ピクシブ百科事典

宇宙大恐竜ボルドス

うちゅうだいきょうりゅうぼるどす

映画『恐竜大決戦!さらば永遠の友よ』に登場する宇宙の戦神。
目次[非表示]

概要

スーパー戦隊祭の映画『キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦!さらば永遠の友よ』に登場する「宇宙の戦神」とも呼ばれる巨大な怪物。フリル状のエリマキのようなものには、キョウリュウジャー獣電竜である、ガブティラからプテラゴードンの元のなった恐竜の顔が並んでいる。知能もあり言葉を発することも可能。

二大恐竜戦隊に倒された大サタンデズモゾーリャの怨念を吸収し3大恐竜戦隊絶滅を企む。自身の邪命力を使い、バンドーラ一味グリフォーザー(原点では死亡していない)と邪命体エヴォリアン暗黒の使徒ガイルトン(装着者のミズホではなく暗黒の鎧)を強化再生させたネオグリフォーザーネオガイルトンを生み出し、ヴァグラスの再生プログラムで、エンターエスケイプを復活させ、悪の連合軍を結成した。

監督の坂本はイメージとして東宝特撮映画のキングギドラと『グレンダイザー ゲッターロボG グレートマジンガー 決戦! 大海獣』のドラゴノザウルスを挙げている。

活躍

宇宙空間で隕石に偽装して待機し、地球にネオグリフォーザーとネオガイルトンを派遣。ゲキ白亜凌駕を捕獲させ二人からダイノホープを奪い取り、ヴァグラスの開発した転送装置によって送られるダイノホープを吸収しながら着々と復活の機会をうかがっていた。
しかし一時的に復活したビートバスターを含めたゴーバスターズによって転送装置を破壊され、強奪したダイノバックラーも残りのジュウレンジャーメンバーに奪い返されてしまう。

3大恐竜戦隊によって悪の連合軍は壊滅したが、死に際のネオグリフォーザーが身体に蓄えたエネルギーを邪命力に変換し、自らが生贄となることでついに復活。

巨体と全身からのレーザーでキョウリュウジンや復活した大獣神アバレンオーを苦しめた。
しかし特命部がドクター・ウルシェードと共同開発したスーパー戦隊獣電池によって恐竜戦隊とゴーバスターズの力が一つとなったタテガミキョウリュウジンが繰り出した獣電撃伝説ブレイブフィニッシュを受け爆散した。

ヒーローショー

『キョウリュウジャーヒーローショー』では、宇宙破壊教団バーストゴッドとデーボモンスター(デーボ・キビシーデスデーボ・タイリョーン)を再生させて、キョウリュウジャーに復讐しようとするが、失敗に終わっている(このヒーローショーでは、キビシーデスとタイリョーン、バーストゴッドのメンバーの間でボルドスの名が挙げられるのみで、キョウリュウジャーたちは再生怪人復活の黒幕を知らないままとなっている)。このヒーローショーの後、映画『キョウリュウジャーVSゴーバスターズ』につながると思われるが…

関連記事

宇宙凶竜スペースドラゴン:恐竜スーパー戦隊の四戦隊目と戦った巨大戦力。こちらは宇宙凶竜。

関連記事

親記事

恐竜大決戦!さらば永遠の友よ きょうりゅうだいけっせん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「宇宙大恐竜ボルドス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 248

コメント