ピクシブ百科事典

Chiharu怪人態

ちはるかいじんたい

包帯の女の正体である仮面ライダーTHENEXTに登場する風見ちはるの哀れな姿。
目次[非表示]

概要

“呪の歌”と称され世間を騒がせている国民的アイドルChiharuが歌う『Platinum Smile』を聴いた者を惨殺する猟奇殺人事件の犯人、謎の包帯の女の正体。
ショッカーのナノロボット散布実験に巻き込まれ、風見志郎共々知らず知らずの内にナノロボットによる改造手術に適合し改造人間へと成り果てていた志郎の本物Chiharu=風見ちはるその人が生み出した思念体。

実は現在活動中のChiharuはドル箱の彼女を手放したくなかった事務所が本物の代わりに立てた替え玉であり、本物のChiharuは既にショッカーに回収され、行方不明となっていた。

と言ってもショッカーの陰謀というよりは、不幸な偶然が積み重なった事故であった。
兄の志郎に会いに彼が経営する会社へと赴いたちはるは、その際に上記意ある通りナノロボット散布実験に巻き込まれ、適合はしたが無自覚のまま、仕事の為に現場へと戻った。
だが、彼女の人気に嫉妬した新人アイドル2人に出来心で階段から突き飛ばされ、そのはずみで配電盤に衝突。
その結果、配電盤の高圧電流の影響でナノロボットが暴走し、ぶつけたの左半分が整形手術を施し手も治らない程に醜く爛れた挙句、複眼を持つ怪人の様相を呈した恐ろしい素顔となってしまった。

絶望に打ちひしがれた彼女は、自身の時計を形見として兄の志郎の元へと送った後、投身自殺を図るも、既に改造人間となっていた彼女は死ぬことすら敵わず、更に暴走したナノロボットの影響が全身にも及びより醜悪な姿へと変貌してしまう。
その後、情報を掴んだショッカーに機密保持のために回収され、ゴミ同然に廃棄されていた。

その容姿はちはるの面影を残してはいるがの左半分が内蔵のような物が露出したかのような海洋生物の集合体の様な醜悪な様相を呈しており、特に左部分が肥大化している為に動くことがままならず、這いつくばって引きずるような感じでしか移動できない(要はリングに登場するの貞子がTVから這い出てくるような感じの動き)。

それ故なのか、無意識のうちに自身の思念体を操る能力に目覚めたらしく、これを操って自身の偽物が歌う『Platinum Smile』を本物が歌っていると思い込んで聞いているファンたちを次々に惨殺。物語の終盤では自身を絶望のどん底に陥れた影武者たち、そして自身を金儲けの道具としか見ていない芸能プロダクションのマネージャー社長たちにもその牙を向き、報いを受けさせていった。

なお、兄以外で自身の事を誰よりも理解していた本当の親友である琴美だけは唯一殺されていない。

最終的には自身でも制御できないこの能力を止めたい旨を兄である志郎=仮面ライダーV3に告げ、彼女の悲痛な最期の希望を受け入れたV3の手によって本体である彼女が葬られた事により、思念体も消滅したかと思われたが・・・

能力

上記にもある通り、自身の代わりとなる思念体を生み出し自在に操る事ができる。

この能力は本体でも制御できない能力であり、その行動原理や殺害方法(かつて自身が施された整形手術の後をなぞる様にを滅多切り)から推測するに彼女が無意識下で抱いている世間への強い絶望感や憎しみ、復讐心から生まれた存在である模様(その為、肉親以外で本当の彼女の理解者であった親友の琴美のみは襲い掛かるも殺害されなかった)。

人間を殺害する際は、背中から超高速で動く半透明状のクラゲ触手の様な物を出現させ人間の顔をかつて自身が受けた整形手術の後をなぞるように切り刻む。

なお、その際の姿は某アニメヒロインを思わせるような姿、あるいは天界から舞い降りた天使の様なグロテスクながらも神秘的な姿となっている。
























その後・・・


『・・・・・・殺シテ・・・ヤルッ!!』

上記の思念体は本体が死亡後した際に完全に消滅したかと思われていたが、凄まじい怨念によるものなのか、実際は既に本体から独立した存在となっていたようである。
エンドロール後のシーンにおいて再び実体化。偽物が歌う『Platinum Smile』を聴くパチンコ打ちに襲いかかっていた。
もはやホラー映画のようなラストである。念のため言っておくが本作は仮面ライダーV3をモチーフにした特撮ヒーロー映画である・・・。

余談

ラストシーンでちはるの思念体に襲われたパチンコを打っている客を演じた久保田悠来は後に仮面ライダー斬月/呉島貴虎を演じることになる。

関連項目

仮面ライダーTHENEXT ホラー映画 哀しき悪役
MADソルジャー→仮面ライダーBLACKの小説に登場。同じ海洋生物の集合体の怪人関連で

コメント