ピクシブ百科事典

バッカス・ギル

ばっかすぎる

バッカス・ギルとは「特命戦隊ゴーバスターズVSゴーカイジャー」に登場した敵である。
目次[非表示]

cv:土師孝也

概要

「特命戦隊ゴーバスターズVSゴーカイジャー」に登場した宇宙帝国ザンギャックの残党である。

ザンギャックの皇帝アクドス・ギルの甥であり、滅亡寸前のザンギャクを立て直し新たな支配者になった。ザンギャック復興のため、配下のワレドナイヤーと共にヴァグラスと結託し、エンターの提案で幻のレンジャーキーを狙う。

アクドスの息子のワルズ・ギルと違い、王族のような高貴な振る舞いはなく、酒好きで豪快な性格だが、確かな判断力で武勲を挙げ、「生粋の武将」として実力で成り上がってきた。また、アクドスのことは「叔父貴」、ワルズのことは「ボンボン」と呼んでいた。

ザンギャックの本星に乗り込んできたゴーカイジャーを敗北させ、ゴーカイジャーを従える。
レッド以外の幻のレンジャーキーを入手し、最後のレンジャーキーを入手して、地球を壊滅させようとやって来た。

2大戦隊の戦闘中に最後のレンジャーキーをエンターが発見するが、5つのレンジャーキーの力が暴走し、2大戦隊は別々の場所と時代に飛ばされてしまう。

各時代でイエロー以外のレンジャーキーを回収し、最後の1つを入手すべく江戸時代に自ら出陣して、エンターもメガゾードεで江戸時代に乗り込む。
5つのレンジャーキーを揃えた後、黒いゴーカイガレオンの柱にレンジャーキーをセットし、その力で亜空間の拡大と地球の壊滅が目前に迫る。

その後、亜空間の広がりを阻止しようと集結した2大戦隊を迎え撃つ。
持ち前の戦闘力で圧倒するが、酒を攻撃で落とされるとオールレッドに豪快チェンジしたゴーカイジャーの攻撃に押され、ライジングストライクを受け敗北。

その直後、酒を一気飲みして巨大化する。
ゴーカイオーと豪獣神を劣らぬ戦闘力で追い詰めるが、幻のレンジャーキーが姿を変えたレンジャーキーの力によりレジェンドロボに豪快チェンジした2大戦隊の巨大ロボの攻撃に押され、最期はゴーカイオーが豪快チェンジしたダイボウケンのアドベンチャードライブを受け爆散した。

余談

アクドスのためアクドスには兄弟がいることが浮上した。
また、従兄弟のワルズ・ギルとは対照的な司令官でもある(ワルズの方は一応、頭も切れるものの基本は戦闘もだめだめであるが、一方のバッカスの方は頭も切れ、ゴーカイジャーを苦戦させたり、ゴーカイガレオンバスターを直撃にも耐えたため戦闘力も高かった)

関連

海賊戦隊ゴーカイジャー 宇宙帝国ザンギャック

pixivに投稿された作品 pixivで「バッカス・ギル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1012

コメント