ピクシブ百科事典

谷源次郎

にだいめおやっさん

後期昭和ライダーシリーズ(スカイライダー、スーパー1)の主要人物。

概要

筑波洋(スカイライダー)、沖一也(仮面ライダースーパー1)を肉体的、精神的に支え、彼らを影から様々な形でサポートする立花藤兵衛と並ぶ、縁の下の力持ちの役割である2代目おやっさん。演じたのは塚本信夫氏。

初登場はスカイライダー(仮面ライダー(新))14話。筑波洋とは大学時代の後輩と先輩という間柄であり、かつてネオショッカーにより、最愛の妻と娘を殺害された過去を持つ。

また、人間改造工学の権威であり、かつてショッカーに強要され教え子である本郷猛の運命を激変させる切っ掛けを作った緑川博士の弟子とされる志度敬太郎博士とも知人。若いころには沖一也の両親に世話になったことがあり、その筋で国際宇宙開発研究所のヘンリー博士とも親交がある等、幅広い交友関係を持っている。

海外のネオショッカー対策委員会に招かれ、そこで日本を離れることになった志度博士に依頼され洋のサポート役を買って出た事が切っ掛けで、奇しくも後輩である洋が改造人間であることを聞かされた。『スーパー1』でも、最終話を除き、赤心少林拳の師範代である玄海老師、弁慶以外で一也がライダーだと知る唯一の人物でもある。

そのような経緯から彼ら2人以外のライダーたちについても交友があり、一文字隼人城茂を“君付け”で呼ぶなど、初代おやっさんである藤兵衛とはまた違った態度でライダーたちに接している。
そのほか、スーパー1で結成されたジュニアライダー隊の後見人としての一面をも持ち、また初代おやっさん同様意外とお金持ちであるようで、スカイライダー時には喫茶店「ブランカ」を、スーパー1時には「谷モーターショップ」を経営している。エンジニアとしても優れた技術を持っているらしく、店の経営の傍らでバイクの修理などを手掛けている。

このフルネームは偽名であり、本名はネオショッカーに家族を殺されて以降、捨てたとのこと。

また、裏設定によれば藤兵衛と面識があるそう(小林昭二氏が塚田氏を推薦したため)だが、仮面ライダーSPIRITSでは互いに存在は知っていたようだが、面識はないという。

関連タグ

立花藤兵衛 おやっさん スカイライダー 仮面ライダースーパー1

コメント