ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

文字通りの意味

ドーナツパワーで高みへジャンプだ

まるでライブ会場にいるかのような感覚を直接示すことば。


また、物事のリズム連続性、一体感といった使われ方をするケースも。


創作用語

※ソースが不足しています。情報を所持している人追記お願いします。

転じて、ドラマやアニメ放送、小説やマンガ連載、SMSや動画配信などにおいて「何が起こるかわからないドキドキワクワク」や「従来の枠にとらわれない構想」、「その場の思いつき」や「土壇場のひらめきが生んだフリーダムな展開」といったものに漠然と”ライブ感”という用語が用いられる。


最兇ノ敵、最期ノ猛進

ただし、現段階においてこの用語の定義はかなり曖昧なものでありクリエーターや批評者がなにをもって”ライブ感”とするかは非常に錯綜としている。

一定の読者や視聴者からの意見をまとめると、細かなシナリオの設定や辻褄よりもかっこよさやオシャレな展開にするという展開とされている。

迫力に満ちた見せ場を演出できる一方で、往々にしてそれまでのストーリーや設定・考証といった要素が一気に有名無実となる原因にもなり得ることから「どういうことなの・・・ドン引き)」や「ノリと勢い」といったマイナスイメージでとられることも少なくなく、良い意味でも悪い意味でも物議を醸す要素である。


そもそも概念の定義すら確定していないのが実態。

現段階では半ばマジックワードとしてこの言葉だけが独り歩きし続けている。


言葉の経緯

白倉伸一郎曰く業界用語として存在していたというが詳細は不明。この用語がオタクに本格的に流通しはじめたのは、仮面ライダー平成一期がきっかけ。


仮面ライダーアギト』以降、平成ライダーズは設定に囚われず連続ドラマ的で実験的な作品が複数続いた。これに絶賛する声が続々とあがった一方で、従来の作風からかけ離れた部分、つまり昭和ライダー的路線や平成第1作『仮面ライダークウガ』の設定重視路線から離れた、衝撃・話題性重視で臨機応変に設定を変えていく現在進行系な展開がライダーの作風となった。まさに「カイガン!平成ライダー!新たな個性!これが平成!」を地で行く作品群である。

プロデューサーの白倉伸一郎は2002年ぐらいあたりから、これを”ライブ感”と表現した。(「ライブ感とは何なのか?」については、長くなるから、リンク1リンク2を見てくれ。リンクは二種類あるから、どちらも見逃さないでほしい)


概ね好評であった初期白倉ライダーだが「伏線が回収されていない、分かりにくい」という声もあった(もっともこの頃は「井上ワープ」のように井上敏樹のせいにされることも多かった)。そして『仮面ライダー響鬼』後半のプロデューサー交代騒動、白倉路線復活により前期響鬼の支持者を中心に反ライブ感派が発生。視聴者側も徐々にこの言葉を用いた批評を行うケースが増えだした。(当時の2chスレ

その後も続々とライブ感溢れる作品が続き、ライブ感が溢れすぎた『仮面ライダーディケイド』最終回騒動を経て現在に至る。


かれこれ数十年続いているライダーのライブ感路線だが、今なお好き嫌いの議論が起きやすく、反ライブ感派は否定的に、逆にライブ感派からは称賛として使用される。


白倉P戦隊復帰でとうとうスーパー戦隊シリーズにも波及した。またかつて関わった五星戦隊ダイレンジャー超光戦士シャンゼリオンも非常にライブ感溢れる作品であり(さらに後者は話数短縮)、ライブ感のプロトタイプとも言える。


ライブ感の例

戦前において、今日的なライブ感でならしていた作家のひとりが江戸川乱歩であろう。

というのもこの人物、日本におけるミステリー作品の開祖として知られているものの、いいぞもっとやれ!」といった読者のからのレスポンスや自身でも筆がノッてくるなどするとかなり常軌を逸した描写を次々と記していくことで有名であった。かの明智小五郎シリーズもこれの影響で『人間豹』などのように獣姦含むエログロナンセンス伏線投げっぱなしエンドみたいなとてつもない内容になっている話しも結構ある。

結果として推理小説というジャンルが一時期にマジキチ路線という印象を持たれた原因の一つは乱歩のせい」といった見方すらある。

(……まあ、乱歩先生は本格よりは変格に傾倒していた時期もあったから、多少はね?)

加えて、事実上の見切り発車で作品を受注してしまった末に結局ストーリーがまとまらず迷走状態に陥ったケースも結構あり、昭和8年発表の『悪霊』に至っては「よく考えないまま書き出したら訳が分からなくなって、やる気が無くなっちゃったから休みます(意訳)」とわずか数カ月で事実上の断筆宣言をする羽目になっている。

ただし、こうしたように潔く「書けません!」と声明を出していたことは、近年問題視されているクリエーターの死亡や公式アナウンス途絶といった突然の絶筆エタりと比べてユーザーにとっては最悪な結末のなかでも最も理想的な幕引きとして引き合いに出されるケースが多い。


漫画におけるライブ感で有名なのはドカベンの対弁慶高校戦である。打ち合わせでは一番バッター山田太郎の第一打席を三振にする予定であったが、作者水島新司いわくとても良いホームランシーンが描けたため三振をホームランに変更し、試合経過がめちゃくちゃになったという逸話がある。

このように漫画家の中には作画を中心と考えるため、良い作画がかけた場合話の流れを変更する場合もある。


アニメ業界においては、80年代には既にライブ感を基調としたぶっ飛んだ展開を皮肉る「脱力させられたら富田脚本」なる名言(?)が存在している。

2015年~2017年にかけて放送された『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』は制作側がライブ感を重視した作品であることを公言している。いわゆる生放送感を狙った試みであった模様。

この結果生まれたのがあの名(迷?)シーンである

この作品の評価をめぐっては、当時のpixiv百科事典上でも『機動戦士ガンダムSEED』に匹敵する大激論が引き起こされた。


関連タグ

緊張 臨場感

暴走 どうしてこうなった

ノリと勢い テコ入れ 瞬瞬必生


考えるな、感じろ…現状ではむしろこの境地である方が混乱が少ないかも知れない。


白倉伸一郎…「ライブ感とは生放送感のことです」と言いつつ本項「創作用語」としても用いる人物。

関連記事

親記事

ライブ らいぶ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 98289

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました