ピクシブ百科事典

暗黒の鎧

あんこくのよろい

暗黒の鎧とは、爆竜戦隊アバレンジャーに登場する生体鎧。
目次[非表示]

概要

ダイノアースの竜人族に伝わる伝説のであり、0号スーツであるアバレキラーよりもさらに以前に作られた、アバレスーツの試作品といえる存在。
普段は黒いアンモナイトのような形状をしているが、ダイノブレスダイノマインダー同様「爆竜チェンジ」の掛け声で使用者に装着される。
装着者にはすさまじい力を与えるが、一方で装着者は強い破壊衝動にかられ自分の意思を制御することが困難になり、やがては理性を奪い闘争本能のままに暴走させる呪いがかかっており、敵味方問わず破壊と戦闘を繰り広げ、装着者が死ぬまで暴れ続けるバーサーカーへと変えてしまう。

自己修復機能や空間転移能力、爆竜を暗黒爆竜へと洗脳する力を持ち、さらには戦いを重ねるごとにその強さを増していく性能もある。
その最終目標はすべての敵を倒して最強の存在となり、ありとあらゆるものを破壊しつくす「究極の破壊神」になること。
鎧を制御するには人々の悲しみや絶望などの負の感情と爆竜を取り込む必要があるらしい。また鎧の呪いを解くには装着者を倒さなければならず、倒した者に呪いと共に鎧が引き継がれてしまう。鎧そのものを消滅させるには、正と邪の心を持つ相反する剣を同時に受けさせるしか方法がない。
武器は左脚に装備されている伸縮自在の剣。ガイルトンの使用時は盾とロープ状のビームを放つ事ができる斧を武装してあったが、ジャンヌとアスカは剣だけを使用していた。鎧の邪命戦士はツインソードと装着者ごとに異なる。
唯一破壊できる方法は、善の心を持つ者による「正義の剣」と悪の心を持つ者による「悪の剣」で同時に鎧を斬ること。

劇中ではマホロを救うために力を求めたアスカが封印を解き、最初に装着。その後デズモゾーリャの幻影にかられたミズホがアスカを倒したため彼の手に渡って暗黒の使徒ガイルトンへと変え、ガイルトンがジャンヌに粛清された後はその特性が働きジャンヌが使用した。
最初の装着者であるアスカは鎧の特性で破壊衝動に支配され、二番目の装着者たるガイルトンは制御自体はできていたが使いこなせていなかった模様で、ジャンヌは使いこなすために様々な手段を用いて使いこなすまでにいたった。
後にアスカが呪いを解こうしてマホロを斬ったことで再びアスカに憑依。敵味方関係なく破壊衝動のままに暴れ回っていたが最終的には、鎧の力を求めた仲代壬琴がジャンヌと協力して奪おうとするも、鎧の消滅を目的としたジャンヌの策略によってアスカは正気に戻り、直後に鎧は壬琴の手にわたるも暗黒の鎧は壬琴の「悪の剣」、マホロの「正義の剣」で同時に斬られたことで大ダメージを受け、彼が装着した瞬間砂となって消滅した。
後にデズモゾーリャの残留思念デズモゲヴァルスが、「アスカとマホロが最も恐れる物」としてこの鎧を再現した鎧の邪命戦士として復活。
デスモゲヴァルスの体内でマホロと再会を果たしたアスカの前に姿を現し、圧倒的な力で2人を追い詰め、光の剣で両者を貫いたが、アスカを追ったらんるの呼びかけによって覚醒したアスカのダイノガッツにより砕けてしまう。それでも脱出を試みる三人を変身解除へと追い込むが、アバレンオーの乱入により脱出を許してしまう。

その後はアスカ達を追って地上に降り立ちアバレブラックアバレイエローと死闘を繰り広げ、ダイノスラスターとプテラダガーの同時攻撃で大ダメージを負い、二人のダイノガッツを込めた一撃を受け爆散。今度こそ破壊された。

余談

モチーフはアンモナイト仮面ライダークウガアルティメットフォーム

歴代の恐竜戦隊においてはこの手の“強力だが使い手にとっても相手にとっても危険な呪いの武具のようなもの”が半ば定番化しつつあり、『恐竜戦隊ジュウレンジャー』にはより強い執念を有する者に受け継がれる“魔剣ヘルフリード”、『獣電戦隊キョウリュウジャー』には強靭な肉体を持つ人間に取り付いて活動する怒りの戦騎ドゴルド、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』には付けた人間の身体を乗っ取るリスクを抱えるガイソーグの鎧が登場している。

『キョウリュウジャーVSゴーバスターズ』に登場するネオガイルトンは、名前にある暗黒の使徒ガイルトンではなくこの暗黒の鎧が復活したとみるべきだろう。

関連項目

爆竜戦隊アバレンジャー
破壊の使徒ジャンヌ 暗黒の使徒ガイルトン

アーマードダークネス:とある特撮作品に登場する鎧。これもまた暗黒の鎧と呼ばれる。

関連記事

親記事

邪命体エヴォリアン じゃめいたいえゔぉりあん

兄弟記事

コメント