ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ステゴスライドン

すてごすらいどん

ステゴスライドンとは特撮ドラマ『爆竜戦隊アバレンジャー』に登場する爆竜の一種である。
目次 [非表示]

「このワクワクが、生きてる証だテゴ!」


データ編集

全高:24.5m

全長:45.6m

重量:1500t

CV:飯田浩志

パートナー:無し

モデル:ステゴサウルス

体色:紅色

進化:超スライダー進化

一人称:オラ

語尾:~テゴ


概要編集

ステゴサウルスが超スライダー進化して誕生した爆竜で足のローラーを使った高速移動が可能。

初登場は第15話。坂井次郎という少年が持っていたカプセルから孵化した。気弱な性格で東北弁で話す。なぜかタマゴにヒダマが付いておらず、アスカでも感知できなかった(そのため見つけてもらえないかと思っていたと発見時には泣きそうになっていた)。

唯一ブラキオに格納されるのを嫌がり(というよりもデカすぎて格納ができない)単独行動をしていた。


アバレキラーに一度洗脳(詳細は下記参照)されるも解けた後に「お前の力を知るのは俺達だけだ」と言葉をかけられ心境に大きな変化が起き、「自分の力を試したい」と言ってアバレンジャー側を去り一時期彼の仲間となった。

スーパー戦隊シリーズでは意思を持った巨大戦力の場合操られることはあったが自らの意思で仲間を裏切り敵方に付いた巨大戦力は後にも先にもこのステゴスライドンのみである。

実際、気弱さの裏返しなのか今までの行方を聞いてきたブラキオに「お前に関係ないテゴ」と一蹴して口論に発展しかけた等、キラー陣営に入る以前から所々で生意気かつ反骨精神が強い一面を見せることもあった。


だが本当はアバレキラーとアバレンジャーが一緒に戦ってくれることを何よりも望んでおり、第42話では壬琴の命があと僅かと知るや、恥を忍んでアバレンジャーにコンタクトを取り、「壬琴を説き伏せるからもう戦わないでほしい」と懇願。これが結果的に幸となり、最終的にアバレンジャーとアバレキラーが和解・共闘へと至る橋渡し的役割を担う事となった

また、アバレキラー陣営としてのアバレンジャーとの最後の戦いでは、爆竜ディメノコドンが「ステゴのド阿呆を取り戻す!」と意気込んでいたり、戻ってきたときには爆竜ブラキオサウルスに頭突きされただけで許してもらえたあたり、他の爆竜達からは裏切ったことよりも、心配の方が強かったようだ。


最終回では他の爆竜たちと共にダイノアースに帰還した。


誘いに乗った要因編集

アバレンオーとの合体形態「アバレンオースライドン」が変形したステゴスライドンに乗るだけという不遇さ(共闘の証であるキラーアバレンオー、オオアバレンオーでもやはりただの足場にしかなれない。そもそもアバレンオースライドンが真価を発揮する環境はであり、陸上では使いにくく初合体時はアバレブラックのスプラッシュインフェルノで補っていた)があるため、しっかり合体パーツになれて全身を構成するキラーオーに惹かれるのは仕方ない、という意見も少なくない。

ステゴ自身もその事を気にしていた。


よく勘違いされがちだが、キラーオー初合体はステゴスライドンの意思によるものではなく、トップゲイラーに苦戦するアバレンオーに業を煮やして出撃したところをウイングペンタクトで洗脳された為(要は壬琴にしてみればたまたまゲームの駒としてちょうどよかったから)であり、幸人の呼び掛けで洗脳が解け合体解除している。

そもそも終盤で、壬琴自身が「負けたのは爆竜が不甲斐ないせい」(要約)と自分とトップゲイラーに責任転嫁してきたため、これによってトップゲイラー共々壬琴を見限る形でアバレンジャー側に復帰することとなった。


余談編集

声を演じる飯田氏は、百獣戦隊ガオレンジャーハリガネオルグ以来、2年ぶりのスーパー戦隊シリーズ出演となった。

(ちなみにあちらには巨大戦力操った怪人がいる)

しかし飯田氏は、2009年に俳優業を引退したため、今作が最後の出演となった。


玩具はトップゲイラーとセット販売(爆竜プレート同梱)。電池ボックスが内蔵されており、電動歩行や背鰭と尻尾の稼働ができる。当然キラーオーへの合体やアバレンオースライドン・キラーアバレンオーオオアバレンオーにすることも可能で、アバレンオースライドン時はアバレンオーを乗せたまま走行ができる。

ただし作中のような背中を開くのではなく、いったんパーツを取り外し左右に付け直すという方式となっている。


関連項目編集

邪命体エヴォリアン 爆竜 アバレキラー キラーオー


バクレンオー:同じく人類の敵に回った爆竜が合体したロボだが、こっちは竜人たちの身勝手さで闇堕ちした挙句、エヴォリアンの傀儡にされて死んだ為、ステゴスライドンより同情的な扱いである。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5710

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました