ピクシブ百科事典

目次[非表示]

バールクス「おかげで平成ライダーの歴史はムチャクチャだ! せっかく美しくまとめてやろうとしたのにィッ!!」
ジオウ「勝手にまとめるなよ…! 俺も、ゲイツも、平成ライダーのみんなも、間を死にきてるんだ! みんなバラバラで当たり前だ!! それをムチャクチャとか言うな!!」

概要

仮面ライダージオウ』の映画作品『Over Quartzer』にて、常磐ソウゴにライドウォッチを集めさせていた組織「クォーツァー」のトップが問いかけた言葉に対して、ソウゴが答えた言葉を略したもの。
そして、平成ライダーとは何か」をテーマとするこの映画の結論でもある。

後になって発表された漫画版が完全に別物だったり記憶喪失の主人公がバイクを運転してクレームが入ったり物語の結末を電話投票で決めたり日曜朝の番組なのに陰湿ないじめ描写があったり中の人の発音をネタにされたりプロデューサーが交代したりファンから「料理番組」と揶揄されたり映画が何本も作られたり過去と現代で昼ドラ的展開が起きたり最終回が映画に続いたりイケメンで強いから嫌いじゃなかったり予算が高すぎて本編で二回しかでないフォームがあったり過去のヒーローが敵キャラとしてリファインされたり指輪を着けてるからパンチが使えなかったり大先輩から理不尽に戦いを挑まれたり最初は妙にキザな台詞を言っていたのにいつの間にか言わなくなったり大先輩から禅問答を吹っかけられたり宝生永夢ゥ!だったり夜は焼肉だったりなぜかマンホールを武器にする女が出てきたり(平成仮面ライダーシリーズ外でも、終盤で急に今まで影も形もなかった先輩たちが生えてきたり別のシリーズでは怪人に混ざってたり子供をつけ回す変質者と間違われたり身長40mになったりバラエティ番組のワンコーナーなのに本気で製作されたり生まれたことが罪だったりやっぱり漫画版がアレだったり粗製乱造だったりやっぱり宝生永夢ゥ!だったり…)と、とにかく作品の内外でいろいろなことを経験しながら「瞬間瞬間を必死に生きてきた」のが、「平成仮面ライダーシリーズ」であった。

良いことも悪いこともたくさんあった。その結果として、今存在する平成ライダーたちは確かにバラバラで、デコボコで、醜いかもしれない。
しかし、だからと言って、平成ライダーの歩んできた道のりを誰かに否定される筋合いはないのである。

ちなみにソウゴは、「お前たちの平成って、醜くないか? まるでデコボコで、石ころだらけの道だ」と語るバールクスに締め上げられた際、「デコボコの道で何が悪い!!」と絶叫した。
この台詞も、「瞬瞬必生」と並んで本作のテーマと制作者側の主張を理解する上で非常に重要であると判断し、追記しておく。

なお、この映画にゲスト出演したライダーにもスーツ的な意味で瞬瞬必生なライダーがいる。黄ばみとかテープ留めアブゾーバーとか。

そもそも

本作では平成ライダーにフォーカスされていたから忘れられがちだが、昭和ライダーも主演俳優が怪我したから代役呼んだらバイクに乗れなかったり大半の秘密が作中明かされなかったり変身方法がガラリと変わったり半年で終わるわリブートがアレすぎるわだったり没案が一つのシリーズを確立してしまったりスーツの色変えたら個性が潰れたりパンチ力が出鱈目すぎたり映像作品でスーツが多用されるのが20数年越しになったり
とにかく、昭和ライダーも十分瞬瞬必生である。ある意味、仮面ライダーという作品はこれに助けられているのかもしれない。

読み方

  おかげで「瞬瞬必生」の読み方はムチャクチャだ!

ネット上ではあたかも四字熟語のように広まっているのだが、この言葉自体は元々が上記の台詞を略したネットスラング的用語であり、「瞬瞬必生」という略語は劇中に一切登場しない。
そのため、人により読み方がバラバラである。

  • 前半の「瞬瞬」の部分が「しゅんゅん」「しゅんゅん」など。また「瞬々」と書かれる場合もある。
  • 後半の「必生」の部分が「ひっせい」「ひっしょう」「ひつじょう」など。また、そもそも「必死に生きてるんだ」の略であるため「ひっいき」という人もいる。
  • 本来の台詞を表記上だけ略したものと考え、「しゅんかんしゅんかんをひっしにいきてるんだ」とそのまま読む。
  • 「瞬瞬必生」を一塊で認識してへいせい」「ライブ感」「P.A.R.T.Y.など。

勿論ながら読み方に正解はなく、これも瞬瞬必生である。

  勝手に読み方をまとめるなよ!
  みんなバラバラで当たり前だ!
  それをムチャクチャとか言うな!

関連タグ

平成ライダー
仮面ライダージオウ Over_Quartzer
常磐ソウゴ ZI-O

四字熟語 ネットスラング

個性

タイムジャッカー:『ジオウ』本編の敵で、過去改変により「瞬瞬必生」を無かったことにする者たち。
オーマジオウ:強大な力を振るって1人で世界を救ったが、「瞬瞬必生」の起こらない停滞した未来を創ってしまった者。そんな自身の力を継承したソウゴがオーマフォームとなってクォーツァーと戦い、「瞬瞬必生」を叫んだのは非常に感慨深い。

ウルトラシリーズ 昭和ライダー スーパー戦隊シリーズ メタルヒーロー ガンダムシリーズ プリキュアシリーズ 週刊少年ジャンプ 週刊少年マガジン 週刊少年チャンピオン 少年サンデー ラブライブ!シリーズ:彼らの在り方もまた「瞬瞬必生」である。全てはそういうことなのだ。

外部リンク

瞬瞬必生とは(シュンシュンヒッセイとは) - ニコニコ大百科

関連記事

親記事

Over_Quartzer おーゔぁーくぉーつぁー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「瞬瞬必生」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 408182

コメント