ピクシブ百科事典

ジャンボフォーメーション

じゃんぼふぉーめーしょん

「仮面ライダーJ」の奇跡の形態。
目次[非表示]

仮面ライダーJ

大地の精霊たちが仮面ライダーJに全ての力を注ぐことで初めて可能となる奇跡の形態である。
「ジャンボフォーメーション」になると身長40メートルの巨人となる。

ちなみに、仮面ライダーの巨大化そのものはJが初めてではなく、『ウルトラマンVS仮面ライダー』では仮面ライダー1号が巨大化しているが、企画段階から巨大化能力を設定されているライダーはJが初となる

ジャンボライダーキック
ジャンボフォーメーション時のJキック(ライダーキック)。
雲が浮かぶ高度にまで高く舞い上り、急降下キックを放つ。歴代ライダーの必殺技では、紛れも無くトップクラスの破壊力を持つと思われる

ガンバライドなどのゲーム作品では、ジャンプしながら巨大化し、上空から蹴りを放つ。
原作と違い、等身大の相手にこの技を放つため、蹴るというよりは、ただ踏み潰している感じになる。

仮面ライダーディケイド

オールライダー対大ショッカー」にて仮面ライダーディケイド仮面ライダーディエンドによってファイナルフォームライドして、巨大な変身ベルト「ジャンボディケイドライバー」に変形し、仮面ライダーJジャンボフォーメーションにくっつき変身して「仮面ライダーディケイドコンプリートフォームジャンボフォーメーション」(長い!!)になり、キングダークと戦った。
身長40メートル、体重894トン。ウルトラマンに比べると軽いように見えるが、計算上の比重はほぼ水と同じ。というより、ゴジラ等の東宝怪獣や、ウルトラシリーズの巨大キャラクターが重すぎるのである

ディケィド・ファイナルカメンアタックフォームライド



ファイナルディメンションキック
「ファイナルカメンアタックフォームライド ディケイド」のカードで発動。
オールライダー達を巨大なライダーカードに変化させ、そのカード型エネルギーを通過することでエネルギーがフットストンパーに集約され、強力なライダーキックを放つ。
なお、カードの中にはジャンボフォーメーションに変身しているディケイドとJのものも含まれている。

この攻撃でキングダークを倒した。
ガンバライドではやはり相手を踏み潰している感じになる。

関連タグ

仮面ライダーJ
仮面ライダーディケイド 仮面ライダーディエンド
ファイナルフォームライド
オールライダー対大ショッカー
劇場版限定フォーム

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャンボフォーメーション」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5994

コメント