ピクシブ百科事典

東島丹三郎は仮面ライダーになりたい

とうじまたんざぶろうはかめんらいだーになりたい

東島丹三郎は仮面ライダーになりたいとは月刊HEROSで連載されている漫画作品。
目次[非表示]

概要

仮面ライダーシリーズを題材にした作品だが、同誌連載の漫画版クウガと違って仮面ライダーと呼ばれる変身ヒーローが怪人と激闘を繰り広げる漫画ではなく、あくまで仮面ライダーに憧れる人物達の日常を描く漫画である。
この為、物語はライダーと敵組織は架空の物とされている現実世界とよく似た世界観を舞台としている。尚、平成ライダーはきちんと放送されている模様。
よって、あくまでこの漫画におけるバトルは仮面ライダーごっこの延長線上にある。

登場人物

  • 東島丹三郎

御年40歳。
幼い頃から仮面ライダー1号に憧れ、20代を超えて尚、バイトの合間を縫って山籠もりをしては身体を鍛え続けており、その成果は野生の熊を倒すほど。ライダー愛は筋金入りで、部屋にはライダーグッズが所狭しと集められている他、修行中に山中にて『俺を攫って改造人間にしてくれー!』と叫ぶなど変な所にも現れている。
しかし、現実と空想の区別が付かない人間という訳ではなく、仮面ライダーはテレビの絵空事という事を理解しており、改造人間にはなれないという事も承知している。また、『自分が死んだらコレクションはどうなってしまうのか?』というオタクの抱える永遠のテーマについて真面目に考え抜いた末に処分するという答えに行き着いたが、その顔は悲哀に満ち溢れたものだった。
そんな中、ショッカー強盗が現れたというニュースを耳にして心が躍りかけるが、あんまりにも低クオリティであった為に興味を失う。
彼の楽しみである縁日に件のショッカー強盗が現れると、近くにあったお面屋で購入した1号のお面を被って『変身』し、持ち前の強さで撃退するも明らかに過剰暴力なレベルだった為にその場を立ち去った。
これ以降、彼の身の回りで奇妙な出来事が起こり始める…。

  • 岡田ユリコ
24歳のナイスバディな高校教師。父親が仮面ライダーストロンガーの大ファンであった為、岬ユリ子に因んで名付けられた。その縁からか父同様にストロンガーにどハマりし、父と一緒にストロンガーごっこでタックル役になったり、タックルが死亡した回で号泣しすぎて脱水症状で死に掛けた程のタックル推し。
タックルが退場したトラウマで1週間程寝込んでいたが、父親からお手製のタックルの衣装をプレゼントされて激励された事で、タックルの魂を受け継ぐべく、東島同様に己を鍛え続けた。つまりは彼女もただの人間。
そのような生い立ちであった為、衣装は(体型の都合上)ボディコンタイプになっている事はさておき、気合の入ったガチガチのデザイン(比較的平成版寄り。)であったのに対し、1号を愛する男を騙っている割に1号のお面を被っただけのショッカー強盗に負けず劣らずのクオリティである東島にブチギレた。
彼女も東島のようにショッカー強盗に遭遇し、撃退するもやっぱり過剰暴力なのでその場から立ち去った。おまけに生徒達に『変身』の様子を見られてしまった。
ちなみに、世代的には仮面ライダークウガから仮面ライダーアギト世代という事になる。


  • 島村一葉
 仮面ライダーV3を最強ライダーと信じて疑わぬ男。特訓ではなく、アイテムで強化するなどのスタンスの違いから平成ライダーはあまり好んではいない様子。(平成ライダーの作風に近い仮面ライダーBLACKRXはどう思っているかは不明だが。)
鋭い目つきのの青年で、近寄りがたい雰囲気を纏っている。2号の力と1号の技を受け継いだV3への愛ゆえに格闘技のパワーとテクニックを達人級にまで鍛え上げた。他の愉快な仲間達と違って、コスプレの類はしない。曰く『自分の魂はV3そのもので、見える者には自分の姿がV3に見える』らしい。ユリコにはドン引きされたが、東島には一発でV3の姿が見えた。この男、『物理的に変身』しているのではなく、『魂が変身している』のである。つまりは彼もただの人間。
癖の強い人物でありながら根っこは東島達と同じくライダーを愛する者に変わりはなく、紆余曲折の末に東島と意気投合し、彼らの頼もしい仲間になった。
ショッカーが存在しないはずのこの世界で、祖父母はショッカーに殺されたと語っているが…?

  • 島村三葉
一葉の弟。同じくV3を最強と信じて疑わぬ男。見た目は平凡だが、それなりに顔の整ったファミレス店長。
仮面ライダーV3ごっこではV3役を掛けて幼少期から身体を鍛えた末に、兄と決闘を繰り広げるが、敗北してライダーマン役の座に。左腕が折れているのもこの決闘による怪我。(原作のライダーマンは右腕失ったけど、利き腕の右手を失うのは可愛そうだから左腕を折っといてやろうという兄の優しいんだか厳しいんだかよく分からない気遣いでこうなったらしい。)
得意な格闘技は合気道。
ショッカーがいないはずのこの世界で幼少期にショッカーを目撃したと語っているが…?

  • ショッカー強盗
最近、世間を震撼…いや賑わせるようになった強盗団。ショッカーを名乗る割に黒い覆面を被ってイーッ!と叫ぶだけでクオリティは低い。しかしあまりのインパクトの大きさだったのでニュースで取り上げられる程度には有名。
なんで彼らがショッカーの格好をしているかというと、元締めのヤクザがショッカーの大ファンだったから。しかし、部下が仮面ライダーに全く興味がないので渋々ショッカーの格好をしていたというのが真相である。
一応、元締めは部下からの人望はある様子。
行く先々で東島と愉快な仲間達に遭遇してはボコボコにされている。それでもメゲずに悪事を続けているなど、ある意味悪役らしい悪役。

関連タグ

仮面ライダー コスプレ
昭和ライダー ごっこ遊び 平成ジェネレーションズFOREVER:同じく現実世界に似た世界を舞台にした作品。
愛染マコト:彼もヒーローに憧れて自らも身体を鍛えているが、その本性は…
真・仮面ライダー序章:企画段階での内容が本作と非常に酷似している。当然ながら却下されて、我々のよく知る脊髄ぶっこぬき伝説が爆誕する事となった。
ニンジャスレイヤー:ファンから「オメーン・ライダー」という忍殺語的表現を作られている。

関連記事

親記事

柴田ヨクサル しばたよくさる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1275

コメント