ピクシブ百科事典

ゾウガメロン

ぞうがめろん

バミューダ海域からの刺客
目次[非表示]

「いかにも、仮面ライダー暗殺の使命を帯びて馳せ参じました。体重50トン、圧力50トン、仮面ライダーをボディプレスで、バラバラにして見せましょう」
登場作品『仮面ライダー(新)
第25話「重いぞ!重いぞ!!50トンの赤ちゃん」
CV/池水通洋

概要

バミューダ海域から魔神提督の元へ派遣されたゾウガメのネオショッカー怪人。客分として招かれたためか、魔神提督からは他の怪人より丁重に扱われている。
特殊加工て作られた鋼鉄並みの強度を誇る甲羅をもち、大岩や球状形態(外見はというよりはダンゴムシに近い)に変身し、その体重を利用した必殺岩石落としという技を使う。

エルザに自分の子ボンゴを産ませ、そのボンゴを育てた筑波洋が怪人とわかりつつも子どもには手出しできない優しさを利用して、肩車させたところを体重を増やして圧殺させようとした。
しかし駆け付けた谷源次郎がハーモニカで子守歌を吹いたことで、ボンゴが洋に育てられたことを思い出して肩車をやめたため、自身が必殺岩石落としで洋を始末しようとし、洋をかばったボンゴとそれをかばおうとしたエルザを圧殺した。
自身の子すら平気で手にかけることに怒った洋がスカイライダーに変身。球状形態になって挑むも逆に連続キックを受けて劣勢に陥り、スカイキックを受けて爆死した。

余談

デザイン画では「ケツカメジン」(もしくは「トリカメジン」?)という名称だった。デザイン画上「~ジン」とつくのはこのゾウガメロンが最後になる。
前面ではわかりにくいが、前半のネオショッカー怪人共通の赤い逆三角形のランプは後頭部にある。
またそれまでは怪人の怪奇性を強調させるためにスーツアクターの目がそのまま怪人の目となっていた造形だったが、そのような造形になっていないのはこのゾウガメロンが初で、これ以降の怪人は次第に怪奇性が薄れ、ギャグっぽいデザインが増えていく。

ボンゴ


ボンゴ

産気づいたエルザが洋に産婦人科に連れて行かれて産んだゾウガメロンの子。
エルザが失踪したため洋が育てることになるが生まれてすぐ幼稚園くらいに成長、わずか一週間足らずで小中学生くらいにまで成長した。洋の事は(パパではなく)ママと呼んでいる。(なお最初谷たちは洋がエルザに孕ませたと勘違いし、産婦人科でもエルザが失踪したことで洋がひどい父親だと思われた…)。
洋がいなくなると癇癪を起こして暴れまわり、子ども達にも肩車をして苦しめる乱暴な性格だが、本人は悪いことをしているという認識は全くない。洋の吹くハーモニカの子守歌がお気に入りで、これを吹かれると大人しくなる。

密かに会ったゾウガメロンに洋に肩車をして押し潰せと命令させ、洋と共にエルザを探しに行ったがバイクが損傷して怪我をしたところで肩車を要求して押しつぶそうとした。しかし谷が吹いたハーモニカによって手を緩め、ゾウガメロンから洋をかばってエルザ共々殺された。

洋と谷によってエルザと共に墓に葬られ、洋はボンゴが気に入っていた子守歌をハーモニカで吹くのだった。

エルザ

冒頭産気づいたところを洋に助けられたメイクのケバイ女性。産婦人科でボンゴを産んですぐ書置きを残して姿をくらませた。書籍によってはゾウガメロンの妻とされているが、劇中そのような描写は見られない。
ボンゴの身は案じており、対面した時も自分が本当の母であると言ったが、洋に対してはまったく言及していないところを見ると彼女もれっきとしたネオショッカーの一員だと思われる。

余談

子供を利用するという点では、漫画版の仮面ライダーV3に登場するイカファイアという先例がいる。

pixivに投稿された作品 pixivで「ゾウガメロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88

コメント