とも呼称されている。


ロストフルボトルは、物語序盤から中盤では主に敵側のアイテムとして利用され、三羽ガラスの使っていたボトルはドッグタグと並んで形見として長らく猿渡一海が所持していた。しかし、特にそれ以外にスポットがあたる事はなかったのだが、終盤において完全体になったエボルトがこのボトルを何故か突然集め始め、やがてこのボトルには単なる兵器とは全く異なるある重要な力と目的が秘められていた事が明らかになる。

また、このボトルは他のファウスト関連の兵器やアイテムと異なり、葛城巧が作ったものではなく、彼の父親の葛城忍が開発して残していたものである事も明らかとなる。


ちなみに「ロストフルボトル」という名称自体は物語終盤に判明したもので、それまでは「バットフルボトル」「コブラフルボトル」と通常のフルボトルと区別せず呼称されていた。ただし、分類上では通常のフルボトルとは分けて紹介されていた。


ロストフルボトル一覧

有機物

マーク名称初登場成分変身後
Bバットフルボトル第7話蝙蝠ナイトローグ
Cコブラフルボトル第10話コブラブラッドスターク
Kクワガタフルボトル第17話クワガタ
Fフクロウフルボトル第17話フクロウ
Sシマウマフルボトル第38話シマウマ

※フルボトルを基に作られたものなので成分が幾つか被っている。


無機物

マーク名称初登場成分変身後
Cキャッスルフルボトル第17話
Hハサミフルボトル第38話ハサミ
CCDフルボトル第43話CDCDロストスマッシュ
Hハンマーフルボトル第44話ハンマー
Sスパナフルボトル第44話スパナ

以下ネタバレ注意

ブラックロストフルボトル

ブラッド

ロストフルボトルをエボルトが生成した黒いパンドラパネルに装填する事で、ロストフルボトルはブラックロストフルボトルと呼ばれるものに変化する。

バット・コブラ・シマウマ・ハサミの4本は、パンドラパネルに装填された時点で変化しているが、それ以外は高濃度のネビュラガスを注入した人間の身体に取り込ませ、そこから倒されて排出された漆黒に染まった状態のロストフルボトルを装填する必要がある(上記した4本のみ最初から変化させられた理由は、後述するにVシネにて明かされている)。


そして、全10本のロストフルボトルをブラックロストフルボトルに変え、その全てを黒いパンドラパネルに装填すると、既知の物理法則を超える現象が起こるとされている。


龍我「マジやべぇ事が起きるってことか…」

戦兎馬鹿っぽく言えばそうなる。」


エボルトとロストフルボトルの開発者である葛城忍の目的は、この既知の物理法則を超える現象を引き起こす力そのものであり、エボルトと忍は10年前のスカイウォールの惨劇の後にこの現象を発見した。そしてその研究の為、エボルトは忍と接触した直後からファウストのアジトに現れるまでの数年間行方をくらまし、忍も自殺を偽装して家族の前から姿を消す事となった。

この現象の正体とはワームホールであり、それを自在に再現できるようになる事で惑星間移動や恒星間移動をも一瞬で行えるようになる。エボルトの狙いはこの力を手に入れてより多くの星を滅ぼす事であり、エボルトが10年もの間地球に潜伏していた事や、突然地球の破壊ではなく支配に興味を示したのも、全てこの力を手に入れる為の時間稼ぎの口実だった。


ちなみにこの力の事は、エボルトと共に地球に侵入したブラッド族の3人も知らされてはおらず、エボルトの目的は彼が独占する為に完全に忍との2人だけで秘匿されていた。


そして、このブラックロストフルボトルを完成させる為に、忍はロストフルボトルを使ったスマッシュの最終形であるロストスマッシュを開発。エボルトは「人間を最強のスマッシュにして殺し合いを楽しむ為」と偽って、内海成彰にロストスマッシュの生産を急がせる。

しかし、高濃度ネビュラガスを投与する必要があるロストスマッシュは、適応する人間は極僅かであり、それ故にその基準値を満たしている仮面ライダーをロストスマッシュにするべく、終盤のエボルト達は彼等の身柄確保に向かって動く事となった。


第45話では、一度全てのボトルが揃ってエボルトは怪人態となったが、ハザードトリガーを使用したジーニアスフォームの必殺技を受けた事で、既に黒化していたキャッスル・ハンマーが通常のロストフルボトルに浄化されている。


さらに第46話以降は、忍の本当の目的が明らかにされた。

実はこの10本のブラックロストフルボトルと、黒と白のパンドラパネルとパンドラボックス、さらにエボルトの力、そして戦兎と巧の作ったジーニアスフルボトルを使う事で、スカイウォールやパンドラボックスが存在しない並行世界にアクセスし、ワームホールを通じて特異点を発生させる事で両世界を融合し、エボルトが存在しない新世界を創造する事が可能である。

これこそが、忍の本当人類救済計画であり、即ちロストフルボトルは人類を救済する為の鍵となるアイテムの一つだったのである。この計画の為に忍は多くの犠牲を出しながらもロストフルボトルを完成させ、10年間もエボルトを完全体にするべく協力していたのである。


そして、最終決戦では戦兎達の尽力でこの計画は完成し、ブラックロストフルボトルは新世界の創造の為に使われ、エボルトは消滅して人類は救済される事になった。


ブラックロストフルボトル一覧

公式での個々の名称としては、変化前が「○○フルボトル(○○ロストフルボトル)」、変化後が「○○ロストフルボトル」となっている。


有機物

マーク名称初登場変身後
Bバットロストフルボトル第38話
Cコブラロストフルボトル第38話仮面ライダーブラッド
Kクワガタロストフルボトル第41話
Fフクロウロストフルボトル第41話
Sシマウマロストフルボトル第38話ゼブラロストスマッシュ

無機物

マーク名称初登場変身後
Cキャッスルロストフルボトル第45話
Hハサミロストフルボトル第38話シザーズロストスマッシュ
CCDロストフルボトル第45話
Hハンマーロストフルボトル第45話
Sスパナロストフルボトル第45話

立体物

2017年10月14日に発売された「変身煙銃 DXトランスチームガン」にバットフルボトル、「バルブ回転 DXスチームブレード」にコブラフルボトルが付属。


以降、SG・GPフルボトルでフクロウ・キャッスル・シマウマ・クワガタ・ハンマーフルボトルが登場している。CDフルボトルは【パンドラボックス型CDボックスセット】に付属された。


ハサミ・スパナフルボトルは未発売であったが、放送5周年となる2022年9月、DX未商品化アイテム商品化プロジェクトの一環として、カイザー版ギアやタンクメタルボトルなどと合わせて、「フルボトル FINALセット」として(キルバスパイダーと同時に)商品化が果たされた。


放送終了後、プレミアムバンダイ限定でブラックロストフルボトル全10本と、ラストパンドラパネルブラック/ホワイトのセットが販売された


余談

ちなみにロストフルボトルの中には、TV本編では登場せずにお蔵入りになったものも存在している事が有志の解析によって判明している。一つ目は「カンガルーフルボトル」で、ネビュラスチームガンでロストマッチの音が鳴るのだが、何故かゲームフルボトルとベストマッチしエグゼイドの変身音が鳴ってしまう。十中八九バグだと思われこれが原因のお蔵入りではないかと言われている(公式から明言されてはおらずファンの推測ではあるが)。


二つ目は「恐竜フルボトル」で、こちらもネビュラスチームガンでロストマッチの音が鳴る事に加えて、ベストマッチにF1ザウルスフォームダイナソーフォームの音声が確認されているが、何故かお蔵入りとなった。F1の商標の問題ではないかと言われているが、こちらも公式から明言されてはいないので理由は不明である。


関連タグ

仮面ライダービルド フルボトル パンドラボックス


ロストドライバー:名前に「ロスト」が含まれるアイテム繋がり。


ロストメモリー三年後に登場したアイテム…ではなく主人公の執筆している小説のタイトル


眼魔眼魂ロストフルボトルアナザーウォッチ






Vシネマ『ビルドNEW_WORLD』で明かされた真実

本編の後日談を描いたVシネマ『ビルドNEW_WORLD 仮面ライダークローズ』にて、ロストフルボトルは元々は実験の過程で偶発的に生まれた産物である事が判明した。

即ち、最初に完成したバット、コブラ、ハサミ、シマウマの4本のロストフルボトルについては、元々は新世界創造の為に作られたボトルではなかったのである。


この4本については、偶発的に完成して以降は研究の為に人体実験が実施されており、特に人間が無理矢理変身させられたスマッシュに対して行なわれた性能テストは、被験者が死亡する事も珍しくない凄惨を極めるものだったという。TV本編でもこの4本のロストフルボトルのみ、最初からブラックロストフルボトルに変化させられたのもこの為である。


なお、そういった経緯もあってか上記の4本は特に大きな力を持っていたらしく、本編ではバットとコブラの2本がファウストのトランスチームシステムの使用に利用されていた他、劇場版でもコブラハサミシマウマの3本を、ブラッド族の面々がエボルトから渡されて変身に使用される等、作中でも他のボトルとは異なる特異な使われ方をしている。


また、新世界創造によるスカイウォールの惨劇以降の記憶等のリセットは、10本のロストフルボトルの力で行われるシステムであったらしく、当然ながら様々な実験の影響も全てリセットされる筈だったのだが、上記した通りこの4本のボトルは元々新世界創造を想定して作られたものではなかった為に、旧世界にてこれら4本のボトルで変身させられた被験には、新世界でもなお記憶や傷跡といった一部の影響が残ったままであった。

負傷に関しては後にこの事を知った戦兎により、ジーニアスフルボトルで普通の生活が可能な所まで治療された。


そして、キルバスによるパンドラボックス復元に伴って被験者達の記憶が戻り、これが新世界において思いもよらぬ事態を招く事となる。

関連記事

親記事

フルボトル ふるぼとる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31820

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました