ピクシブ百科事典

魔空空間

まくうくうかん

『宇宙刑事ギャバン』において、マクーの首領ドン・ホラーが作り出す異空間。
目次[非表示]

マクードン・ホラーは、地軸を操作して魔空空間という一種のブラックホールを作り出すことができるのだ」

概要に引きずり込め!

宇宙犯罪組織マクーの首領ドン・ホラーの命令によって作り出される異空間である。

マクーのドン・ホラーは地軸を操作して、発動プロセスを書くことができるのだ!

秘書ホラーガールとクラッシャー二名が地軸転換装置を操作することによって発生する。この装置の作動のエフェクトはというと、地球の自転を逆回転させ、波を逆流させるというなかなかの凄まじさ。発動時に「ティキリキヤンヤンリキヤンヤンティキリキヤンヤンアンアンリキ」という呪文が唱えられるというが定かではない。

詳細は、魔空空間では三倍のパワーを発揮することができるのだ!

魔空空間内では、地球の常識は全く通用せず、何が起こるか分からない。モンスターが巨大化したりダブラーが分身したり、場所が突然変わったりといった様々なパターンがある。ダブラーの武器が隠してあったりもする。

更に魔空空間ではベム怪獣ダブルモンスターは魔空エネルギーを得て三倍の力を発揮することができる。単純なパワーアップというよりは突然消えたり分身したり、時には再生怪人まで出現させるという反則技使い放題な状態である。

にもかかわらず、宇宙刑事ギャバンには全く勝てない。放映当時から、「宇宙刑事ギャバンは魔空空間では四倍のパワーを発揮することができる」という俗説が流れていた。「こうすれば勝てたのではないか?」と思う選択肢もあるが、

宇宙刑事ギャバンを魔空空間から放り出せ!


やはり使用されたことはない。

余談なのだ!

マクーの拠点「魔空城」が存在するのは魔空空間ではなく「虚溝」(きょこう)と呼ばれる宇宙の裂け目である(第1話より)。

海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン』にてドン・ホラーの親戚にあたるアシュラーダによると、ドン・ホラーの死によって魔空空間は縮小傾向にあるとのこと。本映画ではアシュラーダが獄長を務める魔空監獄が魔空空間に存在する。

魔空空間は特撮ワープの理由付けのように思われているが、ギャバンのスーツにはメッキ加工が施されており、このメッキスーツには周囲の光景が映り込むため太陽光や照明の反射が大きく、撮影に困難が生じたために撮影時に暗くする必要があり、この理由付けにメインライターの上原正三とプロデューサーの吉川進が「敵が自分達専用の異世界を持っており、そこに引きずり込んだら面白いんじゃないか」ということで「魔空空間」という設定を作った。
これにパイロット版の監督小林義明が空襲前の景色が空襲開けにガラッと変わってしまったのを見た戦時中の経験を元にイメージして、あの不条理な世界ができあがったのだという。
レーザーブレード等のビデオ合成をするとギャバンのスーツの色が飛んで映りが悪くなるので、暗くした方が映えるという事もある(スーパー戦隊シリーズで白のスーツのメンバーがあまりいなかったのも同じ理由で、事実『電撃戦隊チェンジマン』でチェンジマーメイドが技を使用する際に黒っぽく映ってしまっている)。

その後の作品による影響

さて、『宇宙刑事ギャバン』に始まったこの戦闘用の異空間設定は日本の創作界隈からしても非常に画期的な設定であり、ギャバン以降のシリーズでも敵組織の技術として取り入れられた後、『時空戦士スピルバン』のバイパススリップ以降はヒーローが周囲への被害を避けるまたは有利な戦闘フィールドを作り出すなどを目的とした異空間が登場するようになり、東映外の作品でも似た用途の空間が存在している。

ちなみに円谷プロ製作の『プロレスの星アステカイザー』が東映に先んじて似たような試みを取り入れている(というよりも製作の都合上、セルアニメの世界に突入するための方便であり、特殊空間を発生させているわけではない)。

他の作品で発生する異空間

東映作品


円谷作品


その他



関連タグを展開せよ!

宇宙刑事ギャバン
特撮ワープ
幻夢界 不思議時空
鬼武者:同名の地下空間が存在する。本シリーズの企画に元東映スタッフも関わっているからか?

関連記事

親記事

宇宙犯罪組織マクー うちゅうはんざいそしきまくー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「魔空空間」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 142737

コメント