ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

大地の精霊たちが仮面ライダーJに全ての力を注ぐことで初めて可能となる奇跡の形態である。

「ジャンボフォーメーション」になると身長40メートル、体重は836トンの巨人となる。


設定的には上記の通り気軽に出せるものではない、平成ライダーで言うところの最強フォーム究極フォームのようなものなのだが、「仮面ライダーJの最大の特徴」であるためか客演時に割と気軽に巨大化する(もっとも、客演する殆どの作品は地球の危機で有ることには変わりない)。

ちなみに、仮面ライダーの巨大化そのものはJが初めてではなく、『ウルトラマンVS仮面ライダー』では仮面ライダー1号が巨大化しているが、企画段階から巨大化能力を設定されているライダーはJが初となる


必殺技編集

ジャンボライダーキック

ジャンボフォーメーション時のJキック(ライダーキック)。

雲が浮かぶ高度にまで高く舞い上り、急降下キックを放つ最高・最強・究極の必殺技。

歴代ライダーの必殺技では、紛れも無くトップクラスの破壊力を持つと思われる


この攻撃でフォッグ・マザーを倒した。


ガンバライドなどのゲーム作品では、ジャンプしながら巨大化し、上空から蹴りを放つ。

原作と違い、等身大の相手にこの技を放つため、蹴るというよりは、ただ踏み潰している感じになる。


仮面ライダーディケイドコンプリートフォームジャンボフォーメーション編集

ディケィド・ファイナルカメンアタックフォームライド

オールライダー対大ショッカー』にて登場する形態。

詳細は仮面ライダーディケイド コンプリートフォーム ジャンボフォーメーションを参照。


仮面ライダーディケイドファイナルフォームライドした巨大な「ディケイドライバー」が、仮面ライダーJジャンボフォーメーションにくっつき、Jスピリット、Jボディと一体化する事で変身した。身長41メートル、体重894トン。


コンプリートフォームとは違い、バックル部分は通常のディケイドから変わっていない。


余談編集

Jの身長40m、体重は836t

ディケイドの身長41m、体重894t


両者ジャンボフォーメーションの体重はウルトラマンに比べると軽いように見えるが、計算上の比重はほぼ水と同じ。というより、ゴジラ等の東宝怪獣やウルトラシリーズの巨大キャラクターが重すぎるのである


ちなみに『空想科学読本1(新装版)』で柳田理科雄氏が空想世界の巨大な物の比重を研究していたが、体の厚みが大きく尻尾も存在するゴジラはまだしもウルトラマンは重すぎると結論を出しており、身長40mのウルトラマンの適正体重を860tとしていた(装備等を考慮すればジャンボフォーメーションの方が適正体重と言える)。


関連タグ編集

仮面ライダーJ チートライダー

関連記事

親記事

仮面ライダージェイ かめんらいだーじぇい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39892

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました