ピクシブ百科事典

エタる

えたる

『エタる』……それは作品を楽しみにしているファンにとっての最悪の結末の事である。
目次[非表示]

概要

『エタる』とはマンガ小説動画ゲームといったいわゆる続き物(短編ではない連載形式)の作品が完結まで行かずに途中で途絶えてしまう事であり、『エターナる』と呼ばれる場合もある。

結果としては『打ち切り』に近いが、『エタる』とはそれよりもっとタチが悪い結果である。『エタる』とは作者等の制作側からの作品の打ち切り休止に関するアナウンスが全くなく、飽きてしまったかのように途中で放置されるという作品の続きを楽しみにしていた読者視聴者といったファンに対する裏切り行為である。

エタるのは悪い事なのか?

作者側としても『作品創作のモチベーションや生活関係、病気事故等のやむを得ない理由があって創作している作品を完結まで作れなくなる』といった仕方ない事情があるかもしれない。
しかしそれならそれで『こういう理由や事情があって続きを投稿・制作できなくなったので大変申し訳ありませんがこの作品は休止(打ち切り)とさせていただきます』
みたいなアナウンスをするのが最低限のマナーである。それが制作側としてファンに対してすべきけじめなのだから……
もっとも、『続きが書けない・描けない・作れない理由』と『休止(打ち切り)のアナウンスができない理由』が全く同じ(例:病気や事故とか…)ならもうお手上げなので仕方ないが……

作者側から考えたエタる

出版社』や『商業』といった概念(要素)がある業界(いわゆる仕事として作品を制作する場合)において作品がエタることは信用を失って、仕事が来なくなってしまうので絶対に避けるべきことだが、趣味(動画サイトに動画を投稿する、やる夫スレなろう作品のような連載ものの作品を投稿する等)で作品を投稿・制作している場合は兼業(他に仕事としているものがある)が理由で、作品や動画制作のための時間が確保できず、それが続いてモチベーションが途切れてしまい、アナウンスすることすらもできなくなってしまう場合もある。
(例えるなら『仕事や生活が忙しくなったのが理由で、ゲーム漫画を最後までクリア読破できず途中で挫折してしまうアレ』と同じ)

エタるのを回避するためにできる事

投稿される作品や動画をただ楽しむだけではなく、作者を応援するような感想コメントを毎回送るのも作品を楽しむ側としてできることの一つである。そこから作者側がモチベーションを取り戻し「やっぱり頑張るか!」と復活する場合もあるのだから……

エタった作品の一覧

他にも該当する作品をご存知の方は加筆をお願いします。

作品名作品形式作者備考
クラッシュバンディクー ダンスでジャンプな大冒険!漫画川嶋亜理後藤英貴氏が後を継ぐ形で別作品の連載がスタートする
漏れなつ。フリーゲーム不明(2ちゃんねるの有志)作品として未完成のまま2015年9月に公式HPが削除
東方脳内録(総集編の作品名から引用)同人誌キシリトヲル


関連タグ

類義語

打ち切り 未完 

エタるに縁のあるサイト

やる夫スレ 小説家になろう

関連記事

親記事

未完 みかん

兄弟記事

コメント