ピクシブ百科事典

仮面ライダーTHENEXT

かめんらいだーざねくすと

2007年に公開された特撮映画。
目次[非表示]

概要

 2007年、東映が公開した特撮映画。2005年に公開された『仮面ライダーTHEFIRST』の正式な続編である。
 監督田崎竜太脚本はおなじみの井上敏樹
 本作では漫画版『仮面ライダー』の後半と、特撮番組『仮面ライダーV3』のリメイクが行われているのが特徴。ショッカーライダーを率いて戦うバッタ改造人間風見志郎」とダブルライダーの戦いを描く。
 キャッチフレーズにアクションホラーを掲げているように、仮面ライダーの初期に見られた怪奇性が強調され、恐怖感をあおる場面も多い。

登場人物

仮面ライダーと周辺人物

 ショッカーに誘拐され、改造人間へと改造された男。城南大学の付属高校の教師となったが生徒たちの信頼を得られず、逆に馬鹿にされる始末。教え子の一人である菊間琴美が事件に巻き込まれたことをきっかけに再びショッカーとの戦いに身を投じる。
 琴美に絡んできたチンピラを追い払うために学校前で力を行使し、バイクなどを破壊したことで生徒たちに「化物」と恐れられ解雇処分となってしまったが、そのことで琴美からの信頼を獲得し、利害の一致から共闘した風見と3人で風見の妹の事件とショッカーの陰謀の謎を追う。

 本郷と同じく改造人間となった男。以前は本郷の抹殺のために送り込まれた刺客だったが、ふとしたことから本郷と共闘する。リジェクションからくる死の恐怖におびえながら夜の歓楽街を遊び歩く遊び人となっていたが、再び動き出したショッカーの陰謀に立ち向かう。
 両腕に付けているグローブにはリジェクションの影響で血管から漏れた黒い血が溜まっている。

 IT企業「エクサストリーム」の若社長。ショッカーによるナノマシン散布テロに巻き込まれ、適性があった為改造人間となり、別荘で隠遁生活を送っていた。
 ショッカーからの指示で裏切り者の本郷と一文字を抹殺するために「年代物のワインが若い」等理不尽な理由を付けて戦いを挑むが、妹のちはるの件を追うごとに心境が徐々に変化していく。
 原典では仮面ライダーV3の「V」の文字は「Victory(勝利)」を意味するとされていたが、本作ではオリジナルである本郷・一文字や量産型であるショッカーライダーに続くバッタ型怪人ホッパーの「Version3(第三世代)」を意味するとされている。
ライダーレボリューションでは蜘蛛男我々のよく知るV3と勘違いされており、デストロン怪人の恨みを晴らすために襲い掛かられる。そもそもこの世界のV3が戦った組織はショッカーであるために当の本人は困惑していた。(この時の掛け合いからV3という名称はこの世界のV3にとっては略称に当たる様子。)

 本郷の教え子の一人。親友のちはると音信不通になったため単身調査をしていた結果ショッカーの起こした事件に巻き込まれてしまう。人付き合いが苦手で本郷にも反抗していたが、チンピラから身を挺して守ってくれたことで少しずつ信頼していくようになる。本郷の正体とちはるの事を知ったことで本郷の理解者になると同時に風見がショッカーを裏切るきっかけを作る。

 その名の通り顔に包帯を巻いた謎の女。Chiharuの歌う「Platinum Smile」を聞く人間の前に現れ、その顔を切り刻んで殺害する。その正体は…

ショッカー

前作に登場した三幹部は登場せず、ショッカー首領が声のみで部下に指示を出す。指令を受ける際は何故か仮面以外何も身に着けない全裸体。
新たにナノロボットを使用した改造手術に着手しはじめており、この手法により作られた改造人間にはバッタ型怪人ホッパーの設計を基に改良したタイプと、動物の能力に加えて腕を武器に変化させる能力を持たせたタイプの二種類が存在している。
ナノロボットによる改造人間には前作の改造人間のようなリジェクションが起こらないというメリットがある反面、改造に適応できなかった人間は即座に命を落としてしまうという大きなリスクを抱えている。

  • シザースジャガー

シザースジャガー(模写)
ワンドロの軌跡2


 要するにハサミジャガー。ハイテンションな性格のバーのマスターが変身する。

  • チェーンソーリザード

ビザールなコスってどう描くんでい


 要するにノコギリトカゲ。風見の秘書である女性が変身する。

 ショッカー上級戦闘員。全員がナノマシンによる施術を受けている。裏切りこそしたものの、ホッパーの高い戦闘能力を評価したショッカーが開発した。
 他の怪人と比べても高度な洗脳が施されており、機械のように統率された動きによる連携戦を得意とする。
 扱い自体は前作と同じ。
 声のみで部下に指示を出す謎の存在。

その他

  • 進藤

 ちはるの所属する芸能事務所「トライスタープロモーション」の社長。ちはるの事故の事は知っていたが、ドル箱である彼女の事を「滅びてはならない存在」と呼び、死後も別のアイドルをちはるそっくりに整形させていた。包帯の女の事は知らなかったらしく、彼もまた犠牲者となる。

  • 山崎
 ちはるのマネージャー。アイドルの整形にも反対しないなど進藤の言いなり状態にある。替え玉のアイドルの事もちはるちゃんと呼んでいる。彼もまた包帯の女に殺される。
  • 戸塚尚子
 ちはるを妬んでいた新人アイドルの一人。ちはるを階段から突き落として配電盤に衝突させ、彼女が自殺する原因を作った。本郷と琴美と会った際もあたかも本物のちはるの様にふるまい、風呂場で鼻歌を歌うなど替え玉生活を満喫していたが包帯の女に襲われて顔を切り刻まれ、マンションから身を投げる(もしくは突き落とされた)。駆けつけた琴美にちはるの事実を伝えようとしたが、そのまま絶命した。
  • 谷口由加里
 尚子と共にちはるを妬んでいた新人アイドル。だが階段から突き落とすのはやり過ぎだと思っていたが尚子に逆らえずに実行犯になってしまう。
 尚子の死後整形を受けて二代目ちはるとなったが他人の顔で過ごすことと良心の呵責に苦しみ、琴美に真実を伝えた。だが包帯の女に首を撥ねられる。
  • 教頭先生
 本郷の勤める高校の教頭。本郷の理解者であるが事なかれ主義者でもあり、校内のトラブルにもつい目をそらしてしまう。本郷の解雇処分に反対できず、その場を去ってしまった。
  • 岡村
 ちはるのファンクラブ会員。琴美の頼みでちはるの事を話そうとしていた所を包帯の女に殺される。
  • 輝夫
 冒頭に登場する引きこもりの男。Platinum SmileのPVを見ていたところを包帯の女に殺される。マヨラー。
  • パチンコ店の客
 エンドロール後に登場したパチンコを打ちに来た若い男。「CRぱちんこ仮面ライダーショッカー全滅大作戦」をプレイしていたが…

関連項目

昭和ライダー ショッカー デストロン
チェーンソーリザード シザースジャガー
仮面ライダーアマゾンズ・・・・コンセプトが似ている。

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーTHENEXT」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47653

コメント