ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アシュラーダ

あしゅらーだ

アシュラーダとは、『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン』に登場する怪人。
目次 [非表示]

「私は、ザンギャックのアシュラーダ。流石はギャバン。海賊を餌に私をおびき出すとは、なかなか考えたじゃないか。しかし、甘い」


「何人でもまとめて来い、私は絶対に負けない」


CV:佐野史郎


概要

宇宙帝国ザンギャックが保有する魔空空間内にある魔空監獄の獄長。

どのような血縁関係にあるのかは不明だが宇宙犯罪組織マクーの首魁ドン・ホラーの血を受け継いでおり、地軸転換装置なしで独自に魔空空間を発生させることができる。


戦闘ではその名の通り阿修羅のような6本の長い腕と、そこから放つ恨みの竜巻を使用する。


活躍

宇宙警察の総帥ウィーバルに化け、一条寺烈に反逆者であるゴーカイジャーの逮捕を命じ、ギャバンが伊狩鎧以外のゴーカイジャーを逮捕・連行すると正体をあらわにし、マクーとザンギャックのハイブリッドである戦士ギャバンブートレグでギャバンを圧倒する。


魔空監獄へと連行すると、ドン・ホラーの仇である烈を鎖で拘束しを助け出されるとギャバンブートレグでさんざんに痛めつけることで自身の血を活性化させ、拡大していく魔空空間で地球を包み込もうとするも救援に駆け付けたゴーカイレッドに烈を助け出されると同時に魔空監獄も崩壊。


現実世界へギャバンブートレグとスゴーミンゴーミンと一緒に進出し、ゴーカイジャーも長い腕や竜巻攻撃で苦しめたがオーに連続豪快チェンジしたゴーカイジャーに腕を破壊され、ゴーカイブラストとスラッシュスペシャルを受け倒される(その際「この俺が・・・負けるだと!?・・・うわぁぁぁ!」と叫んでいる)。


「この星を・・・いや、宇宙全体を呑み込んでくれる!!」

しかし直後、自身の憎悪を増幅させたことで魔空空間の発生・拡大と同時に巨大化、無限に成長する魔空空間で全宇宙を包み込んでやると宣言。

周辺のビルを操作して豪獣ゴーカイオーを挟み込んで苦戦させたが、カンゼンゴーカイオーに合体され、さらに電子星獣ドルも救援に駆け付けてしまいドルレーザーとドルゴーカイファイヤーに両肩を破壊され、ギャバンとゴーカイレッド、カンゼンゴーカイオーの放ったギャバンマーベラスダイナミックを受け爆死した。


ウィーバル総裁

演:佐野史郎

宇宙警察総裁、つまりは一番偉い人。

劇中に登場したのは前述通りアシュラーダの擬態であるが、ウィーバルという人物は別にいて偽物とすり替わったのか、それとも存在しない架空の人間なのかは不明。烈もよく知る人物であることは判明している。

烈に海賊の逮捕を命じ、その指示通りマーベラスジョールカハカセアイムを逮捕した烈の働きを褒め称え、「流石は伝説の宇宙刑事」と称賛した。

しかしその直後、部下の隊員たちに処刑の準備を伝えると、自分から「海賊行為」という漠然とした罪状を聞かされたはずの烈から確認の意味で改めて「海賊行為とは何か」を尋ねられると、「こいつらはザンギャックに逆らった。それこそが宇宙最大の罪」を理由に今回の逮捕を命じたことを明かし、かねてより宇宙警察の現状に不信感を抱いていた烈を激怒させた。


余談

モチーフはシャコガイ。またドン・ホラーやハンターキラーも取り入れられている。


ウィーバル総裁を演じた佐野氏は過去に、『ウルトラQ_darkfantasy』や『ウルトラマンマックス』でナレーションを担当していた。


スーパー戦隊シリーズでは、その後『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』にもヴァルマ役で出演している。


関連タグ

海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン


戦隊VSシリーズ敵キャラリンク

マダコダマ/血祭のブレドランアシュラーダバッカス・ギル/ワレドナイヤー

関連記事

親記事

海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン かいぞくせんたいごーかいじゃーたいうちゅうけいじぎゃばん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 409

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました