ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

恐竜が絶滅しなかった異次元に存在する地球ダイノアースで、恐竜たちが超進化を遂げた姿。ダイノアースの大気にはイオン分が多かったことから、金属分子をその肉体に付加し、知性も活性化し、一種の巨大生命体となった。ダイノブレスが翻訳機の機能を持っているのでこれを通じて人間と言葉でコミュニケーションを取る事が可能となっている。
卵型の携帯道具である爆竜カプセルという技術が存在しており、これに縮小化して収納されることで人間に容易に運んでもらう事が出来る(内部にはヒダマという栄養素が入れられるのでこれにより長期間の生存が可能)。

守護獣から多くなってきている機械生命体メカだが、爆竜では一歩進んで 人間の言葉を喋るため、単なるメカではなく作品の登場人物として数えられている。
また、各話のナレーションも担当している(この作品にはシリーズ恒例のナレーションを置いていない)。

初期メンバーのパートナー達はエヴォリアンに家族を殺され、洗脳された事でダークグリーン色の容姿となり(合体能力も発動不能だったらしい)、アナザーアースの東京を襲撃していたが、本心では誰かに止めてもらいたがっており、爆竜の声が聞こえる者(アバレンジャー候補)にテレパシーで助けを求めていた。彼らがアバレンジャーとして覚醒したことで本来の姿に戻り、以後アバレンジャーの心強い味方として活躍する。
他の爆竜6体は爆竜カプセルに収納された状態でアバレブラックに連れられアナザーアースへ侵攻へ向かうエヴォリアンを追っていたが攻撃を食らった際にアナザーアースへ通じる次元の扉に吸い込まれ散り散りとなってしまっていた。

一覧

爆竜ティラノサウルス

ティラノサウルスが超進化したオスの爆竜。相棒は一児の(義)父伯亜凌駕/アバレッド

爆竜トリケラトプス

トリケラトプスが進化したオスの爆竜。相棒は凄腕整体師三条幸人/アバレブルー

爆竜プテラノドン

プテラノドンが進化したメスの爆竜。相棒は元アイドル志望の機械マニア樹らんる/アバレイエロー

爆竜ブラキオサウルス

ブラキオサウルスが進化したオスの爆竜。相棒はダイノアースからやって来た竜人戦士アスカ/アバレブラック

爆竜トップゲイラー

トゥプクスアラが進化したオスの爆竜。相棒は天才外科医仲代壬琴/アバレキラー

爆竜バキケロナグルス

CV:相田さやか
パートナー:無し
モデル:パキケファロサウルス
体色:紫
進化:超ハンマー進化
一人称:あっし
性別:オス
語尾:~バキ
初登場は7話。人懐っこい性格で江戸っ子訛りで話す。頭突きとボクサーばりのパンチが戦力。
爆竜カプセルから孵化した爆竜は、通常ならば一緒に格納されているヒダマと呼ばれる特殊な栄養素の塊を摂取することで一瞬にして元の大きさに戻る事ができるが、彼の場合はアスカがヒダマから取り出したエネルギーをダイノハープの再生に使ったため、孵化したばかりの頃は手のひらサイズで、数週間ほど恐竜やで世話をされていたが、成長に伴って元の巨体を取り戻し、完全体となってからはブラキオに格納されるようになった。

爆竜ディメノコドン

CV:岸尾だいすけ
パートナー:無し
モデル:ディメトロドン
体色:水色
進化:超ノコギリ進化
一人称:ワシ
性別:オス
語尾:~デメ
初登場は12話。孵化した場所が京都だった為か関西弁で話す。背びれが回転ノコギリになっており、サメように背鰭だけを地面から出して掘り進むことができる。登場した当初はジャンヌに操られて文化財を破壊して回っていたが、本来は熱血漢で優しい性格。
ディメトロドンは本来恐竜ではない(加えて恐竜より古い時代の生き物である)が、劇中では誰もそれを突っ込まないので気にしてはいけない。まあ前の恐竜戦隊哺乳類いたわけだし…
ダイノアースの科学技術で化石から復元され、当時のダイノアースの環境に適応して個体数を徐々に増やし、その過程で爆竜に進化した、と考えればさほど不自然は無いが、公式がそのあたりについて何も言及しないため真相は今もって不明のままである。

爆竜ステゴスライドン

ステゴサウルスが進化したオスの爆竜。

爆竜パラサロッキル

CV:塩屋浩三
パートナー:無し
モデル:パラサウロロフス
体色:緑
進化:超ハサミ進化
一人称:ミー
性別:オス
語尾:~パラサ
初登場は19話。彼の爆竜カプセルはファンフェルナンデス諸島の近海に落ちており、初登場時は南米の海域から日本近海まで泳いできた。陽気な性格で、落下した現地の文化に馴染んだためかスペイン語交じりの日本語を話す。
尻尾全体が布切り鋏のような巨大なハサミになっており、挟み込んでからの切断攻撃が得意。両手の爪もニッパーのような小振りのハサミになっているが、手先は非常に器用で、切り絵を得意としている。

爆竜アンキロベイルス

アンキロサウルスが進化したオスの爆竜。

爆竜スティラコサウルス

パートナー:アバレマックス
モデル:スティラコサウルス
体色:赤
性別:不明
初登場は32話。伝説の爆竜と呼ばれる。武鋼竜を積んだ戦車ダイノギャリーを引いており、ダイノギャリーを脚、車輪を腕とする事でマックスオージャに変形する。
なお、人語を喋らず、アバレマックスの脳内に直接意思を伝える。
CGモデルは獣電戦隊キョウリュウジャーにてガーディアン獣電竜のスティメロのボディに流用された。

爆竜ファイヤーノコドン

パートナー:無し
モデル:ディメトロドン
体色:赤
進化:超ノコギリ進化
性別:雄?
てれびくん」付属の「ダイノガッツCD」のみに登場する。200年前にアナザーアースへ旅立ったとされている伝説の爆竜。
ハワイのキラウエア火山で眠っていた為か、片言の日本語で話す。ディメノコドンそっくりだが、こちらは火の属性が追加されており、敵を切り裂くと火花が飛び散る。

爆竜カルノリュータス

パートナー:無し
モデル:カルノタウルス
体色:青
進化:超ドリル進化
性別:不明
劇場版に登場。ティラノに似ているが、襟巻きが付いている。口から冷気を吐く。

爆竜カスモシールドン

パートナー:無し
モデル:カスモサウルス
体色:白
進化:超シールド進化
性別:不明
劇場版に登場。トリケラに似ているが、頭が大きい。カルノリュータス同様口から冷気を吐く。

武鋼竜

爆竜同様に恐竜から進化した存在で、全身強固な金属質だが爆竜程の知能は持たない。
かつて戦闘巨人の武具として活躍していたものの、今では数を大幅に減らしてしまった。
武鋼竜ランフォゴールド
ランフォリンクスがハルバードのように進化した武鋼竜。2匹登場しておりマックスオージャやオオアバレンオーの武器となる他、アンキロベイルスと合体してマックスリュウオーのジャベリンにもなる。
武鋼竜スピノゴールド
スピノサウルスが兜のように進化した武鋼竜。マックスリュウオーや、オオアバレンオーの兜になり、背中の刃は尻尾と繋がった状態で取り外しができる

ライドラプター

ヴェロキラプトルが爆竜とは別系統の進化を遂げた種族。アバレンジャーのメンバーと同じ赤・青・黄色・黒色のタイプが一匹ずつ確認されており、普段はアバレスーツのバックル部分に収納されている。アナザーアースの馬と同じ利用の仕方をされており(頭部には手綱・背中には荷物箱が標準装着されている)、本作における移動用ビークルに相当する存在だが、劇中での使用頻度は高くなく、アバレンジャーは大抵自力か市販のバイクで移動していた。

戦闘巨人

アバレンオー
キラーオー
マックスオージャ
バクレンオー

関連タグ

爆竜戦隊アバレンジャー
炎神キラメイ魔進…意志を持ち喋る機械生命体の後輩。前者はナレーションを兼ねるのも共通。
シノビマシン爆竜デカマシン

関連記事

親記事

アバレンジャー あばれんじゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「爆竜(アバレンジャー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1985

コメント